ラーメン屋の揉め事

日々の暮らし

ボツにするつもりだったネタなんですが、前回の記事をきっかけに掘り返す事にしました。
もう年内の大劇場公演はお休みですしね、宝塚と関係ない記事もたまには、いいかなと。

・・・

「お問い合わせフォームから届く連絡ってロクなものがない、大抵嫌がらせだ」と前回の記事で書いて、思い出したんです。そういえば最初に届いたお問い合わせのタイトルは「名誉毀損について」だったな、って。
とあるブロガーさんからでした。どのジャンルのブロガーさんかは聞かないでくださいね、ふふふ。
「問い合わせは嫌がらせ」、まんまその通りで、私がこのブロガーさんの名誉を毀損しているとの内容でしたがこれ、私から言わせると事実無根だし、そもそもこの問い合わせの内容が私の名誉を毀損してるんですよね。
やっぱ「初めて」ってのは印象的で、「こんなものが最初か」と随分ガッカリしたものです。このブログを作るにあたりブスかつズブの素人な私はフォームひとつ付けるにもヒーヒーだったのに、最初に利用したのがあんなやつとは、って。

執念深い私は、このブロガーさんのSNSを時折、チェックするようになりました。自分のアカウントがなくても他人のアカウントをチェック出来るSNSなので。
そしてしみじみ思ったのですよ。このSNS運営会社って賢いな、って。
利用者がいかに飽きっぽいかをちゃーんとわかっており、「トレンド」といったコーナーを設けて、利用者をいつまでも誰かのSNSにつなぎとめる仕組みになっているんですね。
私もまんまとひっかかり、2ヶ月ほど前、トレンドで紹介されていた東京のラーメン屋さん2件のつぶやきにしばし夢中になりました。もうね、当初の目的のブロガーさんの事を忘れるくらいでしたよ。

有名店と新規店のラーメン屋さんが、揉めていたんです。
有名店は「新規店のオーナーはもともとうちのスタッフで、レシピも他のスタッフも盗んだ!」とつぶやくし、新規店は「有名店はスタッフの雇用を守ってくれなかったから独立した、レシピは盗んでいない」とつぶやくしで。マイルドに表現していますがもっと露骨な、それこそ名誉毀損ものなつぶやきもありました。
やがて新規店はひたすら、充実ぶりや幸せぶりをつぶやくように。これってまぁ、特に作戦として目新しいものではないのですが有名店を随分落ち込ませたらしく、店をたたむと宣言するまでに至ったんです。
で、所詮傍観者な私はこのあたりで飽きが出てきて、チェックをやめました。行動力はある方ですが、さすがにラーメンを食べるためだけに東京に行く事は出来ないですし。
自分が関与できない揉め事って飽きますね。あのブロガーさんと私の揉め事も何人かの読者さんをうんざりさせたんだろうなと反省しています(なのにまた書いちゃった☆)。

そんな、もう忘れていた有名店を、宙組千秋楽観劇前にひょいと思い出したんですよ。
この日かなりランチ難民しちゃいましてね、寒空の下トボトボ歩いていたら、温かいラーメン食べたいな、なんてふと思って。ランチは結局カレーになったんですけどね。
帰宅して「有名店のアカウント、もう消えているかも」なんて心配もしつつ、探してみたら・・・

なーんとね、
有名店はしれーっと閉店宣言を削除して、元気いっぱいにお店を続けていたんです。
それもね、通常営業じゃなく、テイクアウト。さらに・・・

楽天でも、売り始めていました。
こんなのを見たら・・・
いつも私のブログを読んでくださる方はもう、おわかりですね?

即ポチしましたwww
そしてもちろん、

すぐに作ってみたんです。
もちろん私の脳内は「美味しい!を連呼して読者さんにおすすめしようっと☆」でした。

けどねぇ・・・

なんつーか、その、正直、特別美味しいとは、思わなかったんですよ。
なのでこの話は一旦、記事にせずボツにしようと思ったんですね。
でもこれは決して、有名店の味に問題があるわけじゃあ、ないです。
私は、気付いてしまったんです。

あらためて、
自分がいかにオバチャンになったかを・・・

私が人生で最もラーメンで感動したのは、天下一品に初めて行った時。
どちらかというと不遇な子供時代をすごしまして、関西人のくせに関西発祥の天下一品ラーメンを食べる事なく高校を卒業し、関西から離れた駅弁に進学してから初めて、食べたんですね。
感動レベルの美味しさでした。
でもこれは、

大学生になったばかりの18歳。
自分で人生を切り開いたつもりな満足感。

という状況で食べたからなのだと、痛感しまくりです。
今はまた関西に住んでいて、たまーに天下一品に行きますがもうね、なーんの感動もありませんし。
ラーメンだけじゃなく、あらゆる面で「感受性」があっきらかに、鈍っています。
悪いことばかりじゃないんですよ。感受性が鈍ったのと同時に、クヨクヨする事もうーんと減りましたから。

そんな私ですが、宝塚ではまるで、18歳に戻ったかのように新鮮さを感じるんですよねぇ。
アラフィーになるまで観劇の類に一切、ご縁がなかったからでしょうか。ホンマ、まるで少女のようにときめいているんです。
ときめくだけじゃなく、魅力的なジェンヌさんの退団にどっぷり「ロス」体験しましたし、実力あるのに不遇なジェンヌさんの今後が気がかりでクヨクヨしたりも。

この、実力あるのに不遇なジェンヌさんの東上を私は切に願っているんです。
もしそうなって、かつチケットに当選したら、夫に拝み込んで東京に行かせてもらいます。
その時はラーメン、食べに行こうっと。

2021年がどうか、そんな年になりますように。
正直なところ、好きなジェンヌさんには東上どころか、退団フラグすら感じるんです。
それでも、願いが叶うよう祈っています。

コメント

  1. Mika より:

    たーさん、

    やっぱりたーさんの記事は面白いなぁ。
    ラーメン屋さんとのやりとりは、どんどん読んでしまいました。
    問題のラーメンお取り寄せして、うーーん、やっぱり行動力抜群!

    師走の声で気分的に忙しいのについつい読んでしまって。
    本当は、1才記念日の記事にもお祝いのメッセージ書きたかった、、でもその日は家人がいて、ゆっくりコメントできませんでした。(いつもの話)

    でも、読者さまがメッセージ寄せていたのでよかったです。
    そんなコメントを読むのも楽しいです。

    今日は私はかなりの大失態をしでかしてしまい、宝塚のチケット代にともくろんでいた臨時収入が泡と消えてがっくりしていました。
    そんなとき、いつものようにふらふらと宝塚ブログ村に行き、一目散にたーさんのブログに行きました。記事が前回見たときから2つも更新されていて、そして面白くて元気になりました。
    いつも、ありがとうございます!!

    今度こそ、年末のご挨拶を。

    よい年末年始をお迎えくださいね。
    たーさんの応援するジェンヌさんが東上して、東京へ行けるたーさんの記事を読みたいです。
    応援しています。

    ではまた。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      Mikaさん、やばいですよ!今回の記事をこんなにも全力に応援しちゃうなんてまるで、信者みたいですよぉ〜
      私ちょっと、教祖になったような気分になりましたwww
      アナタハ、カンサイノターヲ、シンジマスカ?
      なぁんて。

      大失態されたそうですがもう、取り返しがつかないのでしょうか?
      主婦をしているとチケット代をどうひねり出すか、悩みのタネですよね。
      私はこれまで「どうせ当たらない」と懸賞には興味がなかったのですが、2021年は頑張ってみようと思っています。
      コロナではたして懸賞がどうなるかわかりませんがそれでも、希望は持ちたいです。

      東上の夢も、持ち続けます!
      その時はラーメン屋さんにも行って、記事にしますね。
      いろんな読者さんがいますが、親切な読者さんとのつながりを大切にして、1歳になったばかりのこのブログが2歳3歳それ以上を迎える事が出来るよう、努めさせていただきます。

      いつも本当にありがとうございます。
      今週末から夫の冬休みが始まり、以降はブログ更新が難しくなりそうです。
      Mikaさんも忙しくなりますよね。
      お互い気候や心の冷え込みに注意してすごしましょう〜

      お忙しい中コメントくださったのに返信が遅くなりすみません。
      今後もよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました