松竹新喜劇、「何か騙された気がする」観劇感想

ジェンヌさん

ねぇねぇ、ちょいと、聞いてくださいな。

2021年松竹新喜劇 錦秋公演、ポスターでは存在感ある藤山扇治郎さん(北翔海莉さんのご主人)だけど・・・

こんなポスターを見たら、北翔海莉さんのご主人である藤山扇治郎さん、めっちゃ出ずっぱりだと思いません?白く囲んであるのが扇治郎さんです。すごく大きいでしょ?存在感アリアリでしょ?
私はこのポスターを観てただただ、みっちゃんダンナさんを拝みたく、観劇を決断したんです。

宝塚の公演じゃないし、OGが出ているわけでもない。
でもOGのご主人が出ているんですから立派な宝塚関連ですw
しかもそのOGが、あの、北翔さんですよ!
もういっぺんお伝えしますが私はただただ、みっちゃんダンナさんを拝みたかった。

松竹新喜劇は今年7月に南座で初体験しました。オハイソな雰囲気の北翔さんなのに、ご主人が坊主頭で舞台に出るとの事でむちゃくちゃたまげて興味を持ったんです。しかもOSKの前トップスター、桐生麻耶さんもゲスト出演していて私にとって「ひと観劇で興味ある人をふたり楽しめる」作品でした。

まぁその、お芝居の内容そのものは、正直、私にとってはうーんその、どうも・・・な感じ。
あまりにもあまりにも、平和でね・・・
同じ劇場で歌舞伎もやるけれど、全然違うんですよね。新喜劇はとにかく平和主義で、置屋も遊女も、呪いも仇討ちも出てこない。もちろん誰も殺されたりしない。実にほのぼのとした時間がゆったり流れます。
新喜劇を観て「私はドロドロな歌舞伎の方が好きだ」とよーくわかりましたw
それでもこの新喜劇では興味ある人ふたり、みっちゃんダンナさんと桐生さんの演技を満喫させてはいただきました。桐生さんはホンマすごいんですよ。OSKはもちろん宝塚やハウステンボスとひっくるめても「唯一無二の男役」の肩書が本当に似合う方です。

今回の大阪松竹座公演には桐生さんはおらず、ただただ、ただただみっちゃんダンナさんを楽しみにしていたのですが・・・

なんと、幕間の休憩時間を入れて3時間の中で、みっちゃんダンナさんの登場はトータルで10分ほどでした。

二本立てのお芝居で、演者さんによって1幕のみ、2幕のみ、どちらにも出るといろいろです。
みっちゃんダンナさんは2幕のみで、しかも2幕が始まり30分ほど過ぎてようやくのご登場。なのにすぐに引っ込み、そしてそしてそして・・・お芝居のシメの、一番むちゃくちゃ美味しいところをかっさらう、そんな役でした。

もうねぇ、正直、騙されたような気がしましたよ。
ポスターに出ている大きさと舞台での登場頻度が全く、リンクしていないんですから。

「みっちゃんダンナ」の大きな看板をかかげるレストランに入り、みっちゃんダンナ定食を頼んだのに、その他のおかずなどばかりが出てきて、メインが出てくるのが遅すぎて待ちくたびれてイラ立つほどになって、ようやくみっちゃんダンナが出てきたかと思ったら、ほんのちょっぴり・・・

そんな感じでした。

でね・・・
はっきり言って、総合的な「みっちゃんダンナ定食」としても、私としてはイマイチだったんです。
お芝居の内容があまりに単純で、なのに(私の感覚で言うと)ダラダラ長くって。
とにかくとにかく、テンポが遅かった。1幕は95分のお芝居ですがこれ、60分、いや、45分で済むお話なんですよ。2幕の55分のお芝居も30分で済む話を引き伸ばした感じで。
どちらのお芝居もあまりに単純なストーリーで、ネタバレしようって気持ちにもなりません。
この、さして複雑でも刺激的でもないストーリーを演者さん達が引っ張りに引っ張りまくるところが松竹新喜劇のウリなんでしょう。こういったところが好きな方もいるんでしょう。ただ私には合いませんでした。

1幕のお芝居「お家はんと直どん」はNHKの朝ドラ「おちょやん」でも使われていたそうです。
この朝ドラで「両親は不倫関係だった」と日本中にバラされてしまった三代目渋谷天外さんは1幕には出ていませんでしたが、2幕では主役格でほぼ出ずっぱりでした。御年66ですしね、スネてとかじゃなくいろんな諸事情あっての事でしょう。

新喜劇ってお芝居の内容は平和でも、関わる演者さんたちはいろいろ複雑なのかもしれませんね。
喜劇のルーツである「渋谷」「藤山(みっちゃんダンナさんはここ)」「曾我廼家(そがのや・名のみ継いでおり血は継いでいない)」御三家でいろいろゴチャゴチャしているんだろうという推測が、お芝居そのものより楽しかったです。

とはいえ私の中では
「もう、新喜劇は、いいわ」
と、打ち止めの鐘が鳴りました。

次はお正月に南座で公演があるんですね。みっちゃんダンナさんは果たしてどのくらい登場するのか、気にならないわけじゃないけれど、私は行かないです。

脳内の鐘の音が鳴りっぱなしなまま、大阪松竹座を後にしました。

「みるく饅頭」で有名なお店「月化粧」へ。
ここね、

焼き立てを1個からバラ売りしてくれ、店内で食べる事が出来るんです。

和菓子 洋菓子 月化粧の青木松風庵

楽天に直営店がありました。

その後、高島屋ではちょっとしたお祝いの品を買う事に。
食べてなくなるものが良い、わかりやすいブランドが良いとGODIVAを選び、無難な箱入りクッキーにするつもりだったのにこの缶入りのアソートがあまりにかわいくて買ってしまいました。

Amazon | 【公式】 ゴディバ (GODIVA) クッキー&チョコレート アソートメント(クッキー8枚 / チョコレート13粒) | GODIVA | チョコレート菓子 通販
【公式】 ゴディバ (GODIVA) クッキー&チョコレート アソートメント(クッキー8枚 / チョコレート13粒)がチョコレート菓子ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

アマゾンではクッキーなどの扱いがあります。

コメント

  1. 昭和っ子 より:

    松竹新喜劇行かれたのですね

    大阪は松竹新喜劇と吉本新喜劇が主流ですよね

    私らの親は松竹はちゃんとした喜劇、吉本はギャグやお笑いで寄席の後に着く芝居って目で見て、渋谷、曽我廼家が一番て藤山寛美さんは若手イメージだったみたいですよ

    それにしてもみっちゃんが藤山さんと結婚なさって、渋谷天外さんの後妻?もほんの少し宝塚音楽学校にいらっしゃた?と言う噂
    曽我廼家さんの奥様は私の子供の頃、ダンサーとして名をはせてられたかなりベテランの宝塚の方

    なんか縁のない様で繋がっているのかな?

    藤山さんは基本お孫さんになり
    まだ若手だから出番も少ないのでしょうね

    おちょやんには今の天外さん、扇次郎さんもチョット出てられて面白いなあと思いました

    朝ドラ関西NHKは松竹や吉本の方も出られるのに中々全国版にはなりませんね

    丁度今週のコープチケットの申し込みに南座の新喜劇と渡辺りえさんときむら緑子さんの舞台の申し込みが割引チケットで出てました
    割引きと言っても高い
    松竹座は玉三郎さんの舞踊会?もチョット割引きでありましたが
    やはり高い

    マイフェアレディとインツウザウッドもありましたが
    値引きなし
    「I NTO THE WOODS」は既にチケット手配はしてあるので

    今回のコープチケットはパスしました

    一月中頃が予定がいっぱいなので
    下旬何か楽しい観劇をしたいものです

    月組?友の会が当たれば、星組の時の教訓で回数を友の会に入力するのはやめて一公演のみ入力します
    当たらなかったら一般でと思うようにしました

    でも、入力しますよ ステイタスを上げる為^_^

    七海ひろきさんのフランケンシュタインっても面白そう、ミュージカルではないみたいですね

    今からプロミセスプロミセス見て来ます
    多分大不倫大会みたな作品らしい
    娘の御贔屓さんが出ているので
    渋い人です

    娘曰く 面白い!
    不倫は文化  石田純一のあの言葉思い出します

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      昭和っ子さん、やっぱりプロミセス、プロミセスのチケット入手していたんですね。私ってばピーンときちゃったw
      もう観劇したんですよね?是非感想をお聞かせくださいね!
      まぁそのベースがベースなだけに不倫大会になっちゃうのは仕方ないかもしれませんね。それでもブロードウェイミュージカルですから最後は楽しく大団円じゃないかと私は思っています。どうでした???
      不倫は文化ですかぁ、懐かしいですね。石田さんはいつまでも子どものよう。相当忍耐強そうな奥さんも、いいかげん堪忍袋の緒が切れるかもしれません。

      望海さんのINTO・・・もすでにチケット手配済みだそうで、準備万端ですね。いつも綱渡り状態な私としては羨ましい限りです。
      七海さんは彩凪さんと仲良しなのでしょうか、フランケンシュタインだけでなくディナーショーもご一緒だそうで。
      このままコロナが落ち着いていれば12月はあちこちのホテルで従来の、いろんな有名人のディナーショーが花盛りな世界が戻ってくるかもしれませんね。
      って、ひょっとして昭和っ子さん、ディナーショーの予定も入りまくりだったりして?

      コープチケット、昭和っ子さんには案内がこまめに届くようですがネットでは関東の公演しか出てこないです。
      南座の新喜劇はお正月公演で、よりいっそうほのぼのとした内容なんでしょうね。
      私は宝塚や尼崎に住んでいたのにおちょやんを観るまで松竹新喜劇は知りませんでした。吉本新喜劇は知っていたけれど興味がなかったし。

      松竹の方がちゃんとした喜劇だったんですね。そういえば、吉本はカジュアルな衣装でのお芝居ってイメージですが松竹は着物にお金をかけている気がします。帯の結び方も普通の太鼓じゃなく、なんかすごく粋だったりで。歴史あるぶん、こういったところで手抜きしないのかも。
      ただ、今後の継続が明るいようには私には見えなかったです。観客が少なめで、全体的に年齢層が高かったし。あのゆっくりしたストーリー展開が松竹新喜劇の持ち味なのかもしれませんが、生き残るためにはバーチャルトップ娘もフラメンコとの融合も受け入れる歌舞伎のようなガツガツさも欲しいと私は思いました。北翔さんの息子さんが将来どうなるのか気になります。

      松竹と宝塚は縄張りが完全に別れていますが、中では繋がりがありそうですね。
      芸能の世界って広いようで狭いのかもしれません。
      今後も出来る範囲でいろんな観劇を楽しみたいです。大阪松竹座のお正月公演も本当は観に行きたいんですが、タマ様公演はタマ様加算があるのか、高いですよね。せっかくの藤娘なんだけどなぁ。

      いつもありがとうございます。
      プロミセス、プロミセスの感想、是非お聞かせくださいね!
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. 昭和っ子 より:

    チケットな謎?
    プロミセス プロミセスは阪急交通社の貸切でした
    友人が毎回阪急交通社はチケットを取っていて今回もそのルートでとってくれました
    友人は平日で行けなかったので私ともう一人友人の知り合い(私は知らない人)
    芹香さんの出る公演はファンクラブや友の会でも見られない外箱でも阪急交通社強い味方

    昔は星組は全面的にコーナンの貸切人気ありましたよね
    あれはお嬢様が星組?もっぱらの噂

    「プロミセス プロミセス」
    アメリカの保険会社のサラリーマンの男社会の話だから
    チョット今の主婦にはあまり共感出来ないかも

    不倫なんて気にしない頭の軽い女やめちゃめちゃ心も身体も強い女は不倫向きだけど
    フラン(天彩)見たいな女性は可哀想
    シェルドレーク(和希)は私から見たらズルい男自分の地位も利用して妻との離婚をチラつかせ不倫する
    これは許せない

    まあ最後は芹香、天彩コンビでハッピーですが

    フランが本当に好きなのがいつまでもシェルドレークならチャック(芹香)可哀想?目線の私の感想

    出演者的には和希さん輝月さん留依さん
    歌うま過ぎ!
    そうなると芹香さんがチョット歌うまとは思えない
    重役4人カルテットも踊るし歌うしモブでも出てるし目立つ
    娘役は浮気相手か気の強い秘書(元愛人)位しか役が無い
    出番は多いんだけど
    仕方がないですよね
    B Wミュージカルはそんなもんかな?
    私は「ナイワ」の方が好きかも

    芹香さんは若く恋も不器用、でも結構お人好し歌は沢山歌います

    留依さんは愛海さんの代役(行きずりの女)らしいが
    多分本役(フランの兄)
    だけならすごく物足りない
    女役絶品です!

    ター様風に芹香さんのトップへの道も考えました
    心配はいらないと思いますが、チャックは若い役なので野心もチョビット

    B Wミュージカルだからフィナーレとかも付かない
    あまりコンビ萌えはしない作品です
    芹香さんにも^_^俺様^_^見たいな作品やらしてあげたいです

    是非、「アパートの鍵貸します」の映画 YouTubeとかでもハイライト見たいな部分もあります
    それでも十分理解できます

    話は変わりますが
    松竹と宝塚、案外宝塚のOGさんが競演されていますよ

    私は真琴つばささんが笠置しず子さんをされたのを観に行った時(松竹座)当時O S Kのスターさんだった桜花昇ぼるさんと競演でアンサンブルにも若手のO S Kの方が沢山出られていました

    割と最近は元雪組のトップ娘役の舞羽美海ちゃんがO S Kに入りたい女の子をされていてその主人公お友達がO S Kの方でした

    でもその時もベテランの松竹新喜劇の方が出てられてかなりお年か病み上がりとか挨拶で話されていたのですが
    セリフは忘れるわ
    動きは悪いわ
    やはりベテラン重視の松竹新喜劇もドンドン若手を育てないとね

    新春は全国タレント久本雅美さんが目玉にしてるのかもしれませんね
    コープのチラシに曽我廼家のルーツで見たいな事が書いてました

    宝塚みたいにワクワクでは無く
    お年寄りホッコリを目指してられるんでしょうね
    自分の劇場を持ってられるのは強いですね

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      昭和っ子さん、プロミセス、プロミセスの感想ありがとうございます!
      阪急交通社というワザがあるんですね!確認しましたところ「夢組」なるメールマガジンがあるそうで、無料との事ですし登録してみました。ワクワクです!
      教えてくださりありがとうございます。

      星組ははい、コーナンが貸切公演していましたね。紅さんの公演の時に応募したのですがハズレてしまって。コロナのせいかな、礼さんになってからはやっていないようです。
      私、涼紫央さん大好きです!コーナン姫と呼ばれているくらいだし、そういった方なのでしょう。結婚してお子さん3人いてと幸せそうですよね。メイン活動がインスタグラムになって残念です、インスタはアカウントを持っていないと閲覧すら困難ですので。
      コーナンと言えば私が子どもの頃はジャパンというホームセンターがコーナンと競っていたんですが、随分と差が出たような。

      はぁ、プロミセス、プロミセス・・・
      「アパートの鍵貸します」は安価なDVDは出ていますが無料のプライムビデオのリストにはないですね。はぁ、なんでこんな作品を選んだんだろう(涙)

      輝月さん和希さんの歌上手ぶりは知っていますが、留依さんもお上手なんですね。97期主席だそうで。いきなりの二役は大変だったでしょうが、能力をフルで発揮出来たんですね。
      和希さんはずるい男ですか・・・さぞ素晴らしい演技なんでしょうね。夢千鳥ではダメダメ男を熱演していたし。超嫌いなタイプの男を大好きな和希さんが演じるのって葛藤があったのですが、この度のようにライブ配信ですら観る事が出来ないとなるともっと残念です。

      芹香さんは決して歌下手ではないと思うんですが、和希さん輝月さんは特別うまいですもんね。
      ブロードウェイミュージカルゆえナンバーひとつひとつ、良いんでしょうね。ナイワでも知っている歌がチラホラ出ていましたし。ああホンマ、聴きたかった・・・
      フィナーレがないんですね。一切ナシ?ナイワではフィナーレっぽいのがあったように思うんですが。

      残念残念と嘆いてばかりいても仕方ないですよね。
      私はこんな、多くのファンにとって幻となってしまいそうな公演が芹香さんへのハナムケになんかなるはずない!って思うようになりました。
      トップになってくれると思っています。

      桜花昇ぼるさん!
      春のおどりは私と娘で別々の日に観たのですが娘が観た時に桜花さんがいたそうです。
      大スターOGなのに3階席の隅っこにいたそうです。それでもすごいオーラ感があったそうですよ。
      桜花さんの次にトップになった高世麻央さんは、真飛聖さんとすごく仲良しだそうですね。
      ジェンヌさんにせよOSKスターさんにせよ、同じ受験スクールに通っていたりする事が珍しくないそうで。

      舞羽美海さんは音月桂さんの奥さんだったんですね。短期間での添い遂げ退団で、音月さんともども残念でしたね。
      私は約10年前まだ宝塚ファンではなかったけれどそれでも聞く限りいろいろ大変だったようなので、似たような事が今後の花組で起こってしまわないよう切に願っています。

      松竹新喜劇ははい、ベテラン重視ですね。私が大阪松竹座で観た新喜劇でもひとり、かなり高齢の方がいました。が、それでも、みっちゃんダンナさんより出番が多かったですよ(苦笑)
      今気付いたのですが、お正月公演は2つ目のお芝居が「お祭り提灯」と、私が観たのと同じなんですね。みっちゃんダンナさんがトータル10分だけ出て一番おいしいところをかっさらうやつ。
      ・・・って事はお正月公演でも1つ目のお芝居にみっちゃんダンナさんは出ず、2つ目で10分のみの可能性が濃厚かと。どうせなら記事を書く時に気づけば良かったですw

      はい、自分の劇場を持っているのは強いですね。
      私は大劇場や梅芸が大好きなんですが、大阪松竹座や南座も超魅力的な劇場だと思います。特に南座は立地が最高!京都はやっぱり特別かと。

      今後も無理ないペースで観劇を楽しみたいです。
      阪急交通社からのメールマガジン、早く届かないかな・・・

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました