[ロミジュリ観劇記]礼真琴のビジュアル

ジェンヌさん

「ロミオとジュリエット」、観劇してきました。

まずいきなり、3階に登るエスカレーターのこの雰囲気に軽いショック。
もちろん、B席を使わないのは事前に知っていたんですよ。けれど、これまでさんざんお世話になったエスカレーターが立入禁止になっているのはどうにも、寂しくてね・・・
B席がないと、お財布も寂しくなるしね・・・

ストーリーはわかりきっているのでいらないかな?と思いつつ、他の観客が手にしているプログラムの表紙を見て購入を決意。
これがねぇ、大々的にあちこちに貼りまくっているポスターよりうーんと素敵なんです!
中の画像もホンマ良くってね、なんであの画像がポスターに選ばれたのかまったくもって理解不能でした。
誰かえらーい人の鶴の一声で決まった、そんな気がしてしまいます。

Amazon.co.jp: PENTAX 双眼鏡 UP 8x21 ブラック 小型軽量 フルマルチコーティング 高級プリズムBak4搭載 (8倍) フェス ライブ コンサート スポーツ観戦 メーカー保証1年 ペンタックス 61801: カメラ
家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、PENTAX 双眼鏡 UP 8x21 ブラック 小型軽量 フルマルチコーティング 高級プリズムBak4搭載 (8倍) フェス ライブ コンサート スポーツ観戦 メーカー保証1年 ペンタックス 61801を通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品な...

愛用の双眼鏡です。

さて、本題。

私は公式チャンネルでの製作発表動画を観て、とにっかく、舞空瞳さんの赤すぎる衣装、赤すぎる化粧が気になっていました。
なーんか「酒場の酔った女」みたいでね、清純な16歳のジュリエットとしてどうなん?と。
でもね、本番では大丈夫でした。
ドレスも思っていたほど真っ赤じゃなかったし、化粧も赤みを抑えていて。
舞空さんは本来のジュリエットよりだいぶ年上なはずですが冗談抜きに16歳に見える愛らしいお顔でした。
歌にしても抜群に上手いけれど、決して上手さをひけらかさない。サラッと少女っぽさを感じさせるんです。本当に歌唱力があるからこそ出来るワザだと思いました。

もうひとりの瞳、有沙瞳さんは本来お持ちの恵まれた容姿に逆らうような役をあてがわれていましたが、しっかり乳母になっていました。声もドスがきいた感じになっていて。
なぜ、乳母=肥満体なんでしょうね?
とはいえ有沙瞳さんは、あの肥満体仕様の衣装を着なければ女性として魅力的すぎて、乳母としてはダメなのかもしれません。魅力を隠すにはもってこいな衣装ではあります。

ビジュアルって、大切。

で・・・

めっちゃ、ハッキリ、言いますね。

私は礼真琴さんは素晴らしいトップスターだと心底思っています。
けれど、ビジュアル面では不利かもしれないという気持ちがどんどん大きくなっています。
どうしても小柄さを感じてしまいました。これは私の中で、男役に「大きさ」を求める傾向がどんどん強くなっている影響もあるでしょう。

そんな、「舞台では大きいが正義」志向の私が言いたい放題を続けますね。

ロミジュリはまぁ、言ってみれば、思慮浅そうな若い男の子女の子たちがはしゃいだり揉めたりするストーリー。
若くなくても一目惚れってあるのでしょうが、若ければさらにその傾向が強いはず。
ストーリー上、ロミオとジュリエットはお互いに超・一目惚れして、相手を運命の人だと強く信じるわけですが・・・
礼さんにその、「ビジュアルだけで一目惚れさせるパワー」を私は、感じませんでした。

礼さんの脇には、腕脚の長いイケメンがたくさんいます。
特に、パリスを演じる綺城ひか理さんと、マーキューシオを演じる極美慎さんは飛び抜けて、顔のハンサムぶりと腕脚の長さ、若さが弾けていました。
そして、大人の男の魅力としては愛月ひかるさんティボルトがもう、顔もスタイルもとにっかく、抜群で。

しかもこの3人のうちティボルトは幼い頃からジュリエットが大好きだったし、パリスはジュリエットに求婚しています。ティボルトは赤い素敵な衣装だし、お金持ちなパリスもまた、白くてキラキラで随分素敵な衣装で、おふたりともプロポーションの良さがひきたっていました。
こんなオシャレな長身イケメン達を袖にして、ロミオにあれだけ一目惚れするというのは、ビジュアルだけで言うとちょっと厳しいです。私としては。

綺城さんのウィッグがひどくてねぇ・・・
金髪で前髪オールバックで、リーゼントと言うほどは出っ張ってないけれどそんな感じで、ダサくてダサくて。
「エル・アルコン」でも綺城さんのウィッグがひどくダサくてショックで、フィナーレになってウィッグをはずしたいつもの素敵な綺城さんを観てホッとしたものですが、ロミジュリでも同じパターンになってしまいました。階段降りではまた、パリスウィッグに戻っちゃったけど。

綺城さんはA日程のパリスで、B日程では極美さんがパリスを演じるのですが極美さんもあのウィッグをかぶるんでしょうか?ああ、恐ろしい。
困った事にプログラムはまさかの「ノー・パリス」でね、綺城さんはベンヴォーリオ、極美さんはマーキューシオ姿なので、極美さんのパリス姿を予習出来ないんです。

とはいえ、ジェンヌ男役の中でもひときわプロポーション抜群で長身な綺城さんや極美さんが、ロミオより魅力に劣る役、ジュリエットに相手にしてもらえぬ役を演じるのですから、ウィッグくらいダサくしないといけないのかも、という気はしてきました。

と・・・
礼さんについてあれこれ言いましたが、小柄を感じさせるゆえ少年っぽさも感じたんですね。
歌唱力や演技力はもう、超ハイグレード!
製作発表での歌声は低音が不調に感じましたが舞台ではバッチリでした。
なので・・・ロミオとジュリエットが一目惚れした後もうちょっと時間をかけて礼さんの魅力を出しまくって、ふたりが愛を育んでくれたら嬉しかったです。
内容が詰まりまくっておりストーリー展開が早いので、ゆっくり愛を育むのは難しいとはわかっているんですけどね。

わかりきっていたストーリーでありながら幕間を含め3時間あったのに、あっという間に終わってしまいました。見応えありました。

当初「死」をB日程で愛月さんが演じる事に抵抗があった私ですが、今では愛月さんの「死」も観たい!と強く感じています。
A日程で「死」を演じた天華えまさんは実に美しく、そして適度な存在感でした。なので・・・ひょっとしたら愛月さんだと存在感がありまくりすぎるかも?と気になっているんです。どれだけ実力や存在感があっても、トップスターを食ってはいけないのが宝塚。けれど愛月さんはやりこなすと私は信じています。

余談ですが娘へのお土産に購入したのがこの「すみれ柄 つけらくマスク 2枚セット」。
頼まれていたから買ったけれど、800円はかなり高いです。
しかも帰宅後、開封したらいわゆる化繊臭っていうんでしょうか、そうゆう臭いがキツかった。
娘はとにかく、あらゆる面でコスパへの配慮が足りません。

で、娘を持つ母親としては・・・
「16歳の女の子が、一目惚れした男の子と親の反対を押し切って勝手に結婚して、初夜をすごす」とか、同じくティーンエイジャーのロミオやティボルトが「これまで何人もの女性と遊んだ」と堂々と歌うとか、正直ちょっと、気になったりはします。今の日本のテレビドラマには絶対出来ない設定かと。映画にしてもR15か18か・・・
とはいえ、娘にも観せてやりたいです。

今日から第2抽選の申し込みが始まりますが、緊急事態宣言が解除される予定の3月8日以降はB席も販売するんですね。
しかし油断は禁物。宣言が延長されたら払い戻しになるかもしれませんから。B席だけでなくA席も、娘のために申し込まないと。

ステージスタジオの、お気軽撮影コーナーはロミジュリモードになっていました。
娘が見たら、撮影したがるだろうなぁ。

なんせめっちゃ、美しく撮影してくれましたからw

そうそう、宝塚駅そばのソリオのミスタードーナツが改修を終えてました。
混雑していたので今回は見合わせましたが、今度行ってみようかと。ここのおかわり自由のカフェオレ、高級でも本格的でもないんですが、好きなんです。

コメント

  1. ちろくん より:

    いつも楽しく拝読しています。
    今回も忌憚のないご意見、勇気あります。

    製作発表会でのまこっちゃんのかつらと衣装があまりにも私的にはダサくて(そういう意見も多かった)いずれ改善されるだろうと思っていましたが初日映像でもあのままだったので正直ショックでがっかりしました。
    かつら変じゃないんですかね。実際の舞台で見るとどうなんでしょう。
    衣装も好きじゃない。バルコニーのジュリエットの衣装にもがっかり。

    極美さんのかつらはカッコよかったです。
    トップさんのビジュアル本当に大切ですからね。
    もうライブ配信見なくってもいいかと情けないながらそういう気になってます。まこっちゃんの歌お芝居ダンス大好きなんですがね。

    ロックモーツアルトの衣装や髪型の方がず~っと素敵でした。(スカステで見ただけですが)。
    同じようになってはいけないとの事で今回の衣装とかつら・・・??
    もっさりして見えますが。

    これからも厳しくも楽しい記事を期待しています。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      ちろくんさん、「いつも楽しく」なんて嬉しいです。でも実際はそうじゃない時もあるんじゃないですか?そういった意見も忌憚なくお聞かせいただけると嬉しいです。

      ロミジュリは制作発表会ではもちろん、その前のポスターですでにビジュアル面であれこれ、言われていましたね・・・って他人事のように書いてますが私も記事にしまして、けっこうビュー数が上がりました。
      で、私は「絶対このままじゃなく、改良するはずだ」と強く強く信じていましたし、実際、調整していたんですよ。礼真琴さんの髪はポスター→制作発表会→舞台と段階が進むにつれ少しずつ短くなった気がします。
      でもね、最後まで長めな髪型ではあるんですよね、男性として。
      それで、これまたハッキリ言いますが、礼さんの丸顔が強調されていて、もっさり感がありました。ひとめ惚れ=ビジュアル100%で選んだ恋の相手として、疑問がありました。
      私もロクモの時の衣装や髪型の方が良かったと思います。

      舞空瞳さんはメイクも衣装も、舞台ではかなり良好だったと私は思いました。とにっかく、可愛らしかった。アイドルというかコスプレみたいな衣装もありましたが、十分に着こなしていたかと。
      あんだけビジュアル良好で、かつ歌がうますぎる!

      ちろくんさんは生観劇の予定はありますか?文面からすると生の予定はなく、ライブ配信を迷っている感じかな?
      是非観ていただき、感想をお聞かせいただけると幸いです。あかんかったら素直にあかんと言っていただければと。
      世の中に「絶対」なんてないんですが、「ライブ配信の費用の価値は絶対にある」と言いたいくらいに、おすすめしたいです。

      極美慎さんはカッコよかったですよぉ。
      シラノ・ド・ベルジュラックでもあんな感じのヘアスタイルだったような。
      シラノでもロミジュリでも、目立って目立ってしゃーない、華やかさ抜群のジェンヌさんですね。
      そしてご自身でも、自分が魅力的で華やかなジェンヌである事をよーーーくわかっている、そんな気がします。
      とにかく自信たっぷりなんですよ、歌っている時すら。実際のところはなかなか、下手なのに。って、こういった事を書くと厳しいんですかね?

      コメントありがとうございました。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. Mika より:

    たーさん、こんにちは。

    たーさんのロミジュリ観劇記事待ってました~。
    もうご覧になったんですね。

    、、私はロミジュリより、どうしてもバウの月組の「さよならの。。」の方を見たくて2月の申し込みをしませんでした。(噂では直近の公演に当選していると1回スキップがあるという。でもコロナ渦では関係ないのかもしれませんが)。
    で、見事バウが当選したので(勿論たった1枚ですが)、今日の3月の第2抽選申し込みしましたよ~。

    ビジュアル、大切ですよね。
    そんなにビジュアル重視というわけではないのですが、私はどうしても身長を求めてしまい。
    礼さんの実力を十分に知りながら、お披露目も見ませんでした。ロックオペラモーツァルトも。(あとでDVDでみましたけど)。
    なーーんか、私にとっても吸引力がないんですよね(こんなに書いて大丈夫かな)。

    でも、宝塚ファンなので、どうしてもロミジュリは見たいです。(ファン歴は100周年からなのでロミジュリは舞台で見たことがないんです。)

    で、正直なたーさんの感想にホッとしたり、フムフムしたり、で、愛月さんをとってもみたくなりました。極美さんもすてきですし。

    一足早く、たーさんの記事で心構えができてうれしいです。
    これからも観劇記事待ってます。

    関西も感染者が減っていて、このまま緩やかな春になりますように。

    それではまた。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      きゃっほー!Mikaさん、コメントありがとうございます!はい!ロミジュリ観てきましたよぉ~、そしてB日程も観劇予定です!
      Mikaさんは月バウを優先されたんですね。当選おめでとうございます!是非感想をお聞かせください。
      ロミジュリは、予定通りB席を販売するなら3月の平日は当選する可能性が濃厚かと私は思っています。
      今は土日しか都合の付かぬ娘も、3月中旬以降は長すぎる春休みで平日OKとなり、どうにかなるかなと。あーあ、学割が復活してくれたらなぁ、もし復活してくれたら連日、立ち見に行かせるのにぃ。

      はい、ビジュアルは大切ですね。
      そして、テレビでは重視されるお顔立ちが舞台では優先順位が下がり、身長がモノを言うんだと私は思うようになりました。まだまだ観劇ド素人なんですけどね。
      礼真琴さんに吸引力を感じない、それは素直な気持ちであり礼さんを非難しているわけじゃないんですから、いいんですよ。
      私なんか望海風斗さんにさして吸引力を感じないんです。歌は上手い、本当に上手いのだけど、どうもどれも同じように聞こえるし。こういった気持ちを記事にして意地悪なコメントをもらって1年過ぎましたが、変わらないままです。
      さらに退団後に即ガラコン出演するそうで、私としては「だいもんは今後も事実上、男役ジェンヌを続けるんだ」と思うようになりまして、「今だけ」のありがたみが減りました(って、こんなに書いて大丈夫かな)。

      で、ロミジュリに戻りますが、生観劇した身として、徹底的に伝えます・・・
      礼さんはビジュアル以外、つまり表現力、歌唱力、もうすべてが素晴らしかったです。
      若干まだ気張っているというか、そうゆう雰囲気はありますが円盤で観たロクモよりは力が抜けていると感じました。

      そしてロミジュリそのものが、素晴らしい作品なんですよね。ホンマ。
      あっという間の3時間でした。

      愛月さんは以前読者さんに教わった「硬質な魅力」に加え、重厚感もたっぷりでしたよ!
      この重厚感は綺城さんや極美さんにはないんですよね。おふたりはまぁその、若さとビジュアルが取り柄!って感じで。
      愛月さん本当に素晴らしかった。歌はね、歌唱指導もしていましたが正直、指導出来るほど上手くはないんです。ですが存在感が半端ない!硬くて重い!生で観る事が出来て本当に良かったです。
      B日程観劇がますます、楽しみになりました。あ、極美さんのパリスなウィッグもw

      はい、このまま感染者が減り、緊急事態宣言が解除され、平和な春になりますように。
      なんかね、ホンマにそうなるんじゃないかと私は思っています。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。ではまた~

  3. Mika より:

    たーさん、こんにちは。

    今日はロミジュリの先行販売でしたね。
    。。。私、コメントで、身長至上主義を出しすぎ、礼さんのことを書いて
    バチが当たったのか、なんと第2抽選は落選だったのですよ(涙)。
    昨年のピガール&アナスタシア観劇しまくりと前半のチケット払い戻しもポイントにしてくれた歌劇団の太っ腹で、ステータスが〇イヤモンド(意味のない伏字ですが)になったのに、ですら、抽選外れたんですよ。

    と、愚痴っている暇なく先行販売にいそしみました。
    リロードし続けることと、以前たーさんが「座席おまかせ予約にする」と書かれていたような記憶があり、おまかせにしたら、なんと購入できました。できた後はまた「アクセスが集中しています」に代わってしまったのでした。
    なんとか、宝塚ファンの面目を保てて(過去の大作は必ずみる面目?)で、よかったです。

    礼さんの歌うまロミオと、本当に16才にみえたひっとんが楽しみです。

    たーさんの最新記事、ロボットが運んでくるお肉屋さんすごいーーと思いながら
    筆をおきます(なぜか旧式)。

    それでは、失礼します。

    いつも本当に記事が楽しいです。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      Mikaさーん、実は私も3月分の第2抽選、外れてしまったんです。私は2月中にA日程B日程どちらも観劇出来るんで良いのですが、娘が・・・

      「どっちもは無理だからA日程かB日程、どちらか片方に絞って」と娘に伝え、Bと言うので何としてもゲットしてやろうと今日は頑張りまくったのですが、2時間前からログインして、切れないようにリロードしていたのに11時30分頃に「アクセスが、、、」になってしまって。
      娘がブーブーと怒ったりグスンと落ち込んだりするので必死に画面に向かっていたところ、なーんと12時10分ごろに奇跡的につながり、チケットが取れたんです。
      その後すぐまた「アクセスが、、、」になってしまいました。なのでMikaさんとホンマ、同じような経過でした。
      もちろんおまかせ予約にしたんですが、サイドサイドっていうのか、いわゆるLまたはR席でしたw
      まぁ、いいですw

      と、達成感いっぱいでその後、○亀製麺(意味のない伏せ字ですがw)に行ったらすっごく混んでて。
      今ね、公式サイトで専用画面をダウンロードしたら、かけ(又はぶっかけ)の並が、1杯分の料金で2杯もらえるキャンペーンをやっているんです。
      お得だったけど、もうめっちゃ並んでいて大変でした。
      今日はホンマ、チケットで頑張り、うどんで頑張りとなりました。

      で、、、
      どうにかうどんを食べて、帰宅して何となく友の会にログインしてみたら、、、
      何と!!!
      今もまだ、売ってるんですよ、ロミジュリ。
      B席最後列と立見は完売していましたし、土日祝や千秋楽あたりも完売していましたが、3月なかばの平日ならSもAもBもまだ残っている日がたくさんありました。
      というわけで、A日程もポチwww
      娘、大喜びwww
      まったく娘ってば、何も苦労していないくせに贅沢ばかりしちゃって。

      ま・・・みんながロミジュリを楽しめるおいしい結果になったのですから、よしとしましょう!
      お互い楽しみましょう~

      焼肉の和民は、運ぶのはテーブルそばにあるレーンで、ロボットはお片付け専門です。
      本当に美味しかったですよ。ご興味あれば是非行ってみてください。お得ランチがあるうちがおすすめですー

      いつもいつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  4. Mika より:

    たーさん、

    ロボットはお片づけ専門でしたか、
    失礼しました。

    ロミジュリ、、実は私も少し前確認しました。まだ日にちによっては残ってましたね。

    お嬢さん、両日程観劇できることになり、よかったですね。

    私も楽しみです〜。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      はい、ロボットはお片付け専門でした。客と同じ通路を使うので肉などを運んだら、オーダーしていない客が勝手に盗ってしまうリスクがありますしね。
      鉄腕アトムにせよターミネーターにせよ、人間は大昔から人間の能力を超えたロボットを主役にしたアニメや映画を作ってきましたが、まだまだ人間を超えるロボットは出来ない感じですね。

      ロミジュリですが、つい今しがた宝塚の公式サイトのニュースを見てみたところ完売のお知らせがないですね。チケットはまだ残っているんでしょう。
      ご時世がご時世だけにこれが普通で、雪組はトップ夫妻退団フィーバーゆえの完売じゃないかと私は思っています。

      急用や体調不良、悪天候などのリスクがあるのですから、ファンにとっては事前に何枚もチケットを買うより当日にフラと観劇出来る方がありがたいです。
      当日券復活を切に願います。
      学割もー

      娘がABどちらの日程も観劇出来るのはホンマ、良かったです。助かりました。
      でも、長すぎる春休み中の、たった2日だけ・・・
      娘のお友達にはまだまだ外出に厳しいお家の子も少なくなく、私が相手しなくちゃいけない雰囲気です。
      どうやってすごそう。はぁ、悩みます。

      いつもいつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  5. conga より:

    こんにちは、Aパターンも遅まきながら見てきました~。
    貧乏なので2階席があると安心します…

    で…やっぱり全体としては私もBの方が好きかも(笑)全体としてBの方があってたなあというキャストが多かったです。あ、でもベンヴォーリオのロミオ思いな感じとマーキューシオの女たらし設定は説得力がありましたね~。
    そうそう、ぴーすけの由来はわかりませんが極美さんの芸名は極真空手をやっていたところからと聞きました。でもそこに「美」を入れちゃうし、それで名前負けにならないところが極美さんたる所以なんでしょうね…。いや、そのまま極美真にしなかったところはさすがに憚ったのかも?

    過去はこんなのジュリエットがかわいそう…と思っていたのですがよく考えたら追放が決まった殺人者を娘の結婚相手にってモンタギューとか関係なく現代でも大反対案件ですよねえ。
    なぜあそこで乳母が急に手のひら返しするんだろうと思っていましたが今回有紗さんが雑巾発言の後辛そうな演技をしていたのもあり普通にパリスの方がええやろ!と思ってしまいました(でも恋に恋するジュリエットには届かないのでした。舞空さんには時間をかけてちゃんと説明したらわかりそうな気もしたけど)

    愛月さんの声が…なんだか私には聞き取りづらいので、ちゃんと喋ったり歌ったりすると
    「・・・」って少しだけ思ってしまうんだと思います。でもビジュアルは正に「すぐにキレそうな危ないイケメン」で体格含め1対3でもモンタギューチームに余裕で勝てそうでした。
    なんでああもあっさりナイフを扱いなれていなさそうなロミオに刺されたのかもはや謎。

    私の個人的な感覚であることを断っておきますが、愛月さんに関しては宙組の時はその地位に見合った魅力を感じませんでしたので専科行きもむべなるかな…でした。が星組の「アルジェの男」でえっ愛ちゃんやるじゃん…と思いBの死で「愛様カッコいいです…」と心から感じたので(つまり特に愛月さんのファンというわけではないです)
    ヅカファンにも判官びいきはあると思います、あると思いますが判官びいきのみで真の人気や地位を得ることはできないのではないかなあ。やはり愛月さんの真の魅力が星組で花開きつつあるんでしょうね。

    もっと言うと、愛月さんには礼さんとは正反対の魅力があり、それが礼さんの横にいるとものすごく輝いて見えるのではないかと感じています。礼さんが貫禄が足りないように見えてしまうところもあるのですが(パレードなんか、愛月さんの方がトップっぽく見える瞬間が確実にありますからね…)礼さんは人気実力ともに押しも押されぬトップですし、これはトップと二番手としてはすごくいい関係じゃないかと。
    気になるのはこの体制、いつまで続くんでしょうね。礼さんは見た目に反して男らしすぎるくらい男っぽい男役に憧れているような気がするので…もしかしたら礼さんの任期後半には全然タイプの違うキラキラ貴公子タイプの下級生2番手が来て礼さんは黒くて男くさい役をやるのかな?
    …とか妄想までしてしまいましたが今の星組がいい感じなのは確かですよね。今後も見守りたいです。たーさんのAパターン2回目感想もお待ちしています。

    なぜか関連記事に天真さんの連載書籍化記事が出てきたので(ランダム表示なのかな)全くコメントと関係ないのですが宣伝させていただきますとこの書籍、4月7日発売予定らしいですよ。アマゾンのサンプル画像が最高なのでよかったらチェックお願いします。宝塚カテゴリでかなり売れ筋なんですね。でもアンアンががっつり宝塚カテゴリなのが謎です。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      congaさん、せっかくコメントくださったのに返信が遅くなりすみません。
      ロミジュリA日程を観劇されたんですね。
      2階席が立ち入り禁止になっているのは本当に寂しかったので、復活してくれて嬉しいです。

      瀬央さんのベンヴォーリオ、良かったですよね。演技力の幅広さを感じました。
      天華さんのマーキューシオ、驚きませんでした?私は死が先だったので、同じ人に見えないくらいの変わりようにただただ驚きました。
      極美さんの極は、極真空手からきているんですね。娘が幼稚園児の頃、極真ではない空手に通わせていたのですが型に番号があって、覚えるのが大変らしくってドロップアウトしたんです。極美さんは極めたんだろうなぁ。はい、「美」を入れても全く名前負けしないジェンヌさんですね。
      結婚相手としてロミオはホンマ、反対案件ですよね。普通にパリスの方が良いですよ。
      ロミジュリに限らず演劇の主人公ってなーんか、問題ある人格が多い気がします。ハリウッド映画の主役とは違うなぁと思わずにいられません。

      愛月さんは滑舌が悪いですね。舞台に立つにあたり、かなり不利だと私は思います。
      しかしそれをもってしてもビジュアルが素晴らしく、ティボルトや死のお姿がピッタリでした。硬質な魅力、黒っぽい魅力な方で、黒と赤が良く合うように、赤い衣装もすごーくお似合いで。
      そうですね、ケンカ慣れしてそうなのにあっさり刺されちゃうのって疑問です。身のこなしからしてスルッと避ける事が出来そうですもんね。

      判官びいきですが、はい、もちろん、真の実力がある事が前提ですよね。
      宝塚の人事ではなーんか、真の実力とは違う選考基準があるような気がしないでもないし、一旦レールから外れたジェンヌさんに随分と冷たい雰囲気もあるので、ファンは余計に「実力があるのに・・・」と応援モードになるのかもしれません。私も今後の愛月さんの活躍が楽しみです。
      ですが、冷静になってみると、愛月さんの今のポジションはバランスが悪いと思っています。

      congaさんの仰るとおり愛月さんの魅力が礼真琴さんと「正反対」、これ、ホンマにその通りだと私も思います。
      礼さんより愛月さんがトップに見える瞬間があるのは、避けられないですね。歌ナシで横に並ぶと、存在感の面で愛月さんが圧倒的に有利ですので。
      礼さんロミオに愛月さん死がまとわりつくシーンってばなんか、トートがルドルフに絡むシーンを彷彿とさせましたよ。私の感覚ですが。
      で、こうゆうのってトップスター制度にミスマッチかなと、私は思います。
      トップスターが、トップスターのみがダントツに輝いている、そんな制度にミスマッチかな、と。

      しかも、congaさんがおっしゃるとおり、礼さんは男らしすぎる男にあこがれているのかもしれません。
      次回の星組公演の柳生忍法帖、原作のマンガ版を読んだのですがいろいろ思う事がありました。
      はっきり言って礼さんに合わないし、その他にも問題がいっぱいあってわざわざこの作品を宝塚化しなくてええんちゃう?な感じで。

      ま・・・
      あれこれ言っても私達には見守るしか出来ないですよね。
      次回のロミジュリA観劇が楽しみです。

      天真さんの書籍のサンプル画、傑作ですねー
      天真さんらしい。
      はい、宝塚カテゴリーの2位がアンアン、おもしろいですねw
      6位の望海さん表紙の5月号の影響かな?
      こういった雑誌ってオワコン気味だと思いますが、生き残るためなら宝塚でも美少年でも何でも採用する姿勢には頭が下がります。

      いつもいつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました