星組全ツ札幌(入口写真だけ)と北海道旅行

その他の宝塚

少しずつ書き溜めていた北海道旅行の記事をアップしま~す!
夫は「サッポロビール園に行きたい」、娘は「白い恋人パークに行きたい」と要望だけ言い、段取りはすべて私、関西の、たーがまとめました。
ツアコンたーの北海道旅行記事、長いですよぉ~、覚悟してくださいねw

千歳空港から札幌まではJR快速エアポートを使いました。30分くらいかな。長距離バスもあるんですが約1時間かかります。料金はどちらも1,000円ちょいで、バスだといろんなホテル前にも停車してくれるそう。

中央の赤茶色の建物が宿泊先のニューオータニイン札幌です。便利そうな立地でお手頃価格だったので選んだのですが、たまたま、すぐ近くに札幌文化芸術劇場hitaruが入っている札幌市民交流プラザがありました。
しかもね、これまた偶然なんですが、ちょうど星組の全ツが来ている時だったんです。

はからずも私は、自分の居住地周辺では大変に高い知名度と人気を誇る宝塚が地方ではどんな扱いを受けているかを目の当たりにする事になります・・・

こんなに立派なビルなのに、

星組全ツの案内はコンパクトそうなイベントと同じ扱いで載っていて、

ポスターにしたって劇場入口前のこれだけ・・・
全ツだとチケット入手しやすいなんて噂を聴きますが本当なんでしょうね、衝撃の経験でした。

衝撃と言えば、

ニューオータニイン札幌と札幌文化芸術劇場の間のビルに人気のスープカレー屋さんがあるんですけど、

独特の容器に入っていまして、「注目」部分がね、

衝撃の上げ底だったんですw
何これ?何のためにあるん?私にはイミフでした。

40分ほど待ったのにテーブルとカウンターに別れちゃったし、

決してお手頃価格でもないんですよね。
厳寒の地なのでさぞオペレーションが良いかと思えばそうでもなく、延々と客を待たせて、待っている間にメニューを見せてくれたりオーダーを取ってくれたりもナシ。
そしてオペレーションについてはこの店だけじゃなく、北海道気質なのかもとその後思うようになりました(後述します)。

もはや「ガッカリ名所」として有名かもしれぬ時計台ですが案外良かったですよ。
遠征で札幌文化芸術劇場に行く方には是非立ち寄りをおすすめします。歩いてすぐです。

その後地下鉄と歩きで、白い恋人パークへ。

ゴージャスな内装でした。アンティーク食器なども飾られており、ロマンティック好きな女の子やカップルにはピッタリかと。

事前調査でお菓子作り体験がある事を知り、申込しておきました。

私・・・

絵の才能がないんですw
娘は私よりだいぶ良い仕上がりになっていたのですが、娘のSNSに載せるから私のブログには載せちゃだめとの事でした。

この日はこれにて観光おしまい。

翌朝、朝食を食べに行ったらかなり混んでいました。整理券を受け取り待っていたんですがひとり、大声で怒っているおっちゃんがいましたね。「困るじゃないか!これから予定があるんだぞ!」ってああ良かったぁ、関西弁じゃなくってw となりの奥さん(らしき方)が申し訳なさそうな顔で小さくなっていました。

いたって普通のビュッフェかと。
ドリンクコーナーに「ソフトカツゲン」なるものがあり飲んでみたんですが甘さがハードでストロング!何がどうソフトなんだろう?

その後は札幌駅へ。

北海道と言えば旭山動物園やんな、潤さんは旭山出身やし、
と思い、「列車orレンタカーor定期観光バス」の中から選んだのは定期観光バスです。運営は北海道中央バスで、札幌駅構内に定期観光バス乗り場があります。

ちなみに札幌駅は外観こそ整えていますが中身はけっこう古くてさしてキレイじゃないですね。観光客が買い物するなら千歳空港の方がずっと良いです。

いかにもな観光バスに乗り込みました。
バスにして良かったです、本当に良かった。北海道ってマジで広くて、高速から降りたら「空と大地と道路」みたいな光景が延々続くんです。潤さんはこの広大な地でノビノビと育ったのでしょうね。トップ娘になった当初はややふっくらな印象でしたが、ソフトカツゲンを飲んでいたからでしょうか?ふふふ
広大な北海道は関西人の私には恐ろしいくらいでした、特に夜。不慣れな観光客が自力でレンタカーを運転するのはリスク高そうです。
電車だと旭山までは早いけれど動物園まで路線バスに乗らなくちゃいけないんですよね。ずっと座っているだけで安心安全に連れて行ってくれる定期観光バスはマジ、ベストチョイスだったと思っています。
しかもねぇ、電話予約するにあたり「台風で飛行機がキャンセルになるかもしれないんです」と相談したらなんと予約金不要で、しかも、当日キャンセルしてもペナルティがないとの事。台風じゃなくてもドタキャンOKだそうで、観光客に優しい神対応ぶりに感動しました。というわけで自信を持っておすすめすべく、北海道中央バスの定期観光コース一覧のリンクをご紹介しておきますね。

旭山動物園も、

青い池も、いっぺん行けば良いかな。青い池では「青いソフト」や「青いソーダ」まではさておき、「青いビール」だの「青い豚まん」だのまで売っていて商魂たくましすぎて苦笑しました。

四季彩の丘はいかにも北海道!な広大ぶりで、いつかラベンダーの季節に来たいと思いました。9月はすでにラベンダーは終わっていますが紫のサルビアが植えられていました。

なんせ広大なので、トラクターバスで巡るのは便利だったんですが・・・乗り心地がかなり悪かったw
サスペンションがないし道はジャリだしで、とにかく揺れるんですよ。思いがけず自らが北海道のじゃがいもやかぼちゃになった気分になりましたw

ツアーが終わるともう、夜。
すすきのに向かいました。

人気の居酒屋に行ったんですがだいぶ待たされました。
なんていうか、待たせる間のオペレーションがどうにもゆっくりな感じ?スープカレーの店と似た感じで・・・
お刺身は期待通りの美味しさでしたがこの量で3,000円ほどですからお手頃ではないですね。味はバッチリだったんですよ。特にうには人生で食べた中で一番おいしく、お茶碗いっぱいに食べたいほどでした。

海鮮NGな娘はエスカロップというデミカツ丼を食べていました。添え物のはずのポテトサラダの美味しさが感動モノでしたが、カツ丼そのものはいたって普通だったかと。

シマホッケは珍しいし美味しかったです。関西のスーパーで売られているのは真ホッケですね。
良い経験にはなったんですがこの店はレシートに総額しか載っていなかったんですよ。私としては頼んだものと照会したかった。わりと大型の有名店っぽいのに残念でした。

その後、娘のリクエストで観覧車に乗りました。私はアラフォーあたりから高所恐怖症気味になり、中でも観覧車が一番苦手です。ジリジリゆっくり上がって降りるのがどうにも怖いんですよ。
高いところに行きたいならさっぽろテレビ塔にしようと娘に伝えたんですよね、エレベーターで一気に上がるとマイ恐怖感がマイルドになるので。だけど娘のゴリ押しで結局、観覧車になっちゃいました。

次も、娘のゴリ押しで・・・

1時間以上も並んでシメパフェを頂きました。私は「混んでいるから諦めてコンビニなどで買い物してホテルでくつろごう」と説得したんですけどね。
でもってこの店、徹底的にオペレーションが悪かった。私の感覚だとね。
さんざん待たせるし、やっと座ってからもオーダーを取るまで時間がかかりすぎるし、パフェがやってくるのも遅くて、しかも3つバラバラに数分おきに持ってきたんです。とどめに店員さんから「撮影はパフェだけにして、店内は極力写さないでください」なんて注意されたんですよぉ。私、ハラワタがちょいと煮えましたw

美味しかったけれど待たせすぎだし高すぎだし、あまりに並んでいるから食べたらとっとと出ていかなくちゃいけないし、サービス面も腑に落ちずでサンザンでした。
たった3つの店だけですが、私の中では「北海道式の洗礼を受けた」と思っています。
ホテルは極めて一般的な対応をしてくれたんですけどね。古いですが大手系列のホテルにして良かったです。

それにね、ニューオータニイン札幌って、

超目の前に「北2条西1丁目」のバス停があり、サッポロビール園やサッポロビール博物館がある「サッポロガーデンパーク」に行くのに超超便利なんです!

しかもねぇ、サッポロガーデンパークって

となりにイトーヨーカドーなどが入っている商業施設があるんですよ。
予約まで時間があったので入ってみました。私は旅行時に、ローカルの方々が利用するスーパーに寄るのが大好きなので嬉しかったです。普段は車で旅行するんですが今回は飛行機だったので諦めていたんですよね。

ソフトカツゲンがど~んと売られていましたw これは要冷蔵なので持ち帰りは諦めましたが、

お土産用に北海道にしかなさそうなお品を選んで買い物しました。上の画像は帰宅してから撮影したものですw
リボンナポリンという炭酸飲料も北海道限定らしいですがこれがまた甘い甘い甘いっ!歯も脳も溶けそう。潤さんも飲んでいたのかな?
いろはすの北海道限定「ハスカップ」は甘さがほんのりでホッとしました。

サッポロビール博物館には自由に入れるんですが、ツアコンたーは過酷な試練を乗り越えてプレミアムツアーを予約しておきました。なんと、希望日の2週間前の「0時」に予約開始で、ふわぁ~、眠い眠いとあくびしている間に埋まるほどの激戦なんです。ただしキャンセルのペナルティはなく(「直前でも良いので電話いただけると嬉しいです」との事)、観光客への優しさを感じました。

ツアーそのものはまぁ、いっぺん参加すりゃ良いかなw
ツアー参加者のみいただける復刻版ビール(向かって左)は苦味が強めで美味しかったです。参加費500円は良心的かと。

博物館では歴代のポスターが展示されていまして、予約なしでも誰でも無料で観る事が出来ます。

黒木瞳さんのポスターもありました。ほら、宝塚ブログですからw
しかし実のところ、

幼い顔立ちの舞妓さん3人によるこのポスターの方がインパクト大でしたね。現在なら許されない状況ですが当時の実際の光景だったのでしょう。舞妓さんは「ぽっちり」と呼ばれる、大きくてゴージャスな帯留めを使うそうで、このポスターにも描かれています。

博物館のとなりにあるのがサッポロビール園です。

複数のホールがありまして、一番観光客向きな「ケッセルホール」を予約しておきました。入店時に大きなビニール袋を受け取りカバンなど入れるんですが高級な服やカバンは避ける方が良さそうですね。入口からして煙がすごいし店内全体がうっすら白かったですw

ラム肉をこんなにたくさん食べたのは始めてでしたが臭みなどなくとても美味しくいただきました。ただし、店内はモーレツな煙だし獣臭いので店を出ると髪の毛からつま先まで臭いプンプン。帰りのバスはまぁ、乗客みんな臭いからオッケーw
ニューオータニイン札幌にコインランドリーがあって良かったぁ~ 服を洗わずにスーツケースに突っ込んだらスーツケースの中すべてが臭くなっていたでしょう。

価格はしっかり観光地っぽかったですw
それでもあの広い空間で、北海道の形をした鉄板でジンギスカン出来て良い想い出になりました。
サッポロビール博物館やサッポロビール園でのオペレーションは実に円滑でしたよ。とはいえその後、ホテルそばにあるセイコーマート(北海道ローカルのコンビニ)に寄ったら店員さんの対応がそっけなくてまたも「関西とは違う」と思ったんですけどね。

観光らしい観光は以上になります。

この度は夫の権利(?)で、ANAのラウンジを使いました。
夫は出張が多くマイレージが溜まりやすいんですが、各種サービスを受けるにあたりそこそこ年会費がかかるそう。ドケチな夫が払うくらいなのでよっぽど優遇されるんだろうと推測していたものの想定以上でしたね、荷物を預けるにあたりワープ出来るし(ただし夫のみ)、手荷物検査もワープで(ただし夫のみ)、さらに無料のラウンジを使えるんですから(同乗者1名は無料、それ以上はポイントを使用)。

セルフサービスでアルコールを含む飲み放題な上に、持ち込み自由なのが良かった。

空港で買った海鮮丼を持ち込んでいただきました。空港で飲み物を買えば500円くらいするし、フードコートは混んでいるしでラウンジのありがたみを感じました。

ちなみにラウンジは2種類あり、私達が利用したのはスタンダードタイプらしいです。ゴージャスタイプだと食事も無料だそうですが、海外出張がない夫はゴージャスになるだけのマイレージがたまらないんだって。

偶然にも帰りの飛行機で「アプレジェンヌ」が流れていました。
旭山動物園へは意図的に行ったものの、星組全ツと重なるわ、飛行機内でアプレジェンヌだわで、「私ってば宝塚と縁があるのかも~♪」と思いながらの帰路となりました。

実のところ旅行が決まってから終わるまでメンタルへの負担が大きかったです。
「現地で発熱したらどうしよう?」と不安になったり、予約がちゃんと取れているのか気がかりで改めて電話で確認したりと、ツアコンとしての責任感がストレスだったんですよね。

それに、この度の旅行って「娘はお姫様、夫は財布で下僕、私はツアコン」に終始したんです。
夫と私は海鮮嫌いな娘のために二条市場など海鮮がらみの観光地を諦めたのに、娘は大混雑のシメパフェを諦めなかったし、観覧車が怖いという私の意見も娘が却下したんですからイラッとしました。
そして夫の下僕ぶりにはもっとイラッとしたんですよね。「まぁええやんか、俺もシメパフェ食いたいわ」とか、「観覧車の方が楽しそうやん」とか、とにかく娘ばかりフォローして・・・普段は並ぶのが大嫌いだし、観覧車も興味ないって言ってたのに。

なので私、次はソロ活で北海道に行きたいです。北海道の大自然と「店員さんの気質」をもっと体験したい。

以上・・・
6,000文字オーバーになってしまった北海道旅行記でした。最後まで読んでくださりありがとうございました。

楽天トラベル:宿泊予約
ニューオータニイン札幌の設備・アメニティ情報: 総部屋数340室。館内設備: レストラン、ラウンジ、バーラウンジ、宴会場、会議室、結婚式場、禁煙ルーム、売店、自動販売機、コインランドリー(有料)、他。部屋設備・備品: テレビ、衛星放送、有料ビデオ、電話、インターネット接続(無線LAN形式)、インターネット接続(一部、L...

古いですが立地が良く、札幌文化芸術劇場まで歩いてすぐなので遠征にもピッタリ!時計台やすすきのも徒歩圏だし、サッポロビール園へはホテル前のバス停からラクラク行けます。ホテル内にコインランドリーがあるのもポイントです。

コメント

  1. 宝塚好き より:

    たーさん、こんにちは!
    めちゃくちゃ読み応えありましたね!食い入るように見てしまった!(北海道行きたい!!)
    で、やはり一番気になるのは、、
    ソフトカツゲン!!!笑笑笑

    これ、カルピスみたいな?ヤクルトみたいな?濃厚な甘さが気になります!笑 たぶん、夫のストライクゾーン的な飲み物かと。

    あと、スープカレーの上げ底!!笑
    私的にも、その上げ底の意味が知りたい!
    いつか行きたいなぁ〜北海道!
    レポ面白かったです!

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      宝塚好きさん、6,000字を超える長文記事を読んでくださりありがとうございます。少々宝塚にこじつけているけれどほぼ旅行記事ですよねw
      はい、ソフトカツゲンは何がソフトなのかわからなかったですw 一応乳酸菌飲料のようですが、乳酸菌によるメリットより糖分によるデメリットの方が大きいかも。あら、ご主人は甘い飲み物がお好きなんですか?だったら好みかもしれませんが、飲んだら虫歯予防のうがいをする方が良いように思います。

      スープカレーの上げ底容器については他の読者さんが調べてくれまして、「トッピングのサクサク保持のためかも」との事でした。あと盛り付けを美しくする効果もあるかもしれません。だけど私にとってはただの上げ底。北海道で最初に口にしたのがこれだったのは洗礼の始まりだったのかもしれませんw

      我ながら文句が多い記事になってしまいましたが行って良かったですよ北海道。次はソロ活で、もっと日程をたっぷり取って行きたいなぁ。

      「面白かった」と褒めてくださり嬉しかったです。
      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. めい より:

    大変面白く読ませていただきました。
    スープカレーの器の上げ底は私も気になったので調べてみました。食べログのレビュー中に揚げ物のトッピングを頼んだら、その上げ底の上に置いてくれるのでサクサクのままで食べられる~と、ありましたので、そのためかもしれません。
    それにしても、このお店変ですね・・・隣の席が空いているようなのに何故カウンター席なんでしょう?
    札幌でスープカレーを何度か食べましたが、私のお勧めは空いててスグ入れる店です。カレーはどこで食べてもそんなに差が無い、特にスープカレーは差が無いように思います。札幌駅やすすきの辺りでそれなりに潰れずやってる店なら普通に美味しいです。

    お嬢さん、いつもお父さんにべったりですね~お父さん、何でも言うこと聞いてしまうでしょうね~
    これはかなりの才能かもしれません。将来、就職してから会社や役所で上司を上手く転がしてやっていける気がします。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      めいさん、面白く読んでいただけて嬉しいです。めいさんってご自身のブログ記事もお世辞ナシな方だから、そんな方に褒められると私、マジで良い記事を書いたような気分になります。

      スープカレーの器の上げ底について調べてくださりありがとうございます。トッピングのサクサク保持ですかぁ、なるほど。私もトッピングの盛り付けを美しくする効果はあるかもと思います。でもそれは帰宅して日にちが過ぎて改めて画像を見るからであり、現場では「上げ底や~」としか思わなかったですw

      ふふ、席に着いた時は隣のテーブルにまだお客さんがいたんです。で、注文が終わってしばらくした頃にお客さんが帰ったんですよね。私としてはせっかく家族で来たんですから移動したかったけれど、店員さんが勧めてくれなかったので諦めました。はい、私も空いている店で十分だったと思います。カレーって出来たてほど良いわけでもないしね。
      私はここにしたって並ぶのに気乗りしなかったんですが、うちのバカ娘が並ぶの大好きで。「並ぶほどありがたい」みたいな思想すら感じます。アホですよホンマ。

      この子は幼い頃からとにかく夫にベッタリでした。
      ただ、顔が顔だけに甘えが通用するのは夫だけでしょうね。もうちょっと美人ならいろんな男性を上手く転がせたかもしれないのに。
      ま、それで良いです。夫以外の男性に甘えるのはリスクも付き物ですから。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

    • 札幌のヅカファン より:

      たーさん初めまして。いつも楽しく読ませていただいてます。

      北海道在住のため現在進行形で大劇場で観劇されているたーさんがうらやましいです!

      さて、北海道の全ツ事情ですが、キョードー札幌の会員になり、会員先行予約の日に電話を掛け続け、繋がればチケットが大抵取れます(ご存知でしたらすみません)

      そもそも宝塚を知らない人が多いので、関東、関西よりはチケットが取りやすいかもしれません。

      ですが、コロナ禍前は千秋楽公演が多かったので、おそらく全ツを追いかけているであろう熱烈なファンの方もよくお見かけしました。

      全ツあるあるですが、朝夏さんが「北海道の皆さん楽しかったですかー?私もなまら(すごく)楽しかったです!!!」など方言を交えてお話してくれたり、礼さんが舞台上で白い恋人を食べていたり(アルジェの男)と良い思い出が多いです。

      hitaruは座席数が多く音も良いのでたーさんも機会があればまた札幌にいらしてください。

      ツアコンお疲れ様でした。
      私も宝塚へ遠征する時は母のツアコンをしてましたので懐かしいです。

      伊丹も羽田もいつも新千歳行きの搭乗口が一番遠くで空港内を歩きまわってました(笑)

      ご飯に関してはホテルのご飯かチェーン店で済ましていたので、今度はたーさんのように現地のご飯屋さんを調べて行くのもよいなと思いました。

      • 関西の、たー関西の、たー より:

        札幌のヅカファンさん、初めまして。この度はお初コメントをありがとうございます。
        はい、北海道は遠いですね。私の自宅から大劇場は徒歩圏でこそないものの十分に日帰り圏内で助かります。

        北海道の全ツ事情を教えてくださりありがとうございます。出来るものならソロ活で(これ重要w)3ヵ月ほど札幌で暮らしたいです。そして十分に札幌を満喫しまくってシメに宝塚の全ツをhitaruで観たいですね。そして千歳空港を満喫して帰路につく、と。
        先日はたった2泊3日で、しかも興味のないシメパフェに長時間を費やしてしまったりとロスが多かった。あと千歳空港では調子に乗って飲みすぎて探索の時間をあまりとる事が出来ませんでした。

        全ツはご当地グルメのアドリブがあったり出身者の紹介があるのが良いですね。梅芸だと何かの何とか覚えのごとくたこ焼きとお笑いが取り上げられて飽きてきたかもw 先日の月組全ツでは出身者さんがみんな漫才みたいな事をしていてね、まぁそのアルアルでしたww
        朝夏さんの「なまら」発言や礼さんの白い恋人、素敵な想い出ですね。白い恋人パークは想像より立派で、ここに行きたいと娘が言った事に感謝しています。
        ただ、ツアコンはとにかく疲れました。夫と私は価値観が異なっており、娘は夫に似たゆえの悲劇です。

        札幌のヅカファンさんはお母様のツアコンに努めたんですね。コロナが落ち着いたら再開出来ると良いですね。
        大劇場周辺のグルメはけっこう難しいですよ、敷居が高い雰囲気の店も多いし。私もこのブログがなければ宝塚南口のガストにばかり行っていたかも?
        有難い事にちょいちょいオススメ情報が入ってきますので、札幌のヅカファンさんが次の遠征で参考になるようなグルメ記事をアップ出来るよう今後も努めますね。

        この度は本当にありがとうございました。
        今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  3. こんちゃん より:

    関西の、たー様

    いつも楽しみに拝読しております。ライビュ専科の地方民です。

    たー様の、予約方法や注文の際のオペレーションなどをきちんと伝えてくださるレポ、たいへんためになりました。

    よく旅行する関西では、観光地での注文客のさばきかたの見事さに感心し、駅前やデパ地下のお店にふらっと入っても、価格と味のバランスで「観光客相手のお店に当たったなあ」と思うことはほとんど無いのですが、北海道では、関西の接客とはまた違う流儀がありそうですね。

    これまで北海道に旅行したことはないのですが、いつか旅行する時には、心に留めておきます(笑)

    北海道のドリンクがやたら甘い件、先日ピアノコンサートに行った際、ピアニストがロシアの音楽院に留学された方で、

    トークで「ロシア人は甘いものが好き!パンにジャムをこぼれるほど塗りたくって食べるほど。私も太って困った」とお話されていたのを思い出しました。北のエリアでは、寒さを乗り切るため、甘いものを食べてカロリーを取らねば!という本能が発動するのでしょうか?

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      こんちゃんさん、何とも愚痴の多いレポになってしまいましたが「ためになりました」と言っていただき嬉しいです。
      ちょっと迷ったんですよね、「スープカレー美味しかった」「青い池めっちゃキレイ」「トラクターバス最高」「おしゃれなシメパフェたち」みたいな旅行記にする方が良いような気もしていたんです。でもそれだと筆が進まないというかタイピングする指が動かない(当然頭も回っていない)ので、いつもの調子で仕上げました。

      こんちゃんさんはまだ北海道旅行したことがないんですね。いつかの時は参考にしていただけると幸いです。定期観光バスはマジでおすすめですよ~
      関西はねぇ、「せっかち」「コスパ重視」な人が多いかもしれません。この度北海道で行ったカレー・居酒屋・シメパフェのお店いずれも、あの価格とオペレーションでは関西では流行らない気がします。

      北海道ドリンクは「ハスカップいろはす」こそマイルドでしたが新しいお品ですよね、歴史あるソフトカツゲンやリボンナポリンの強烈な甘さからしてこちらが道民にとってデフォなのでしょう。
      ロシア人ってウォッカで手っ取り早くベロンベロンになるイメージでしたが甘いものもお好きなんですね。はい、寒さを乗り切るための知恵かもしれません。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  4. 昭和っ子 より:

    おかげさまで無事復活しました

    宝塚にも到着しました

    娘のおかげとは言うものの駐車場でほったらかされて1人時間潰しして、食べたくないのにフルールで公演限定スターバスケットを一人で食べてます( ; ; )

    娘は友達と何処へ行きました、チケ出しまでに帰ってくるのか不安

    北海道(笑)案外ター様と共通点があるのが嬉しい
    私はあんなに田舎コースだったのに
    また家に帰ったらゆっくりコメントさせてもらいます

    まぁ4回もワクチンしたのだから暫く遊ばせて!な気持ちです

    スターバスケットの感想も🧺(笑)
    来月もあるのかしら?
    これならロッテリアに行ったほうが良かったかも

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      昭和っ子さん、無事復活したそうで何よりです。
      駐車場でひとりほったらかしにされて、さして空腹でもないのに時間つぶしのためにフルールでスターバスケットですか~、お疲れ様です。
      スターバスケット、これで1,000円はちょっと高いですよね。ドリンクを付けて欲しいところです。

      娘さんは・・・母親が自分の意のままになって当然、と思っているかもしれませんね。細かな説明をしなくても「待ってて」と言えば母親は待ち続けて当然だと考えているような。自分は好きに動いているのに昭和っ子さんがちょっと電話に出なかったりすると怒ったりしませんか?

      昭和っ子さんは北海道にご主人と行ったんでしたよね。はい、またゆっくりコメントくださいね。お待ちしています。

      ワクチン、本当に大変でしたね。
      はい、頑張ったぶん遊びたいですよね。とはいえ無理はしないでくださいね。

      宙組千秋楽が開演しましたね。是非感想をお聞かせください。
      スターバスケットは公演ごとに内容をちょっぴり変えて続けているようですね。大劇場そばのロッテリアは古さが気になりませんか?もうちょっと明るくキレイに生まれ変わって欲しいです。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  5. 昭和っ子 より:

    昨日はフルールの待たされ時間にコメントをして失礼しました

    娘ちゃんとチケット受け取り時間前にフルールに迎えに来てくれました

    娘は宝塚に行くと(特に御贔屓関係)付き合いや友人が多いので忙しそう、私の知り合いでは無いから一緒にはいません
    2人位は娘の友人は私と親しい人もいますが
    千秋楽などはそれぞれの付き合いがあるから私は知らん顔してます
    知り合いと居たらLINEも既読無視!だろうな?って位で

    私に連絡が取れなくてもあまり怒りません、多分LINEや携帯を消音にしてるだろう?気にしない(私はかなり苛つく)

    待ち合わせなど案外行き違い多いです

    千秋楽?娘の御贔屓さんの席でしたが
    一階S席人からしたらいい席じゃない!って言われるが
    案外見切り席 昔から私も御贔屓さんファン時代よく貰いました
    とても人の頭気になる席

    真ん中を見なくて良いなら オペラを前の人が上げないなら見えるがあげたら見えない事も本当角度なんです
    私では無いが私の2人離れた方が幕間に後の方からエラく怒られて「頭動かすから見えないデス 動かさないで下さい!」言われ
    「私も前の人で見えません!」なんか聞いていて険悪

    確かに私も見えない場所があったが諦めて正面や花道の方見てました
    前の人に文句は言いません

    すいません千秋楽の感想で無く

    でも千秋楽はとても良かったですよ
    退団者の方への拍手も真風さんの完走出来ただけの喜びでなく
    ライブビューイングやライブ配信の方への言葉
    自分中心に語らないなんとなくの大らかさ
    退団者も真風さん大好きではなく宙組愛のあるコメント

    そして、潤花さんがキッチリトップとして育ってられてソロはまだチョットだけど
    (まどかちゃんも私はソロはそれほど好みでない)
    どちらも相手役さんとのハモリが綺麗
    特に今回 潤花さんが真風さんと歌うアーケードの上のシーンのハモリは私はなんだか胸がキュンとなりました

    雪組は来週の月曜日に取り継ぎのお知らせを貰いました
    それも楽しみ

    北海道 最初に食べたのかスープカレー
    私もただ私らは娘からの伝令でナビに住所入れて旦那が探してくれて更に店を写メして娘のOKの出た店
    なんかガソリンスタンドの跡地みたいな小屋みたい店
    ター様に写メが送れないのが残念だけど
    あんなに綺麗なお皿に乗っていません
    どこにでもあるでかいスープ皿でライスは洋食定食に出てくる平皿にライスドカン!
    さらに私ら夫婦チキンが食べられません
    選択が少ない
    私はキノコ 野菜ビーフにしました

    なんと私のキノコ?切っていません
    舞茸、エリンギ、しめじ?ほぼ半分位には来てるが軽く茹でてる位の硬さ

    旦那の野菜ビーフも茄子、人参、カボチャでかい更に牛肉かたまり
    ナイフで切るのがかなり苦労、下はスープカレーだから飛んだら服に付く

    北海道はやはり大胆と思いました

    後はセイコマート
    私は稚内で旦那がメガネのネジが外れて行方不明になったので接着剤とピンを買いに行きました
    めちゃめちゃ親切でした
    今から宗谷へ行くと言うのでわかり易い地図や情報案内をくれて
    朝だからスッキリする飴のサンプルもくれました
    やはり北海道でも田舎で私らよそ者には優しい
    これは昔娘とレンタカーむで九州阿蘇に行った時も感じました

    私らも本州の田舎者の香するのかも

    後共通はター様のご主人とうちの旦那の飛行機を使う率多分同じくらいかも
    我が娘もマイレージかなりありうちはJALの会員です
    娘が遠征に飛行機を使うのはこのカード
    さらにカード引き落としは旦那の銀行
    まだ20代前半で作ったので全部旦那が手配
    前は出張は娘が付いて行ってた時代も
    (自営だから)
    今は娘はちゃんと仕事してるから旦那の仕事からは離れてます

    次は北海道是非は小樽や函館もいいですよ
    娘さん向け?

    旦那様なら道北も面白いかも田舎でも案外お洒落なカフェもあるし(私らは行って無い)
    トレラーカーめちゃくちゃ乗りにくい、お尻痛い凸凹富良野でした
    層雲峡ケーブルで登りましたが曇りで何も見えませんでした
    あちらこちらの道の駅
    大したお土産ありません
    お土産はやはり千歳空港が揃ってました
    でも買ってません

    旦那だけ宗谷(最北端)でなぜか オホーツクの塩を買ってました??

    富良野駅前に行列の出来る居酒屋がありそこで私はローストビーフ丼、旦那がビールとシマホッケを頼んで半分わけしました
    なんか北海道らしく無い

    最終日は小樽の三角市場で海鮮丼を食べたがイクラが2人とも苦手でトビコにしてもらいました
    これくらいかな?北海道って

    4日も居たのにカレー 北見のラーメン 富良野の居酒屋、市場の中のゴチャゴチャの中の海鮮丼イクラ抜き

    後はコンビニや道の駅のオニギリか普通の三角サンド 紙コップのコーヒー

    見たのは海(日本海、オホーツク)山道、広い長い農園、後はエゾ鹿、放牧された牛

    そうそう旭川空港で飛行機!

    ター様ももう少し年齢を重ねられたらこう言う旅も楽しいかもしれませんよ

    でもソロ活には向いて無いかも

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      昭和っ子さん、娘さんはちゃんとお迎えに来てくれたんですね。
      確かに大劇場では、挨拶などで忙しそうにしている人を見る事があります。

      電話に出なくてイライラするのは昭和っ子さんなんですね。私もそうですよ。ひょいと電話した時ならまだしも、一緒に出かけていて別行動を取った時などはすぐに出てくれないとめっちゃムカつきます。娘がまさにイライラさせるタイプでして、夫もそうだから夫に似たんでしょう。私は同じ状況の時すぐに電話に出るんだけどなぁ。

      1階S席なのに見切れる席があるんですね。人の頭が気になる席ですか~
      そういえば読者さんから、着物で観劇したら後ろの観客から文句を言われたといった主旨のコメントをいただいた事があります。そうそうある事ではないと思っていましたが、昭和っ子さんもそんなケースにぶち当たったんですね。
      着物の読者さんは幕間で大劇場をあとにしたそうですし、昭和っ子さんのそばで起きたケースでは言い争いになったそうで・・・高額な席なのに悲しいですね。

      私はこういった感想を聞くのすごく好きですよ、ありがとうございます。もともと今後S席に座る事は当分ないとは思っていましたが改めて、1階A席や2階席だと舞台から離れるもののトラブルは起こりにくいんだなと思いました。

      真風さんのご挨拶、感動モノだったんですね。そして退団者の方々も宙組愛に溢れたコメントだったそうで。以前記事にしたんですが、友達が見せてくれた宙組本のポーズを真似して写真撮影した時に若翔りつさんを希峰かなたさんと思い込んでしまったんですよね。その後自分でも組本を買いましたがやはりこのレイアウトが悪いと思っているんですよ、だけどこのレイアウトのおかげでおふたりの事がすごく頭に入りハイローで注目していたんですよね。希峰さんの退団が寂しいです、赤く染めた髪がとてもお似合いでした。

      潤さんは進化しましたよね、かなり無理矢理っぽい宙組トップ娘就任であった事を忘れそうです。
      あら、昭和っ子さんは星風さんのソロもあまり好みじゃないんですか?うちの夫は巡礼の観劇で「おとぎの国に連れて行ってくれそう♪」とべた褒めだったんですよ。なので私はハイローで潤さんのソロを聴きながら、「(夫)ちゃんはどう思うかなぁ?ま、おとぎの国には行けないか」なんて思っていました。

      雪組は10月3日火曜日なんですね。こんなに迫ってから連絡が来るんですか~、セディナはすごーく前だし宝塚友の会にしたってかなり前だけど、ファンクラブ経由だと事情が異なるんですね。

      北海道では昭和っ子さんご夫婦もスープカレーを食べたんですね。ひょっとしたらあの上底容器はスープカレーのデフォか?とすら思ったんですが違うみたいですね。
      骨付きチキンを使うイメージなので、チキンがNGだと確かに選択肢が少なそう。キノコは油通しじゃなく湯通しだったんですか?私がいただいたスープカレーは野菜を油通ししていたように思いますから店によって違うんですね。ナイフで切りながらいただくスープカレーって面白そうだけれど当事者としては服を汚しちゃいけないから大変ですよね。
      私はこの度の旅行では「大胆さ」は感じなかったです。スープカレーも居酒屋もシメパフェも盛り付けに凝っていたし。札幌メインで、ツアーで旭山や美瑛に行っただけだったからでしょう。

      稚内ですか~、美瑛に負けないくらいに「空と大地と道路」な光景ではないかと想像しますがセイコーマートはあるんですね。親切にしてもらって良かったですね。私が行ったのはホテルモントレエーデルホフ札幌の中にあるコンパクトなセイコーマートでした。宿泊したニューオータニイン札幌のとなりにエーデルホフがあるんです。

      阿蘇にもレンタカーで行った事があるんですね。我が家もマイカーでフェリーで九州に上陸しあちこちドライブした事があります。阿蘇は大分の九重(くじゅう)から「やまなみハイウェイ」経由で阿蘇に行ったんですけどね、九重で泊まった某宿泊施設がかなりヤバくてまさに苦渋だらけでしたw 懐かしいです。

      昭和っ子さんの娘さんはJALなんですね。なんかしらんうちの夫はANAが好きで、そういえば新婚旅行のハワイもANAでした。
      カード引き落とし口座がずっとご主人のままなんですか?いやん、うちは娘の交通カードが私の口座と紐づいているままですから他人事じゃないです。
      以前はご主人の仕事に娘さんが同行していたんですね。うちの夫はサラリーマンなのでそういった事は出来ないんですがもし自営だったらやっていたでしょうww

      小樽や函館も良さそうですね。新千歳空港に着いて帰りもここにしたのがしくじりでした。帰りは新千歳で買い物したいけれど、到着するのは函館か旭川にしたら良かったです。
      次はもっと良いツアコンになれそう、だけどソロ活がいいかなw ラベンダーの季節に富良野に行きたいなぁ、ちなみに定期観光バスのガイドさんによるとラベンダーってあまり採算取れないらしいです(観光用との事)。
      ローストビーフやシマホッケって北海道っぽくないですか?私が食べたシマホッケすごく美味しかったです。ちなみにビールはクラシックでした?
      昭和っ子さんはご主人と宗谷岬にも行ったんですね。キャン、私ってば宗谷岬と襟裳岬がごっちゃになっていました(大恥)

      海鮮丼は私も食べたかったけれど、娘が海鮮NG、市場などのニオイも嫌うので避けました。本当に残念です。年齢的にも娘は自分の事しか頭にないんですね、倍ほどのトシになれば親に気遣ってくれるようになるかな?
      昭和っ子さんご夫婦はイクラをトビコに変えてもらったんですね。うちは夫婦とも魚卵全般大好きです。

      アラフィーの私は北海道の大自然が怖かったけれど、もっとトシとったらどうなるでしょう?案外開き直るかも?
      にしてもソロ活で旅行したいです。娘は「次は沖縄に行きたい」と言ってましたが・・・

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  6. いつもブログ読ませてもらってます

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      しろぽんの独り言さん、ご自身のブログをリンクしてあったので少しだけですが読ませていただきましたが挨拶から始まる記事が多くて驚きましたよ。不特定多数が読む記事では挨拶して、特定のひとりに初めて送るコメントでは挨拶しないのがしろぽんの独り言さんの流儀なんですね。

  7. 北関東のみー より:

     たーさんはじめまして、北関東のみーと申します。
     今まで密かにブログを愛読させていただいていましたが、今回初めてコメントさせていただきます。
     たーさんのお書きになるブログには、不思議な魅力というか中毒性を感じておりましたが、今回の北海道旅行記でその中毒性の素を発見いたしました。
     それは、「オペレーションが遅い」や「レシートが総額のみだった」など、スパイスのように挟まれる愚痴だと思います。
     昨今のSNSでは過剰にキラキラした面ばかりを強調しがちな中、たーさんの人間味溢れる文章にいつも楽しませていただいています。(お気を悪くされたらごめんなさい。)

     また、娘さんと旦那様のツアーコンダクターも大変お疲れ様でした。
     以前私も80代の祖母のツアコンをした経験があるので、共感いたしました。
     いつかのびのびとお一人旅を満喫できる時が来るといいですね。

     長文失礼しました。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      北関東のみーさん、はじめまして。
      このブログは「密かに愛読」してくれる方が多いようですね、勇気を出してコメントくださりありがとうございます。

      中毒性の素は「スパイスのように挟まれる愚痴」ですか~、ふふ、実は愚痴がメインなんですよw 愚痴を少しでもリアルに届けたくてその他の情報も詳しく書くように努めていますww

      私はSNSをやらないんですが娘がせっせと励んでいるので、あの世界が表面的なキラキラでまみれている事はわかっているつもりです。
      娘は友達のSNSに「青い池に行った、とてもキレイだった(実際はもっとチャラついた文章)」とあったのですごく期待していたのに、リアル青い池はそうでもなかった。なのに自分も良い事だけSNSにアップしていましたね。娘のiPhoneすごいんですよぉ、自動で青い池の画像をリアルの10倍ほど神秘的に加工してくれていましたwww

      全然「お気を悪くされたら」じゃないです、すごく嬉しいです。ありがとうございます。
      ただ、こんな私でもリアル生活では上っ面なお付き合いをそれなりに大切にしていますし、人当たりは決して悪くないつもり・・・とだけ付け足しておきます(自己申告ですがw)。

      北関東のみーさんは80代のお祖母さんのためにツアコンしたんですね。さぞ大変だったでしょう。
      お祖母さんは今もお元気ですか?私の祖母が80代だった頃、うちのマイカー(ミニバンゆえ車高がある)に乗せたら「この車は乗り降りが面倒じゃね」なんて言ったんですよね。その時は「もう二度と乗せてあげへん」と思ったものですが亡くなってしまうと「もっと(祖父母の自宅がある)広島に行けば良かった、文句なんて気にせず車であちこち連れて行ってあげれば良かった」と悔やみました。

      そうですね、いつかソロ活旅行を満喫したいです。まぁその、私のメンタル次第なのでしょうね。今でもやろうと思えば出来るのでしょうが結局あれこれ気にしてためらってしまいますので。加齢によって自分でも驚くほど心配性になっています。

      この度はコメントありがとうございました。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

      • ことり より:

        たーさん、お久しぶりです☆
        私もついこの間北海道行ってきたんですよ~
        私、TEAM NACSも好きでして、イベントに行くついでに北海道にいる友人と会うことにして、一泊二日というまたもや弾丸旅行してきました!
        記事の中で気になってたソフトカツゲンは、時間がなくて見付けられなかったので友人に聞いてみたら「子供が飲んでるかな~」って言ってました
        しかし北海道の冬はほんとに寒い!そりゃ当たり前ですね笑
        寒いわタイトスケジュールだわで大して何もできなかったので今度は季節の良いときにたーさんのプランを参考にゆっくり観光したいです☆

        今年の私の宝塚は蒼穹の昴で早々に終わりました。星組は外れちゃったので…(泣)
        年明けはうたかたの恋です。
        年末年始はひたすら仕事なので楽しみが遠いですが何とかやっていきます(遠い目)
        たーさんも体調気を付けて良いお年をお迎え下さい(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)

        • 関西の、たー関西の、たー より:

          ことりさん、弾丸で東京に行きギャッツビー観劇した次は北海道ですか~!お疲れ様でした!
          NACS、私も好きです。顔の感じは戸次さんがもうちょっと目が細いと完璧かなw あと北海道といえばGLAYのイメージですが今も活動しているのかな?

          ソフトカツゲンはセイコーマートでも扱っていたかと。ド甘いのにめっちゃ普及しているんですよね。確かに子どもが好きそうな味ですが虫歯が心配~
          うわー、やっぱ北海道の冬は寒いんですね。はい、スキーをするのでなければ冬以外が良いかもしれません。私としては春か秋にソロ活でひと月ほどステイしたいです。「ソロ活で」がポイントですwww

          ことりさんの宝塚観劇は蒼穹の昴で終わったんですね。私もすでに大劇場観劇は終わっているんです。2度目のルスダンはもう観たんですが記事を書かないままでした。
          理由は・・・その気にならなかったからかな、ただそれだけ。不満がないのでタイピングの指が動きにくくってwww
          ことりさんは東京のルスダンが外れたんですね。本当に残念です。宝塚は本当に特殊。
          いっそ四季や歌舞伎への浮気はいかがですか?チケット入手がずっとラクですから。ふふ、宝塚ブログの管理人が読者さんにその他ジャンルを勧めるのも妙かもしれませんね。だけど宝塚のチケ難はホンマ気持ちが萎えますよ、あるところにはあるんだろうしね。

          年末年始はお仕事なんですね。私はリアル生活が忙しくなりそうです。
          すでに複数のチケットが手元にありますしね、これらのためにも頑張ろうな気持ちになります。
          お互い体調に気をつけて良い年を迎えましょうね!

          いつもありがとうございます。
          今後もどうぞよろしくお願いいたします。

          • ことり より:

            たーさんも戸次さんですか!
            私も子残念(戸次ファンの事です)なんですよ~
            好きなタイプが似てるからたーさんのブログが好きなのかも知れませんね(^^)
            戸次さんも今は結婚して落ち着いちゃってますが、結婚前のやさぐれた残念な感じも良い味出してますよ笑

            そういえば、シゲちゃん(戸次さんのあだ名です)は片岡愛之助さんと「奇人たちの晩餐会」で一緒に舞台出てましたね
            水夏希さんも出てました
            物凄いセリフ量で圧倒されましたよ~
            愛之助さんの奥さんの斜め後ろの席だったので奥さんの美しさも印象深かったですね~

            四季はたまぁに観に行くんですが歌舞伎はなかなか機会がないですね
            今年の大河でブレイクした市川染五郎さんはいつか観てみたいです☆

            こちらこそ宝塚ブログにお邪魔しておきながら宝塚の話あんまりしてませんね(汗)
            もう宝塚は実家みたいなもんなので特に感想がないときの方が多くてイケマセンね~笑

            ではではお邪魔しました~
            またふらっと覗きにきますね☆

          • 関西の、たー関西の、たー より:

            ことりさん、「子残念」調べました、ふふ、戸次さんは男前なのに言動が残念で、そんな戸次さんのファンは子残念と呼ばれるようになったんですね。
            「子」がつくのは、大泉さんが自身のファンを「子猫ちゃん」と呼んでいたからだそうで。
            はい、戸次さんすごくイケメンですよね。私は男女関わらず薄めに整った顔の人が好きです。

            「奇人たちの晩餐会」は今年6~7月にやっていたんですね。大阪でもやっていたそうで。
            愛之助さんは顔が広いですね、芸の幅も広いし。歌舞伎での愛之助さんって本当にすごくてねぇ、一般家庭出身なのにああも出世しただけの事はあります。
            でね・・・愛之助さんって、案外、プロポーションはパッとしないんです。背が低めで、首も腕も脚も太く短めかと。
            ゆえにお相手にはプロポーション抜群の方を求めているのかもしれませんね。奥さんは顔もですがプロポーションが素晴らしいですから。

            歌舞伎って楽しいです、イヤホンガイドを使う事が前提ですけどw
            市川染五郎さんはNHKで放送された「松浦の太鼓」でアンサンブル出演していましたが、そんなイケメン?大河ではもっと美しく映っていたのかなぁ?
            お父さんの松本幸四郎さんは大阪松竹座で拝みましてすごく良かった。幸四郎さんも愛之助さんも中村獅童さんもアラフィフで、今まさに全盛期ではないかと。

            いろんな宝塚ブログがあっても良いように思っています。
            宝塚の様式美は歌舞伎のパクリから始まっているから歌舞伎はむしろ宝塚ブログ向けだと私は思っていますし、宝塚ブロガーの子どもの恋愛事情を記事にしたって良いかと。
            ふふ、ことりさんにとって宝塚は「実家みたいなもん」なんですね。私はまだまだ素人ですが確かに「特に感想がない」時ってあります。イケマセン?笑 

            いつもありがとうございます。
            またふらっと覗きにきてくださいね、お待ちしております。
            今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました