[NZM]演歌歌手コンサートを思い出した

大劇場公演

9月18日、望海風斗さんコンサート「NOW! ZOOM ME!!」観劇に宝塚大劇場へ行きました。

もうすっかり馴染んだこの体温測定マシン。大劇場となりの新・宝塚ホテルで朝食をいただいた時もまず入口で、これでしたねぇ。

B席のかなり後方でしたが、愛用の双眼鏡で楽しみました。

PENTAX 双眼鏡 UP 8x21 ブラック 小型軽量 フルマルチコーティング 高級プリズムBak4搭載 (8倍) フェス ライブ コンサート スポーツ観戦 メーカー保証1年 ペンタックス 61801
PENTAX 双眼鏡 UP 8x21 ブラック 小型軽量 フルマルチコーティング 高級プリズムBak4搭載 (8倍) フェス ライブ コンサート スポーツ観戦 メーカー保証1年 ペンタックス 61801が双眼鏡ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除...

内容ですが・・・

私はまだ宝塚ファンになって2年も過ぎておらず、この度初の「コンサート」だったんですね。これまでは一本物なり二本物なりの、普通の形態しか観劇した事がなかったんです。

なのに、構成にさして新鮮さを感じませんでした。というのも、演歌歌手のコンサートと似ているなぁと思ったんです。

10年ほど前に母がふたりの若手演歌歌手のファンになり、誘われてけっこうせっせとコンサートやディナーショーに行っていたんですね。構成はたいてい

持ち歌
有名な歌
笑いを取るプチお芝居

から成り立っていました。ふたりとも若手で、当時さして売れていなかった事もあり持ち歌は少なく、それこそ「高校3年生」のような超超超有名な歌なども織り交ぜて歌っていました。お芝居はオリジナルというよりパロディっぽいような感じで。そして合間にトーク、トーク。

「NOW! ZOOM ME!!」もね、構成がなんか、そんな感じでした。少なくとも私はそう思いました。アラフィーにはたまらぬ歌が満載。私としては英語の歌はいらなかったかなぁ。超絶歌上手の望海さんも英語となると発音を意識してかパワーダウンしていたような気がしましたし、二番手扱いの彩凪翔さんはもともと歌が得意とは言い難い方なのにさらに英語となると厳しい感じがしました。

二幕は金八先生のパロディから始まり、その後は望海さんがこれまで演じてきた作品あれこれのパロディ。まぁハッキリ言って、宝塚初体験の方にはまずウケない内容でした。
そうそう、トークの時におもむろに「西部警察」のテーマ曲が流れたりもしたのですがこれもね、望海さんの愛称が「だいもん」で、西部警察で渡哲也さんが演じた大門刑事とかけているんですよね。ほとんどの観客は望海さんの愛称をご存知だろうし、観客の年齢層が高いのですから私を含めリアルタイムで西部警察を見まくったであろう方も少なくないはずで、先月亡くなられたばかりの渡哲也さんを偲んだ方もたくさんいらっしゃったでしょう。なので良い選曲ではありました。
ただこの演出もまた、先のパロディと同じく、宝塚初体験の方にはサッパリなはず。そこそこ年齢がいってる方なら「ん?なんでここで西部警察?」ってなったんじゃないかと。私は観劇に、どちらかというと、諸事情を把握せずとりあえずそこにいるだけの人でも楽しめる演出を求める傾向があるんです。なので西部警察は嬉しかったけれど、同時に困惑しました。

きっと、たくさんの宝塚ファンの方々が「だいもんサイコー!何度でも観たい!」ってなったと思います。なので、違う意見を言うと怒られそうで怖いんですけどね、それでもハッキリ言ってしまうと私としては「一度見たら十分」なコンサートでした。

・・・

・・・

ここからは宝塚と関係ない余談です。母がファンになったふたりの演歌歌手はその後の明暗がハッキリと別れました。「明」は、山内惠介さん。紅白にも何度も出場しましたし、これまで文句なしに若手演歌歌手トップランナーだった氷川きよしさんが迷走しだした事もあり追い越す勢いです。
「暗」である、鳴かず飛ばずというか沈みかけているもうひとりは名前は伏せておきますが、歌もトークスキルも明らかに山内さんに及ばぬ方でした。顔もごく普通な感じ。10年前にはあった若さも、今じゃアラフォーです。

しかし母は、山内さんのファンをやめてこの、普通な感じの演歌歌手のみの応援に切り替えました。理由は「(山内)けいくんにはもう、私の応援なんていらないから。(普通)くん、いろいろ辛いと思うの」といった感じで・・・
母はとことん、男運がない人です。そして男性をダメにするタイプ。やめておく方がいい男性を選び、甘やかし、苦労しまくってバツ2になったんです。なのに歌手すら、自分を幸せにしてくれそうな人ではなく、そうじゃなさそうな人との泥舟コースを選んだんですよ。

もう、付ける薬もありません。

コメント

  1. ベス より:

    はじめまして。
    いつも楽しみに読ませていただいています。
    宝塚の事、OSKの事、他のいろいろな記事も本当に素直な気持ちで書かれてるなあと思っています。
    毎日、更新されてるかなと何度もお部屋をのぞいてしまいます(*^^*)

    私はライトな宝塚ファンでチケットは取れれば観に行くといった感じです。

    だいもんさんのコンサートの様子、詳しくありがとうございます。

    山内さん、10年ほど前キャンペーンで見てサインを頂いたのですが
    その時の会話、今でも覚えています。
    私「今年、紅白出てほしかったです」
    山内さん「来年必ず出ます!」
    とても歌が上手く凜とした感じの方でした。
    絶対成功するんだという気骨、雰囲気をお持ちでした。

    暗の方はなんとなく○○○○さんかなあと思います。

    宝塚と関係ないことですみません。
    お母さまとお話ししてみたいなと思いました(*^^*)

    これからも楽しみにしています。
    ご無理のないようにブログずっと続けて下さいね。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      ベスさん、コメントありがとうございます。はい、本当に素直な気持ちそのまんま書いています。余談も多く宝塚ブログらしくないところも多々あるのに、応援コメントとても嬉しいです。

      山内さん、素敵な方ですよね。「凛とした」という表現が本当にピッタリ!お声を聞きたくて、握手したくて、京阪神あちこちの会場に行きました。はい、「絶対成功するんだ」という気骨や雰囲気を私も感じていました。コンサート中のトークでも、コンサート後の握手会でも紅白がよく話題になっていましたね。私、伊丹でのコンサートの事をよく覚えているんです。何故かトーク中に一度も紅白の事が出なかった気がして、握手会で「けいくん、ひょっとして紅白出るの?」って伝えたら、山内さんがほんの一瞬、一瞬だけ戸惑った表情をした後いつものけいくんスマイルに戻り「出たいです!」っておっしゃった事を。その後、紅白出場メンバーが発表され、山内さんのお名前を発見したんです。

      暗の方ですが・・・当たっています。すみません、お名前をすべて○にさせていただきました。素朴さあふれる男の子でしたがアラフォーともなるとこのキャラでは厳しいかもと私は思っています。母が好きでいるのは自由なはずですが、母の経歴が経歴なだけにちょっとトホホってなったんです。

      私のブログそのものが宝塚と関係ない内容が多いですし、どうぞお気軽にコメントいただけると幸いです。今後もよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました