[はいから]その他感想をあれこれ

大劇場公演

「はいからさんが通る」観劇では永久輝せあさんへの気持ちをまず先に、記事にしました。この記事ではその他の感想をサラッと書きます。

 [はいから]感想あれこれ

歌唱力、柚香光はキープで華優希はアップ

柚香さんは歌い出すと、喉に何か絡まっているかのごとくかすれる事が多かったです。これ、マイナス評価じゃないんですよ。もうすっかり柚香さんのこういった歌声に馴染んでいますので、久しぶりに大劇場で聞く事が出来て本当に嬉しかった。気持ちよく聞かせていただきました。

むしろ、華優希さんが歌、めっちゃ上手になっていてゾワゾワッ!としたくらいですw

思わず「口パク???」って双眼鏡でお口元を凝視してしまいました。B席なので判断に限界はありますがちゃーんと歌っていたと思います。お芝居は何度か噛んでいましたが、噛んだ後も何事もなかったかのようにする「スルー技術力」がアップしていて観客もスルーしやすかったように感じました。

あきら冬星良かった!ちなつのおかげだね!

少女漫画との親和性が高い宝塚とはいえ冬星はかなりの難題です。冬星のビジュアルをジェンヌとはいえど生身の人間が叶える事は困難なのではないかと。前回の「ちなつ冬星」を配信で観てそう、思ったんですね。

ですが、今回の「あきら冬星」、良かったです!すっごくすんなりと受け入れる事が出来ました。これはひとえに、鳳月さんが「リアル人間が演じる冬星」の慣らしをしてくれたからでしょう。最初に瀬戸さんが冬星をしていたら、次の鳳月さんの冬星で馴染みを感じたと思います。

私はけっこうウィッグに注目するんですが、鳳月さんのウィッグは「冬星に忠実」なデザインのように感じましたし、瀬戸さんのウィッグは「かぶりこなすのが難しいロン毛ウィッグを自分にマッチさせる」を主眼にしたデザインのように感じました。冬星に寄せるというより、瀬戸さんに似合うデザインだったというか。色を金髪にしたらオスカルになりそうなウィッグでした。なので、ちなつ冬星を知らなくても、オスカルに慣れている観客なら受け入れやすいような。

羽立光来がまた、ひどい男を

羽立さんは冬星の父親として出てきますが、他にも「焼香に来た吉次を追い出す、忍の親族」も演じているんですね。

その様子が・・・

「A Fairy Tale」で羽立さんが華優希さん演じる妻をぶち、「嫌なら出ていけー!」と怒鳴ったシーンとかぶりました。

ううっ、羽立さん、またひどい男を演じてる!歌もないし。花組に欠かせぬ演技派なんですからもうちょっと良い役付けて欲しいです。冬星の父親としてもほぼ存在感なかったし。

東京出身の飛龍つかさが関西でギャグ

飛龍さんは存在感アリアリの牛五郎として大活躍!ギャグもお上手でした。大劇場のある宝塚周辺って気取っているというかすましているところがありますがw、すぐそばにお笑いの本場、大阪があるんです。関西人はギャグ、お笑いの目が肥えていて、特に東京出身者には厳しさ増量しがちなんですが、飛龍さんは十分に面白かったと私は思います。余談になりますが「CASANOVA」の柚香さんのギャグは完全にスベっていたので、その後あの路線を狙わず良かったとホッとしています。

飛龍さんは歌上手の評価が高いのに歌がなかったのは残念ですが、今後に期待しています。

鞠花ゆめ、末はゾフィーか、カルロッタか

これまでノーマークだった鞠花ゆめさん、良かったです!評判通りの実力派ですね。あの眉毛は原作の如月に寄せているのでしょうが、私としてはゾフィーやカルロッタが思い浮かびました。冗談抜きに本当に、ゾフィーやカルロッタを演じて欲しいです。ってもし過去に演じていたらすみません。鞠花さん単独のウィキを見つける事が出来ず経歴を確認出来ませんでした。

水美舞斗はまぶたも鍛えているのか

で、愛しの愛しの、水美さん。

急に乙女モードなりますが・・・本当に本当に、水美さんに会いたかったから・・・会えた喜びで胸いっぱいになって細かなところうんぬんではなく、その存在そのものに感謝していました。

強いて言えば水美さんはずっと左目を閉じていましたがこれ、テープを使うなどじゃなく自力で閉じ続けているのかな?筋肉番長ゆえまぶたも鍛えているのかも?なんて思ったくらいです。

コロナ自粛の間「宝塚はマイティを粗末に扱っている!」という怒りを膨らませていた私ですが、舞台ではソロもあり、銀橋テクテク(ツカツカかな?)もありました。

生観劇しないと感情が淀む

前回の記事で書いた永久輝さんについてもそうなんですが、どうも私は、生観劇をしないと感情がマイナス方面に偏りがちのようです。当初の予定通りに3月に公演が始まり観劇していれば、永久輝さんや宝塚へのマイナスイメージをここまでこじらせる事はなかったでしょう。

今後も生観劇をして、舞台で感じた事を大切にしよう!と決めました。

愛用している双眼鏡です。

Amazon.co.jp: PENTAX 双眼鏡 UP 8x21 ブラック 小型軽量 フルマルチコーティング 高級プリズムBak4搭載 (8倍) フェス ライブ コンサート スポーツ観戦 メーカー保証1年 ペンタックス 61801: カメラ
家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、PENTAX 双眼鏡 UP 8x21 ブラック 小型軽量 フルマルチコーティング 高級プリズムBak4搭載 (8倍) フェス ライブ コンサート スポーツ観戦 メーカー保証1年 ペンタックス 61801を通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品な...

コメント

  1. Mika より:

    こんにちは、たーさん。

    たーさんの花組観劇の記事を待っていました~。

    昨日は本当に宝塚界隈はすごい豪雨で、丁度観劇が終わる頃から雷ピカピカ滝のような雨で、観劇が終わった方は大変だろうなと思っていました。

    たーさんも30日とお聞きしていたので帰途というか駅までが大変だろうなと思いをはせておりました。一方私は降り始めの頃に、雨だ、チャンスだ(人が少ないだろう)夕食の買い出しに近くのスーパーへ出かけておりまして、帰りに豪雨の洗礼を受けていたところでした。

    最初に永久輝せあちゃんの記事が出ておりましたね、私は以前の記事に特に毒気を感じなかったのですがね、でも輝いておりましたね舞台で。出てくるだけで目が行くのは、もって生まれた華でございましょう。

    冬星あきら、よかったですよね、
    私は以前のはいからさんを見ずに(すごく見たかったんですが、花組トップお披露目が最初のはいからさんにしたかったんです。)大劇場が初見だったんですが、すごくよかったです。
    面白みもあるし、「来たな、恋人」ってとこが好きです。

    水美さん
    恰好よかったですね、
    たーさんは、水美さん超推しなのでしょうか。(お誕生日の薔薇の辺りで気づくべきでした)
    フィナーレの群舞は、水美さん無しでは物足りない、トップさんがいて、周りを固める美形でダンスができる方々がいる、ってのが今の花組の魅力でしょうか。いつも男役群舞の時はざーーと鳥肌が立ちますけど、今回もね。

    昨日は、大正バージョンだったんですね、軍服の群舞、見たいなぁ。
    黒燕尾もそれはそれはすてきでした。
    こういうの、本当に宝塚は罪作りだと思います。ね。

    ではでは、これからも記事を楽しみにしております。

    PS
    こちらのコメント載せていただいて大丈夫です!

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      Mikaさん、ホンマ、昨日の雨はひどかったですね。食料調達お疲れさまでした。私も本当は帰りに自宅そばのスーパーで買い物したかったのですが断念したんです。
      雨はサンザンでしたが、私の胸アツは冷める事なかったですよw
      はい、永久輝さんは本当に輝いていました。持って生まれた華が宝塚で見事に輝きまくりというか。花組に異動してから霞がかったフィルター越しに捉えていた事を悔やんでいます。

      水美さんは円盤でマデレーネ姿のムキムキバレエを観た時にガツーンと来てその後、果てしないほどの魅力実力と、しかしながら野心に乏しそうなところ、ひっくるめて全部大好きです。
      はい、今の花組は柚香さん単独ではちょっと危うそうな、そこがおいしいと私も思います。
      軍服姿の大正バージョン、ホンマ良かったです!燕尾の浪漫バージョンもさぞカッコ良いんでしょうね。どうにかスケジュール調整して私も浪漫はバージョン観たいです!

      そうそう昨日はフィナーレでの選抜4名(瀬戸さん、水美さん、永久輝さん、聖乃さん)のダンスで聖乃さんだけがちょいと、0.1テンポほどズレていた気がするのですがMikaさんが観劇した時はどうでしたか?こういったところがまた、宝塚の良さな気がします。聖乃さんホンマ美人ですよね。サーシャやラリサの前で日舞(?)を披露するシーンの聖乃さん、日本人形みたいでした。

      冬星の「来たな、恋人」は原作のままなんですよ。今原作を確認したらセリフは「きたな・・・恋人」でした。冬星は男気のあるキャラなので、鳳月さんや瀬戸さんといった男気がずば抜けているジェンヌさんにぴったりですね。

      ありがたくコメント、承認させていただきました。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました