谷貴矢は配慮の天才?[元禄バロックロック観劇感想]

大劇場公演

今回の記事にはネタバレがありますので、ご注意を。

・・・
・・・(マジで、ネタバレありますからね)・・・
・・・

水美舞斗さんが2番手羽根を背負わない事へのショックを引きずりつつ向かった大劇場。
しかも、もともとお芝居「元禄バロックロック」は私にとって期待の作品ではなかったんですよね。予習として楽天TVのタカラヅカ・オン・デマンドプレミアムで観た「出島小宇宙戦争」の良さを理解出来ず、谷貴矢ワールドが苦手になっていました。

しかししかし、バロックロックは楽しさやわかりやすさが出島より上回っていたんですね。現在と過去を行ったり来たりするので観劇前にプログラムに目を通す方が良いでしょうが、予習しなくったって楽しめます。おVISA様パワーで衣装も舞台も豪華絢爛で、問答無用な華やかさもありますし。あ、忠臣蔵の予習は不要というかむしろマイナスになりそうなのでやらないようにw

ホンマ、宝塚の諸事情を知らなくてもただただ、受け身で楽しめそう。観劇に人生を見つめ直すようなシリアスさや感動を求める人には不適ですが、日頃観劇に馴染んでない人達が団体ツアーなどで「とりあえず宝塚を体験する」にはピッタリじゃないかと。柚香さんと星風さんの関係が深まる表現もおだやかですから中高生にも完全にOKだと私は思います。

というわけで、
宝塚の諸事情を全く把握していなくてもそれなりに楽しめる(と私は思う)作品なんですが、ある程度把握しているとこれまた別の驚きや、大げさに言うと感動めいたものがあるんです。少なくとも私にとってはそうでした。
そう、私は「タカヤってばさすが東大卒やな!賢いな!」と感動したのです。

結局はハチャメチャストーリーですから、観劇にシリアスさを求める私にはやっぱり、タカヤワールドのストーリーそのものは「ふぅん」で終わり。
しかし!
タカヤの東大卒な知力は配慮の面で活かされていると私は思いました。
正2番手になったはずの水美さんがこの公演で2番手羽根を背負わない事を承知でこさえた作品のように思うんですね。
で、果てしなく俺様ファーストなおVISA様の機嫌は決して損ねず、重要スポンサーにへいこらしっぱなしで過去の苦い経験を活かせないものの直接の雇用主である劇団を無下にも出来ず・・・でもそれだけじゃなくジェンヌさんへの、そして宝塚ファンへの配慮も欠かさぬ作品にしようと腐心したんじゃないかと。
中盤すぎぐらいまでは水美さんが大好きな宝塚ファン達をハラハラ・イライラさせる面もあるんですが、最後は超・大団円なんですよw
なかなかにうまいことやってます。

ストーリーについて・・・
もう役の名前は省略し、ジェンヌさんの名前だけで述べますね。
柚香光さんは星風まどかさんと永久輝せあさんとのやりとりが多い状態でスタートし、水美さんは優波慧さんと星空美咲さん、美羽愛さんとのやりとりが多いんですね(しかし大切なポイントは美風舞良さんとのやりとりだったりする)。
しばらくその状態が続きまして、まぁとにかく水美さんと永久輝さんの接点はなく、そのまんま終わるの?な気すらしてきます。

永久輝さんが大好きな私でも、水美さんより永久輝さんが長く柚香さんと一緒にいるのはなぁんか、微妙に感じました。
永久輝さんが柚香さんの次にトップスターになる事はもう十二分に覚悟が出来ていますし、楽しみでもあるんです。ですが現在は水美さんが正2番手として在籍しているんですから水美さんを敬って欲しい、おVISA様も劇団もそのあたりの配慮があまりに欠けているという気になったんですね。

こんな感じで私はモヤモヤしつつ、柚香さんと永久輝さんの関わりや、柚香さんと星風さんがどんどん愛を育んでいく様子を眺めていたわけです。
しかし終盤で急展開!
永久輝さん一味が水美さんを襲撃に行くんです。
かなり終盤に来てようやく、肩書上の正2番手と事実上の正2番手が直接対決するわけで。
遅きに失したのでは・・・と思っていたのになかなかどうして、盛り上がるのですよ。
トンカツやビフカツのような水美さんと、海老天や鱚天のような永久輝さん。どちらも揚げ物ではありますが普通はカツか天ぷら、片方しか食べないものです。しかしこのシーンではカツと天ぷらがバァンと並んで、どちらもいただけるような状態になるんですよ。そしてどちらも実に美味しくいただける・・・
そんな、とにかくふたりとも超熱演なチャンバラぶりでした。

開演早々からすごく思っていたんですが、水美さんも永久輝さんもいろいろ苦しく辛いだろうに、微塵も感じさせないんです。おふたりともイキイキで元気ハツラツ。
どちらもカツと天ぷらのように異なる魅力や味わいで観客を魅了してくれていました。
だからカツと天ぷらを同じ鍋で揚げる事はまずないように、ふたりの接点がないままストーリーが進行するのはもう仕方ないかもといった憶測すらしていた私ですが、この対決シーンで見事に同じ鍋に入り、おふたりそれぞれジュワジュワと揚がっていたんです。

しかし喜ぶのも束の間、「こりゃどっちか死ぬか、死なないとしても勝敗は決まるな」という予想が待っていました。
当然勝者は永久輝さんになるんだろうと、少なくとも私は推測しました。

が、ここで突如、音くり寿さんが登場します。
「ええーい、ひかぇえ~、将軍様じゃぁぁぁ」な感じで、ババンと。
そして2人を取り持ち、カツと天ぷらはどちらも美味しいから仲良くしようね♪な感じで仲良く引き分けな展開に。
もうもうビックリな、超超超な大団円w

この大団円の前フリが、水美さんと美風さんのやりとりなんですね。
星風まどかさんが水美さんの隠し子である事は劇団の公演解説にも載っていますが、母親は美風さんなんですよ。そして美風さんは音さん(将軍)の母親でもあります。つまり星風さんと音さんは異父姉弟で、そのご縁もあり大団円というような結びになっていました。
星風さんは愛する柚香さんのために尽力するんですが、水美さん(星風さんの父親)と永久輝さん(柚香さんの職場仲間)の和解が柚香さんや星風さんの幸せに繋がるんですね。

まぁなんとも平和なラストですよ。

水美さんのファンも、永久輝さんのファンもどうか仲良くして欲しい

タカヤの、こんなメッセージが込められているような気がしました。音さんの台詞には何度か「喧嘩は嫌い」って出てくるし。
決め手が音さんというのも、なかなかです。音さんも今後が気になる方で、最初に舞台に登場した時は「このキャラ、いる?」な感じでどうにもう~んとなっていましたが、このように活用するとは。
中卒の同期で、ともに超実力者で飛び抜けて期待されていたという星風さんと音さん。異父とはいえきょうだいの設定にしたのは何か意味があるのかもしれません。成績は音さんが2位で星風さんは3位なのに配役では星風さんが年上になっているもまた、何かの意図があるのかな。

というわけで、強制的といえばそうかもしれぬハッピーエンドではありますが、私としてはとても心地よく観劇する事が出来ました。
もういっぺん言いますがストーリーそのものに感動したんじゃないですよ、なので何も知らずに観劇したら「ふぅん」で終わっておかわりナシだったでしょう。しかしほんの数年前からとはいえ宝塚ファンでいる身として観劇すると、おかわりしたくなるんですよね。
幸いあと1度は観劇出来ますので、楽しみです。

水美さんが正2番手として正当な扱いを受けていない事を悲しんででいる方にこそ、観ていただきたいです。

デカくて重い愛機、ケンコー スーパーワイド 7×32SG

私事ですが観劇した7日はインフルエンザの予防接種を受けた3日後だったんですよね。少々二の腕が腫れた程度で問題なく双眼鏡を使う事が出来ました。
2021年は左の二の腕に3度も予防接種する事となりましたが・・・これで観劇も安心です!

Amazon | Kenko 双眼鏡 コンサート スーパーワイド 超臨場感 7×32SG SWA WOP Bak4ポロプリズム 倍率7倍 口径32mm 131930 | 双眼鏡 通販
Kenko 双眼鏡 コンサート スーパーワイド 超臨場感 7×32SG SWA WOP Bak4ポロプリズム 倍率7倍 口径32mm 131930が双眼鏡ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

  1. おかちゃん より:

    花組演目評判が良いですよね。
    何度でも通う人が増えて大劇場の座席が埋まると良いですね。観光地の宝塚市は喜ぶと思います。

    さて、昨夜はとてもショックな事がありました。
    YouTubeを見ていたら星組演目の動画がオススメされたので劇団のチャンネルかと思い再生してみたら、楽天TVで配信されたお芝居がまるごと違法にアップされていたのです。驚愕。ググったらライブ配信も録画可能の方法があるようです。
    昨夜見たとき二万回再生でこりゃと問い合わせ、たーさんの過去の方法をとっておきました。問い合わせ先の始業から三時間ほどでやっと削除されたようですが消えたかなと確認したときには三万回の再生されていました。ブログ記事とは無関係ですが悲しいです。

    これで配信の価格が値上げされたらもっと悲しいですよね。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      おかちゃんさん、本当に残念で悲しい事が起こってしまいましたね。
      私の記事は、カサノバが違法アップロードされており自分で削除申請しようとしたらゴチャゴチャしていて結局劇団にお願いしたって内容でしたね。
      アップする人が一番悪いけれど、「タダでラッキー♪」と無料で観る人もたいがい、悪いです。
      再生回数が3万ですか・・・観た人はもっと多いのでしょうね。

      記事にもしましたが、Youtube運営元であるGoogleが「削除申請は権利が侵害された本人(あるいは企業)からしか受け付けない」というスタンスを取っているのも問題なんですよね。
      つまりは侵害された本人や企業が気付かない限り、削除されないんですから。
      とはいえ第三者からの通報をすべて受け付けていると運営に差し障る(対応に追われる=経費がかかる)んで、やらないんでしょう。
      同じく経費の都合でしょうか、違法アップ動画を最初から最後まで再生した人を取り締まる気がさらさらないのも残念ですね。

      配信料金を値上げしたらますます、違法アップロードの価値があがってしまいます。
      楽天側でどんだけ録画阻止の工夫をしたところで、さらなる技術を持っている人達が腕を競って突破するでしょう。
      つまり・・・違法アップロードの横行を完全に阻止するには、「配信そのものの停止」しかありません。
      マイルドに阻止するには価格を下げて、腕や時間をかけて違法行為をする価値を下げる方法がありますが・・・難しいかな。私としてはこちらを採用して欲しいんですが。

      結局、私達のようなファンが出来る事は、劇団への通報だけになってしまいます。
      おかちゃんさん、この度はお疲れ様でした。私ももしこういった動画を見つけたら通報します。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. こんちゃん より:

    関西の、たー様

    いつも楽しみに拝読しております。ライビュ専科の地方民です。

    SNSが羽根論争に揺れる中、『元禄バロックロック』詳細なネタバレ感想をありがとうございます。(私はネタバレが嫌とは思わないタチです。むしろストーリー構成がそのオチにどうやって帰結していくのか?という論理を考えながら見たいタチですので)

    いやー、最後はいわゆる「黄門様の印籠」オチなんですね(笑)本来めでたい花組100周年、東京ではお正月公演、血なまぐさいことは無し、ハッピーエンド!

    いいじゃないですか。谷先生の戯作精神を感じます。

    バロックロックと言いながら、実はとっても「カブキロック」なのかもしれませんね。歌舞伎では昔からお正月公演は「寿曽我対面」という、当時は忠臣蔵並みに有名な仇討ちものの芝居をかけるのが習わしだったそうで、

    でも仇討ちの話なのに、舞台上では仇討ちせず、曽我兄弟が仇を見つけたクライマックスで、いきなり「今日はこれぎり!」で幕!「また会おう!」というのがお約束。

    毎年曽我狂言を演じ、来年の正月も元気で「また会おう!」というセレモニー的な演目らしいのですが、

    「元禄バロックロック」も、そんなカブキ精神を現代に蘇らせる試みなのでしょうか?配信が楽しみです。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      「宝塚 ライビュ専科の地方民のブログ」管理人こんちゃんさん、SNSでの羽根論争はもう収まってきたでしょうか。まだ公演の開始から数日で、論争する人の大多数が生観劇していないはずなんですよね。実際に観劇すればネガティブな感情は薄れると私は思っています。

      はい、記事で使おうか迷ったんですよ、水戸黄門w
      でも水戸黄門だと中央にいるのがおじいちゃんだから、あの可愛らしい音さんのツナヨシとはかけ離れているなぁと思いやめましたww
      当初、ツナヨシを「必要ないんちゃう?」とすら思っていた私ですので、舞台中央からパッカーン!と登場し随分と驚きましたよwww

      そういえば忠臣蔵って昔はテレビで、年末によくやっていましたね。
      歌舞伎ではお正月公演に忠臣蔵が多かったんですね。で、ラストに殺生はナシ、と。なんでもケリつけりゃいいってもんでもないですね。

      歌舞伎精神を感じたか、元禄バロックロックのライブ配信の感想を是非聞かせてください。
      「歌舞伎は様式美」とイヤホンガイドで教えてもらいました。ホンマ、宝塚とかぶります。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  3. 東海からの遠征民 より:

    ブログ村のランキングから都度都度お邪魔しておりましたが、コメントは初めてです。
    宝塚、歌舞伎のライトファンで、たーさんの目線に新たな発見をいただくことも多く、ブログも楽しく読ませていただいています。

    羽根の件、初日の衝撃についついコメントしたくなりました。
    羽根のことだけで騒ぐのは如何なものかという意見もありますが、本当に初日のパレードを観た時は、文字通り劇場内に激震が走っておりました。

    そもそも、ひとこちゃんの花組異動が決まった時、多くのファンはマイティの上に降ってくることを予想していたはずです。
    普通に自然に、はいからさんでマイティの上に降らせることはできた。
    でも劇団はそれぞせず、ここまできっちりマイティに2番手カードを積ませ、そして劇団はそれで商いをしてきた。
    そこからの今回のびっくり劇は、詐欺商売と言えなくないなあと感じています。

    ここまで大切に扱われてきたひとこちゃんにとって、良い策とは到底思えません。
    せっかく次世代の花組を背負う大スターさんなのに、ここで傷つけるとは何たる悪手。
    マイティについても、ここ最近の他組事情をみても、ファンが2番手羽根を期待することは自然なこと、ここで梯子を外すなんて。

    今回の件は、何度考えても誰得なのかさっぱり分かりません。
    劇団内の旧態依然とした「オヤジ」集団の仕業なのではないか、と勝手に無理な憶測をしたりしています。

    だらだらを書き連ね、失礼いたしました。
    これからもブログ更新を楽しみにしております。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      東海からの遠征民さん、初日観劇感想ありがとうございます。
      オリンピックなら2位と3位の選手に銅メダルを渡したようなものです、そりゃあ騒ぎになりますよ。きっとほとんどの観客が「マイティ様、2番手羽根おめでとう!」モードだったでしょうし、さぞすさまじい激震が走ったんでしょうね。
      私は初日は抽選にハズレて翌日の当選になったのですが、結果的に初日に当選せず良かったと思っています。

      ちょうどコメント頂いた頃にショーの記事をアップしまして、そこでも触れましたが私は、劇団運営陣のほとんどは「ヤバいとはわかっているんだけど」だったと捉えています。
      タカヤもカズノリもさぞ苦しんだんじゃないかと。でもこういった面々は組織の中では末端です。実際に悪手をやらかしたのは、東海からの遠征民さんのおっしゃる、顔出しもしない「オヤジ集団」じゃないかと。
      こういったオヤジどもは、ジェンヌさんひとりひとりを商品のようにしか考えていないのかもしれません。永久輝さんにしたって、「おVISA様から見初められた子」でしかないかのも。

      申し訳ないのですが私は永久輝さんが大切に扱われてきたとは、あまり思えないんです。ホンマに大切にしていたらVISAガール就任早々花組に組替えさせないように思いまして。
      花組への異動だけで永久輝さんには心労だったのに、やっと落ち着いてきたと思えばこの度の水美さんの事。
      はい、ホンマ、「次世代の花組を背負う大スターさんに、なんちゅう事をしてくれたんだ!」ですよね。

      誰得なのか、本当にわかりません。
      誰か権力のある人ひとりふたりがワガママぶっこいて満足しているだけなのかも?
      私の憶測では劇団よりはおVISA様に俺様ファーストがいそうな気がします。

      とある、銀行マンの活躍が話題になったドラマが、とある空港会社を「あそこは伏魔殿」って呼んでいたんですね。
      伏魔殿って?と調べてみたらあら!劇団もVISAも伏魔殿っぽいw
      全沢(仮名)さんが切り込んでくれないですかねぇ。

      お初コメントありがとうございます。
      全然ダラダラじゃないですよ、是非またコメントくださいね!
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  4. あさみ より:

    たーさん、こんにちは。

    感想、楽しく読ませていただきました。

    私は、柚香さんがお気に入りなので、この作品、ある意味ヒヤヒヤしていました。
    でも、たーさんの感想を読んで、とっても楽しみに。
    楽しみにさせてくださって、ありがとうございます。
    東京チケット当たるといいなあ・・・(友会頼み)

    2番手羽の件、宝塚って学習しない団体だなあとつくづく思います。
    それにVISAが絡んでくると、もう気を使うことに一生懸命で、
    ファンの思いなんて蚊帳の外です。

    少し前、ずっと花組だったVISAガールが雪組の音月桂さんになりました。
    あまり、集客が良いとは言えなかった雪組にVISAが着いたことで、
    ファンの間で、ちょっといい気分になりました。
    でも、その時音月さんは、3番手、今の花組と同じ感じです。
    ただ、劇団はその時2番手だった彩吹真央さんを、がっつり2番手に据えていました。
    羽根も衣装も正2番手です。
    でも、リオデブラボーというショーで、二人は全く同じ大きさの羽根を背負ったのです。
    その時から、噂はありました。
    彩吹さんは、次で退団だと・・・
    でもまさか、あんなにしっかり2番手だった人を、そんな簡単に退団させるわけはないと、
    私たちは思っていました。
    ある意味雪組の売りは、トップと2番手の相性の良さだったので。
    でも、現実には一番なってほしくなかったことが起こってしまいました。
    あの時のショックは、今でも心に重く残っています。
    ショックが大きく、早く退団をしなかった水さんのせいだと、
    自分の大好きな人を批判するようなことを言ってしまったほどです。
    でも、実際は、VISAが劇団に迫ったということのようでした。
    本当かどうかは、そこのいた人しかわからないと思いますが・・・

    劇団は、本当に残酷です。
    ファンがどう思うかなんて、これっぽっちも考えていない。
    そのせいで、次期トップになった音月さんも、とても気の毒な立場になってしまったと思います。
    大切な生徒なんだから、守ってあげないといけない劇団なのに。
    幸いなことに、今でも、水さんと彩吹さんはとても仲良しです。

    すみません、あの時のことを話すと、今でも熱くなってしまいます。

    でも、きっとこれからも劇団は、ファンの気持ちを踏みにじるような人事をすると思います。
    営利企業なんだから仕方ないとは思いますが、
    もう少し、優しい対応はできないものか、生徒を守ってくれる上層部の偉い人がいないものか、
    いろんなことが起こるたびに、心が折れそうになりますね。
    でも、きっと生徒さんたちは、そんな人事に振り回されながらも、
    前へ進んでいくんでしょう。

    私たちは、見守るしかできませんが、応援したいですね。

    長くて、熱くなってすみませんでした。

    東京で、花組観たら、またご連絡しますね。

    失礼いたしました。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      あさみさん、記事では柚香さんにはほとんど触れていませんが、実にイキイキとしていましたよ。
      姉さん女房の手のひらに転がされている感じがたっぷりです。期も実年齢も星風さんが5つ下だけど、あっきらかに星風さんがリードしています。
      星風さんは真風さんと一緒の頃からグイグイ気質を感じさせる方でしたが、真風さんの絶対的な包容力のもとセーブしていたんじゃないでしょうか。そしてトップスターとしては随分と女性らしさが残っている柚香さんが夫になってからは「私が頑張る!」と本領を発揮したんじゃないかと。そして柚香さんはニャ~ンと甘えてのびのびしているような。
      ショーではクールビーストに続きまたも、トップスターとしては異常なほどに女性っぽいダンスを披露してくれました。なまめかしくって色っぽくて、良かったですよ~
      チケット当たるといいですね!

      水美さんの羽根の件、ベテランファンの方々は雪組の事を思い出す方が多いんですね。他の読者さんからもコメントをいただきました。
      私は当時の空気を知らないのですが、よっぽどだったんでしょうね。私自身、この花組公演の事は今後ずっと忘れないでしょうし、忘れる必要もないと思っています。
      ヅカファンになって人事面でこれほどガッカリした事はありません。でもヅカファンであり続ける限り、今後もこういった悲しみにはぶち当たるんでしょう。
      あさみさんが推測する通り、今後も劇団は私達ファンの気持を踏みにじるような人事をするんじゃないかと。
      そして踏みにじる理由もあさみさんがおっしゃるとおり、劇団が営利企業だからなのでしょう。

      でもね、忘れちゃいけないと思うんです・・・
      ある意味・・・営利を追求しているからこそ、今の宝塚があるんじゃないかと。
      私はOSKも好きなんですが、OSKってね、客はさして大切にしてくれないけれど劇団員はけっこう、大切にしているように私は思うんです。
      でも凋落しっぱなしでしょう?もともとは宝塚の強力なライバルだったはずなのに。
      好きな劇団の運営状態を心配する、存続が危ういのではないかと悩むのも、それはそれで悲しいです。
      バランスを取るのって難しいですね。

      宝塚の話に戻りますが、
      無慈悲な采配を繰り返しているのに、ジェンヌさん達は健気に頑張り続けてくれるんですから本当に尊いです。
      水さんと彩吹さんは仲良しなんですね。これもある意味・・・辛い目にあったからこその団結力なのかもしれません。
      音月さんは「越路吹雪物語」をテレビで観て、あら!キレイな子やねぇ、宝塚って感じ!と当時私はまだ宝塚を観た事がないのに思いました。
      ナイツテイル観たかったなぁ。

      はい、私達は見守るしか出来ませんね。
      宝塚の人事に口出し出来るような身分じゃないので。
      でも、ジェンヌさん達から学んだ事を、リアル生活で活かす事は出来るような気がします。

      熱いコメントありがとうございます。
      ここ数日寒いですしね、ちょうどいいですよw
      東京での観劇後、是非是非ご感想をお聞かせくださいね!
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  5. ビーグル犬 より:

    こんばんは!たー様のバロックロック観劇感想を楽しみにしていました。
    的確で分かりやすい説明、私は色々と重なって;;すぐに観劇できないのですが
    まるで劇場にいるかのようにリアルに作品が想像出来ました。有難うございます。
    さて、二番手羽の件では私もかなりヤキモキしていたのですが、
    お芝居の内容がまさかの、、、お二人の対決からの~~大団円とは。
    演出の方も、一応サラリーマン?のようなお立場なんでしょうから、
    上司から言われた無理やりきれいなシナリオを作れという指示に忠実に
    最大限の仕事をこなされた結果なんでしょうね。
    しかしですね、たぶん、これは私たちにこの形の既視感を見せるためかもしれないなあって思いました。
    このお二人の、争いになりそうなところを、美しい形で終わらせるっていうパターンを
    何回か見せられたら、
    何回か頭に刷り込まれたら、
    ヤキモキしているファンも、見慣れた光景だから
    なんとなく受け入れちゃうわ!ってなりそうじゃないですか?
    すごい作戦をとってきましたね^^;
    上の方もおっしゃってましたが、劇団上層部のおじさんたちが
    生徒さんやファンの気持ち丸無視でスポンサーのためだけに
    ああしようこうしようって話し合ってるの図も思い浮かんできます。
    生徒さんご本人たちはそんなことを感じさせず本当にキラキラしていて。
    とたー様が書かれていたのを見て余計グッときました(涙)
    私は、水美さんについてやっぱり何とかして二番手羽背負わせてほしかったなと思います。一旦専科移動で愛月さんコースでも構わないので。ぐずぐずと
    書き連ねてしまいごめんなさい!でもやっぱりモヤモヤはおさまりません~~

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      ビーグル犬さん、私の感想記事でバロックロックをリアルに想像出来たようで、何よりです。
      はい、さんざん焦らされてから驚くほど白熱した直接対決となり、そして大団円でしたw
      もうすんごいうまいこと収まっていましたねww

      ビーグル犬さんはタカヤを「一応サラリーマン?のようなお立場なんでしょう」って言ってますが、「完全にサラリーマンのお立場」だと私は思いますよ。
      なまじ東大を出ているからやっかまれやすいしね、あんまり有能過ぎる人って企業内で潰されがちだから、うまいこと劇団に取り入って残って欲しいです。バロックロックでは大丈夫そうに感じました。

      ビーグル犬さんはバロックロックに「刷り込み」の要素を感じるんですね。
      水美さんと永久輝さんの争いになりそうなところを美しい形で終わらせるつもりちゃうか?と。
      確かに劇団にはそういった意図があるかもしれませんね。
      ただ洗脳って、バレると効果がすごく薄れるんです。ビーグル犬さんのように観劇前から「刷り込みするつもりちゃうか」と身構える方の場合、観劇したところで洗脳効果はほぼないかと。
      冷静に、美しい退団を匂わせる事前通知として受け入れたら良いと私は思います。ここでこじらせ、刷り込みを企む劇団を過剰に恨む必要はないように思うんです。

      私の記事に感謝してくれたのは本当にとても嬉しいのですが、どうしても他人から得る情報だけではネガティブな感情をこじらせがちです。ご多忙でしょうが早めにご自身で生観劇する事をおすすめしたいです。
      私自身が初日の情報にモヤモヤしまくったのに翌日の観劇でかなり落ち着きましたしね、やはり自分で直接感じる事って大切だと思いました。

      書き連ね、大歓迎ですよ。
      でね、書き連ねると肩こりしますし、ストレッチなども是非してくださいね。適度な運動はメンタルの安定にむちゃくちゃ貢献すると私は強く信じています。今日は午後から公民館の体操教室に行ってきます~

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  6. comugi より:

    たーさん

    花組観劇最高でした。
    タカヤ(笑)の深い意図を段々理解してきました。
    花組の人達ももっとお芝居深くなってました。
    光ちゃんが相当進化。
    まどかさんは優等生なので最初から高レベルなのであまり変化は見られませんでした。
    音さんは何でもよくできる方だと思って、そんなに注目してなかったのですが
    今回の綱吉は最高!
    登場でピリッとひきしまるし、少年らしさも上に立つ者のわがままさや気品がでてます。
    あの声もいいんだな。
    タカヤ、グッジョブ。
    ウエクミ先生もそうだけれど、頭の良い方って(あるいは突き抜けた高学歴)あっと驚く配役をしてマッチさせるんですね。

    マイティさまの東上は銀ちゃんで、フィナーレがついていませんでしたが、
    お芝居を上達させるために、あえてそうしたのかな(良いようにとらえれば)
    と思うほど演技が上達しているようです。
    コウズケノスケのにくにくしい笑い声は上手いな、でも喉つぶさないかなと心配(母目線)

    2部のダンスはくぎ付け。
    。。。いつまでも見れるかわからないので、マイティにロックオンで
    ずっと見ています。

    たーさんも2回目観劇されるんですよね。
    千秋楽近くなっていってどんな風になるか面白いと思います

    それでは簡単までに感想でした。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      comugiさん、最高の花組観劇となったそうで、良かったです。
      タカヤって良い名前ですよね。とにかく私は名前を忘れやすいので、ウエクミやオギーといった呼びやすく覚えやすいニックネームが付いている先生って助かります。
      タカヤもウエクミも、一歩(あるいは半歩)間違えればとっちらかったハチャメチャワールドになるところを、うまくマッチさせるんですね。
      あとこのふたりって「宝塚の歴史に残り、代々演じ続けられる名作を作る」といった気負いがなさそうに私は思います。今が楽しけりゃそれでいい、なんて言い方は的確ではないかもしれませんが、でもそんな感じ。

      綱吉はホンマ、最高でしたね。
      キャラが立っているし、何より、音さんにやらせたのが本当に素晴らしかった。
      音さんは芸達者ですよね。ホンマに少年に見えました。はい、わがままさや気品が出ていましたし、あの澄んだ声も良かったです。
      ショーでは音さんと星風さんが並んでいるシーンもありましたね。ここであらためて、星風さんが細くなったと思いました。
      星風さんは元気いっぱいに柚香さんを手のひらで転がしてくれているけれど、真風さんと一緒だった頃よりひとまわり細くなった気がしてちょっと心配です。
      柚香さんも痩せたかな?お芝居力アップしていましたね!歌はもうちょっと少なくても良かったように思うんだけどなぁ。

      はい、マイティ様は見事な悪党でした。今後も演技の幅が広がっていきそう。
      ただcomugiさん、私は銀ちゃんでのフィナーレなしにはなかなか、良い想像をする事が出来ません。って、comugiさんも「良いようにとらえれば」って書いていますよね。
      私はあのフィナーレなしは、ファンにいろんな期待をさせるのを防ぐためだと今も思っています。

      なんかマイティ様にすんごい「吹っ切れました」な雰囲気を私は勝手に感じていまして・・・
      銀ちゃんでもそうだったけれどコウズケノスケでより一層そんな気持ちが募りました。完全燃焼に向かってまっしぐらというか。喉に負担がかかっていそうな笑い声も、男役としてでしか出来ないんだし。
      どうしてもね、退団が近い予感をしてしまうんです。
      とはいえ私に出来る事は、感謝しながらお姿を拝見するだけ。次の観劇を楽しみにしています。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました