ハウステンボス歌劇大劇場はツッコミどころ満載、ただし大階段は良く出来ている

その他観劇、鑑賞

さぁーて、ハウステンボス歌劇大劇場(以降「HTB大劇場」)について記事にしましょうか~!
と、その前に、佐世保駅やハウステンボス駅、そしてハウステンボスのツッコミどころを伝えちゃいますね。

佐世保駅はICカードが使えません。それはまぁ良いのですが、電車の本数がすごく少ないのが辛かった。

待ちぼうけしても地元で有名なハンバーガーを食べて待てるのが幸いでした。改札の内外に入口があり注文や受け取りが出来ます。
簡易テーブルで立ち食いしたのは、

ログキットハンバーガー、1,026円。「すごく大きい」な噂ほどでもないボリュームかと。マヨネーズが甘めかな?あとバンズが美味しかったです。ちょっと高めですがハウステンボス内で買い食いしたらもっと高いのでここで食べておいて良かった。

ひどく本数が少ないのに電車そのものは新しく、

車内が無駄におしゃれなんですよね。私としてはボロ車両でも良いので毎時間2本は走らせて欲しいところです。

こちらが路線図。佐世保駅からハウステンボス駅への電車を間違う事はまずないのですが、ハウステンボス駅からの帰りは要注意なんですよ、同じ乗り場に真逆の長崎方面への電車も到着しますので。

私が在来線で到着した頃にハウステンボス号も到着していました。博多からの所要時間は110分ほどらしいです。あっきらかに観光客向けなビジュアルを眺めながら
こっちにしときゃ良かった・・・
と心の中でつぶやきました。
博多からハウステンボス号でハウステンボスに来て、ハウステンボス徒歩圏のホテルに泊まる。
これが観光客の取るべき王道なんです。
節約したくて「博多から佐世保まで高速バス&佐世保での宿泊&佐世保から在来線でハウステンボス」を選んだ私は高速バスセンターの不手際もあり、ハウステンボス号を使う場合より3時間以上ロスしての到着となりました。

まぁそんでも到着出来たんだから、と改札に向かうと
えっ?

佐世保駅では自動改札機がICカード非対応でしたが、ハウステンボス駅には自動改札機そのものがないんです。令和なのに・・・なショックを受けつつカゴに切符を投げ入れました。佐世保の在来線はツッコミどころがありますぎます。

改札を出てすぐのところにある時刻表です。一応乗客が多い時間帯は1時間に2本ですが九州最大規模の観光地の駅にしちゃあ少なすぎるかと・・・

それでもやっとの到着です、時刻表を背にハウステンボスに向かうとデデーンと

「ホテルオークラJRハウステンボス」が。ああ、ハウステンボス号に乗ってここに泊まるプランにしていれば・・・でもここ、ソロ活だと朝食付きで20,000円はくだらないんです。なのでくだらない愚痴はほどほどにしなきゃ。

それにね、時間のロスは結果オーライだったんですよ。

当初予定していた2DAYパスポート(12,200円)ではなく1.5DAYパスポート(9,900円)を買う事になりましたが、こちらのパスポートで十分に楽しめましたから。
いやその、楽しんだというか・・・
色褪せていたんです、ハウステンボスが。入った瞬間から建物の劣化を感じまくりましたし、掃除が行き届いていない印象もありました。なので長時間滞在したい気持ちにならなかったんです。
7年ほど前に家族旅行でここに来た時は何もかもが綺麗で、夢のような場所だと思ったのに。ちなみにこの時は車(大阪から新門司まではフェリー)だったので快適だったんですよね。この度は苦労してバスや在来線で再訪したのに色褪せていたんですからショックでしたよ~

それでも私の目的は今年3月に出来たばかりのHTB大劇場。なので立派で新しいはず!と気持ちを奮い立たせて向かいました。

やがて立派な建物が見えてきたのでこれか!と思ったらなんと!

JRAの・・・馬券売場???

そう、何度確認してもJRA。
その奥にHTB大劇場があるんです。

競馬の案内と歌劇の案内が同じ視野に入るとは・・・

で、こちらが劇場です。

有料指定席にせよ無料席にせよ観劇には整理券が必要で、

大きなモニターがありどの席が空いているか一目瞭然でした。ガラガラである事も一目瞭然・・・

私はまずSSシート(500円)の席に座ってみまして、翌日にプレミアムシート(1,000円)に座りました。プレミアムシートのセンター最前列がホンマおすすめです。

2,000円のロイヤルシートと見え方はほとんど変わらないですから~
にしてもレシートみたいな整理券なので素っ気ないですね。

ええっとね・・・
宝塚大劇場を意識しているのであろうステージ脇の通路にオッとなりましたがそれよりも、

内壁の塗装の安っぽさにたまげました。
あとね、バルコニーがどう見ても実用的ではないんです。使っている感じがしない。

スタッフさんに質問したところ「使っているところを見たことがない」って。

2階席にしたって座席はチラ見えしたものの、観客に提供された事はないそうです。
有料席も無料席も1階席しか使っていないんですよ。
つまり・・・バルコニーも2~4階席も、言ってみればハリボテ。

つまらない見栄を張ったものだと思いました。ハリボテなんていらないし天井もこんなに高くなくて良かったのに。もっとコンパクトにして、内壁の仕上げを高級・上品にして欲しかった。内壁がとにかく「とりあえずペンキ塗っときました~」な仕上げなんです。

せっかく(実際に運用している)1階席は通路幅もゆったりで、座り心地も良く、

簡易テーブルもあったりと居心地良いのに。

観客はガラガラで明らかにオーバースペックです。
ヨーロッパのオペラハウスをモデルにしたそうですが、相応の資金がないのに見栄でやり切ってしまった感がプンプン。
どうもハウステンボスの運営陣には「質実剛健」という感覚がないようですね。福岡市のはずれにあるレビューシアター(感想はこちら)も立地と観客数と劇場のスペックがアンバランスで明らかに無理をしすぎているんですよ。レビューシアター規模の劇場をハウステンボスの中に作ってそこだけで頑張る方が良かったんちゃうか?と私は思います。

ただ、ステージにある大階段は良く出来ていました。
もう明らかに宝塚大劇場の大階段を意識していて、かつ、改良されているんです。

実際は各段に電球があるんですが省略しています。
何度数えても16段で中途半端だと思ったのですが、宝塚歌劇団の公式サイトの「これがわかれば、もっと楽しい。宝塚用語辞典」によると

大階段(おおかいだん)

タカラヅカの象徴とも言える舞台装置。宝塚の舞台にはじめて階段が取り付けられたのは、1927年9月の日本最初のレビュー「モン・パリ」で、この時は16段。現在は、宝塚大劇場、東京宝塚劇場ともに26段。

https://kageki.hankyu.co.jp/fun/ziten.html より引用しました

宝塚の大階段は以前16段だったんですね。

そしてHTB大劇場の大階段は下から6段目のみ幅が広く(3~4歩ぶんほど)、スターさん達がすれ違えるようになっていました。最上段から降りてきたスターさんふたりがこの段ですれ違う演出が印象的でね、「どうや!宝塚の大階段じゃこんなん出来ないやろ~」な感じ。
そして何より驚いたのはなんと、最上段中央にセリがあるんです。使えるのはトップスターだけかな、うぃ~んとせり上がってくるのはなかなか良かったですよぉ~。これまた、「どうや!宝塚の(以後省略)」な感じで。

HTB大劇場自慢の大階段である事は明らかです。
だ、け、ど、装置らしい装置はこれだけ。

上の10段にスクリーンをかけて風景などの映像を出していたりもしましたが、別の装置や大道具はありませんでした。

なんかねぇもうホンマ、HTBって野望がすごいんだけど、しかしながら内容がついていってないような気がしました。

そもそもね、ハリボテな大劇場を作る前に既存のあれこれをしっかりメンテして欲しかった。

ゴンドラ体験しても

こうゆうところにガッカリしちゃったし、

とあるアトラクションでは階段がボロボロで糸くずが飛び出ていまして、兎にも角にもあちこちメンテ不足なんです。

何より恐ろしかったのが、「ホライゾンアドベンチャー」という水をドバドバ使ったアトラクション。撮影禁止だったので簡易な絵でご紹介しますと、

同じ方向を向いた長いベンチに座ると目の前にこんな光景が広がっているんですが、なんとスクリーンのあちこちに黒カビらしき汚れがっ!
それに屋内にたっぷりの水があるのに塩素臭がなくそれどころかほんのりカビ臭いような気がして、なんかもうこの空間全体に黒カビがたっぷり舞っていそうなイメージをしちゃったんです。ほら、レジオネラ菌なんかも怖いじゃないですか。
このアトラクションはしばらく映像が流れた後、上から横からドバドバと800トンもの水が出てくるのがウリなんですね。7年ほど前の家族旅行で来た時にもあって、1時間以上も待って、それでも待った甲斐があったと思うほどに満足した体験となりました。
だけど今回は同じアトラクションでも待ち時間ゼロで、「ロクにメンテナンスしていないんやな」「黒カビやレジオネラが怖いわ」なんて思いながら体験しまして・・・
水がとにかくすごくってシブキがぴゃーぴゃー降り掛かかる間ずっと
「あ・あ・あ~、黒カビやレジオネラが怖い~」
と怯えていました。
結果的には数日過ぎた現在も元気なので大丈夫だったんですけど。

ハウステンボス内の公式ホテル達も私が見たのは外壁だけですがこぞって老朽化を感じましたし(なのに料金はすごく高い)、これでは客足が遠のいてもしゃーないかな。2日行きましたが7年前ほどの勢いはありませんでした。

ま、夜景は綺麗でしたよ。いろんなアラを隠してくれるし(観覧車からの長めです)。

ここの傘も日中はボロッとしていたけれど夜は綺麗に見えました。

とはいえ私には夜景を楽しむゆとりがさしてなかったんですよね、なんせ電車が心配で。
そして2日めは夜行バス(と言っても佐世保を出る時間は19時台)に乗り遅れては大変なので早めに駅に向かいました。

先にもお伝えした通り佐世保と長崎は真逆なのに同じ乗り場に到着します。
佐世保のJR事情はホンマ、手強かった。

楽天トラベル: ホテルオークラJRハウステンボス 宿泊予約
ホテルオークラJRハウステンボス、スタッフのおもてなしに心和らぎ、天然温泉が疲れを癒す魅力あるリゾートホテルです。、西九州自動車道 佐世保大塔ICより車で15分/長崎空港よりバスで70分/JR博多駅より特急ハウステンボス号で110分、駐車場:あり(到着日の朝から翌日正午まで1泊1台あたり1,000円/正午以降1時間50...

外観の限りですがハウステンボス内の公式ホテルよりオークラの方が良さそう。駅から最も近いし。

楽天トラベル: ホテルローレライ 宿泊予約
ホテルローレライ、ハウステンボス駅前ホテル&スパリゾート、JRハウステンボス駅前徒歩1分、駐車場:有り 250台 無料 先着順

ハウステンボス駅からハウステンボス方面と逆側にあるホテル、ローレライです。かなり老朽化していますが最もお手頃価格。何より、ハウステンボス徒歩圏という立地がすっごく貴重です。もし私がハウステンボスを(電車やバスで)再訪するならこちらを選ぶのが現実的になりそう。

コメント

  1. GIN より:

    こんにちは。

    ハウステンボスはオープンしてからそれなりに年月が経っているので劣化も見られるのでしょうね^^; 某夢の国程の入園者も居ない様ですし。
    以前行った時は長崎空港からバスで行きましたが、主要空港や駅からのアクセスの悪さもあるのでしょうね。

    ハウステンボス歌劇団も気になりますが、朝ドラを観ている身としてはOSKも気になります。翼和希さん、お歌も上手いですね。

    話は変わりますが、先日雪組100周年のOG公演を観てきました。私は一路真輝さんが2番手の終わり頃にファンになったので懐かしい曲のオンパレードで良かったです。
    中でも、安蘭けいさんと「ママ何処に居るの?」を和央ようかさんと「闇が広がる」を歌ってくれた時はホントに感動でした。
    少しだけトークの場面もありましたが、見せかけではない仲良さそうな雰囲気もちゃんと伝わってきて。今、色々とネガティブな事を言われている宝塚ですが、それだけではないと思えました。 

    前回のコメントの返信で温かいお言葉嬉しかったです。ありがとうございました。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      GINさん、おはようございます。
      はい、ハウステンボスは劣化が残念でした。海のそばだし、さらに海水を引き入れてカナルクルーズやゴンドラを運行しているから劣化しやすいんでしょうが、そんな事は設計の段階からわかっていたはずです。

      ああ、そういえば長崎空港行きのバスがありましたよ。博多行きや佐世保行きも。JRがあんな状態ですからバス頼みなのでしょう。はい、アクセスって大切です。

      翼さんはちょっとしたブームになっているそうですね。1000を超えれば上等のOSKの公式チャンネルなのに翼さんの歌唱の動画は20万再生になっているとかで。
      そう、翼さんは美人だし歌ウマです。ただ・・・小さいのです、とにかく。身長が低いだけでなく骨格からして細く、とても華奢な方です。宝塚受験した事をオープンにしていますが男役としては体格が厳しすぎます。娘役なら合格していたんじゃないですかね。

      雪組100周年公演の感想をありがとうございます。
      一路さんと安蘭さんと和央さんのシシィ(10月28日追記 シシィではなくトートでしたので訂正します、自分でも何故間違えたのかわかりません)&少年ルドルフ&ルドルフですか、良いなぁ。初演尽くしですね。

      >見せかけではない仲良さそうな雰囲気
      については「四半世紀以上過ぎた今だからこそ」というのもあるような気がします。やっぱ現役時代はいろいろあったんじゃないかと。
      たとえ現役時代に仲がさして良くなくったって、退団後も芸能の世界で生き続けているうちに仲良くなる事もあるような気がするんです。
      そう・・・生きていれば関係性は変わり続けます、良くも悪くも。
      Aさんの経験した事は年月を経ても癒せないレベルだったかもしれません。それでも生き続けていれば人生における宝塚時代の割合がどんどん減るわけで、苦しみが軽くなっていく可能性は十分にありました。

      ある程度のネガティブな経験はデメリットばかりではありません。雪組100周年に出演している方々にしても現役時代・退団後ともにさまざまなネガティブを経験し、デメリットもメリットも享受しているでしょう。
      これは私達一般人でも同じです。
      だけど現在の宝塚には「ある程度」じゃ済まないネガティブがまん延しているのではないでしょうか。

      前のお返事にも書いた通り私達が直接出来る事は何もありません。それでも祈り、願い、私達自身の健康を大切にして今後の宝塚を見守りましょう。

      私はコメントをくださった方にふさわしい態度を取るよう心がけています。
      GINさんが私の返事を「温かい言葉」と思うならそれはGINさんが私に温かい言葉を使っているからです。
      こちらこそいつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. めい より:

    おかえりなさい! 興味深く読ませていただいてます。

    観劇も観光もたっぷりで良い遠征でしたね。宿泊費の金額にはびっくり~大手ビジホチェーン、今はお高いですから。

    宝塚歌劇からのハウステンボス歌劇団では、両者の落差がよけい際立ちますね。ハウステンボスになる前は、たしかオランダ村だったかと思います。ハウステンボスになって少しした頃に家族旅行で行きました。
    泊まったのは日航かオークラでした。園内のホテルではなかったです。ハウステンボス、その頃は綺麗でしたが、その後経営主体が変わったせいか、手入れが行き届いてないんですね。
    当時は歌劇はなく、フラメンコか何かの外国人出演のショーを観た記憶があります。

    大劇場のお写真拝見して、まず思ったのは・・・このガラガラ具合では出演者にチケットノルマは無いんやろな~でした。
    舞台をしてギャラを貰う、ディズニーのパレード等のダンサーさんと同じ待遇かな?と。
    だとしたら、お仕事として悪くないと思いました。歌劇団が存続し続けられれば、ですが。

    帰りは何で大阪まで?と、思ってましたが高速バスにされたんですね。たしか梅田で高速バスを見かけたのが遠征企画の始まり?だったかと思うので初志貫徹ですね。

    四国のうどんも美味しいですが、九州のうどんも美味しいですね。
    偉そうに言ってますが、食べたことがあるのは熊本の商店街で食べた「資さんうどん」だけです。ごぼう天が乗っていて、とっても美味しかったです。おはぎも美味しくて~また食べたいです。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      めいさん、ただいま~!
      はい、観劇も観光も盛り沢山の遠征となりました。博多の宿泊では旅行支援が使えてホンマにラッキーでした、ギリギリ滑り込みでした。佐世保はじゃらんの特典やポイントプレゼントのおかげでカプセルホテルくらいの価格になりましたし。
      はい、今は大手ビジホチェーンがぐいーんと値上がりしましたよね~

      そう、以前はオランダ村でした。
      ♪な~がさきぃ~、おらんだぁ~、びれえっじぃ~♪
      ってCMしてましたもん、子どもの頃に聞いたCMソングはアラフィフになっても忘れませんね。
      めいさんはピカピカだった頃のハウステンボスに家族で行ったんですか~、1996年ごろです?ハウステンボスって紆余曲折なんですね、96年頃は調子良かったけれどもその後ゴーストタウン状態になり、2010年にHISにより経営再建が始まるも、2022年に香港の投資会社に売却されたんですね。私はてっきりHISが運営を続けていると思っていました。

      泊まったのが日航かオークラなら日航ちゃいます?オークラは立地と外観が特徴的すぎてまず忘れないと思います。日航はハウステンボスのちょっとわかりにくいところにあり(専用ゲートがある)、外観もわりと普通な感じでした。
      そうですね、外国の投資会社の所有じゃあメンテナンスは必要最低限すら怪しいですね。
      歌劇団は2013年の設立だそうです、優雅(研ルイス)さんの退団は2011年のようですから退団早々誘われたようですね。で、今知ったのですが優雅さんって82期なんですね~!!!

      ああ、たしかに、ああもガラガラなのはチケットノルマがないからかも。そうですね、身銭を切る事なくお仕事出来るなら良いですね。普通は働くって身銭を切らないのが前提ですがどうも舞台の世界はそうじゃないみたいだし。
      投資会社の所有になってしまった以上シビアでしょう。
      でもねめいさん、HTBの存在には意味がありますよ。開場待ちをしている間にそばにいたお姉様数名と話したんですが、パスポートを購入しており毎日のようにHTBを観に来ているとの事でした。アトラクションにはまず興味がないであろうシニア層を取り込めているのってすごいですよ。たまたまかもしれませんが私が話した数名は皆さんとても熱心で、佐世保市や長崎市在住なのに福岡市のはずれのレビューシアターにも「たまに行ってる」だし、OSKから転身した方の事もご存知でした。これって双方ウハウハです、ハウステンボスはパスポートやレビューシアターのチケットが売れて嬉しいし、お姉様達は気力体力アップで認知症予防になるし。

      ええっとねぇ~、高速バスですが初志貫徹とは言い切れないかな、私にきっかけを与えてくれた博多特急ニュースター号じゃないので。これだと博多から大阪で7000円なんですね。私が乗ったのは「ユタカライナー」というバスで、日程にもよりますが佐世保からの乗車で7000円でした。佐世保から博多までの高速バスが2000円以上するのでかなりお得かと。しかも3列シートなので飛びついたのですが、リクライニングに難があり首に負担がかかって眠れなかったです。かといって「もう二度と乗らない」なんて思っていません、むしろ入念な準備をしてリベンジを果たしたいと思っています。

      そーなんです、うどんは讃岐だけじゃないんですね、牧のうどんめっちゃ美味しかったです。
      資さんうどんにも行きたかったんですが博多店は場所が悪くって。だけど他の読者さんが教えてくれたウエストは泊まったホテルのそばに店舗があったのに存在を知らずもったいない事をしました。
      ごぼう天との相性が良いですよね。スタッフさんの対応がイマイチだったかろのうろんもごぼう天はすごく美味しかったです。
      あら、おはぎも美味しいんですね。はい、私もまた博多や長崎に行きたいです。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  3. ちゃいろ より:

    初めまして、たーさん

    一か月も経ってこちらにコメントすみません。
    たーさんの写真付きレポいつも楽しく拝見しています。私は都内在住なのですが年に数回大劇場に遠征します。なので、たーさんの目線と反対なんです。帝劇や東京宝塚劇場はいつも訪れているところで大劇場や梅芸は滅多に訪れないところです。
    しかし、いつも訪れているところにはいつも同じ行き方しかしないのでたーさんのレポでそんな行き方があったのか⁈と、驚いたりしています。まるで自分が冒険したみたいな感じで楽しいんです。

    あ、すみません本題です。
    私もたーさんと同じような日程で10月中旬博多座、ハウステンボス歌劇団観劇の遠征に行きました。
    行程が似ていて嬉しくなってコメントしました。
    牧のうどんや鈴懸も行きましたよ!美味しかったですねえ、感激しました!栗のパフェのアイスの美味しさ。やわうどんも出汁がしみしみでほんと美味しかった。

    ハウステンボスは初めて行きました。博多からハウステンボス号で行ったのですが
    車掌さんが1人で乗客全員のきっぷの確認、県を跨いでのICカードは使えないとかで車内での現金清算、車内放送と大忙しで大変そうでしたがイケメンでしたしとても感じが良かったです。
    帰りはJRで博多まで戻れませんでした。結局西鉄バスで天神まで戻れたので良かったのですが。ハウステンボスインフォメーションで土日しか運行していないJRを案内されたり、ハウステンボス駅では17時で窓口を閉めるため急かされたりと、さんざんでした。
    バスは快適でしたよ、乗ったらすぐ寝てしまいました。
    宿泊したホテルのすぐ横の冷泉公園でオクトーバーフェスタをやっていたのでビールを飲んでから帰りました。ホテルはビスタ中洲川端です。大浴場あり、朝食も毎日少しずつ違うビュッフェスタイル、スタッフも明るく、とても気に入りましたのでまた博多座に遠征の時はここに泊まりたいと思いました。博多座もめっちゃ近くて助かりました。
    ああ、楽しかった博多座が蘇ります。3回ともマイティのビルだったのですが毎回楽しかった!
    長々とすみません。こういったものにコメントするのが初めてなので失礼があったらお許しください。

    たーさんのブログ楽しみにしています!

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      ちゃいろさん、初めまして。
      過去記事へのコメント歓迎いたします。私の記事を楽しく読んでくださっているとの事、ありがとうございます。

      ちゃいろさんは都内在住で、年に数回大劇場に遠征するんですね。でしたら私の目線と反対になりますよね。私は東京の劇場めぐりが楽しくてたまりません。志半ばで強制終了になるのが寂しいですが、夫が埼玉のアパートを引き払うまであがいてみようかと。現在スケジュール調整中です。
      東京はとても効率よく出来ているから、その気になれば地下道の活用などでもっと要領よく移動出来るんでしょうね。ただ私は回り道してしまうのも楽しいです。本当に本当に残念、アラフィフな私ですがまだ当面は体力が続きそうなのに。

      ちゃいろさんも先月に博多座とハウステンボスを掛け持ち遠征したんですね。いやー、嬉しいです!ミーマイ遠征の記事は複数読みましたが、ハウステンボスを掛け持ちした話はとんと聞かなかったので。
      博多では牧のうどんや鈴懸に行ったんですね。うんうん、どちらもめっちゃ美味しかったです。パフェのてっぺんに乗っかっていたモナカ(皮だけ・しかも半分)も良い想い出です。牧のうどんもホンマに美味しくて、資さんうどんやウエストにも行ってみたくなりました。

      ちゃいろさんはハウステンボス初体験だったんですね。ハウステンボスなんて上級~!と思いきや、スタッフさんがひとりだけだったんですか?イケメンだったなんて羨ましい。佐世保からハウステンボス駅に向かう電車(パンタグラフがなかったと思うので正確には動力車?)の運転手はおっちゃんばかりでしたよ。
      そしてハウステンボス駅のやる気のなさといったらw そーなんですよね、窓口がとっとと営業終了しちゃう。朝にしたって私が2日目に9時頃に行ったらまだ窓口が閉まっていて、切符を回収する箱が置いていませんでした。
      ハウステンボスから駅まで行くだけで距離がありますから、手前にあるバス乗り場を利用する方が賢いですね。はい、天神とハウステンボスを行き来している西鉄バスもありました。私は佐世保のホテルに泊まるので天神から佐世保行きのバスにしたけれど、佐世保からハウステンボスへの電車(動力車)がああも少ないとわかっていたらハウステンボス行きに乗っていました。
      ふふ、ハウステンボスから天神へのバスなら3時間かからないですしうたた寝もアリかな。佐世保から関西への12時間の夜行バスはキツかったぁ、夜だからうたた寝じゃないくらいに眠りたいのだけれど条件が悪すぎました。いつか高性能な首枕を持参してリベンジしたいです。交通費をかなり安く出来ましたし達成感はありました。

      ビスタ中洲川端、調べましたよ~、充実したビュッフェに温泉、良いですね。ただし朝食を付けると万超えじゃないですか~、どうりで朝食込み7000円以下を探していた私が覚えていないはずです。スーパーホテル1号店は古くて狭いもののお手頃価格&朝食美味しい&夕方にバータイム(ただしビールはない)でしたから予算を抑えたい時にはおすすめです、博多座へも徒歩圏でしたよ(ただしビスタ中洲川端から行くより2~3倍はかかりそう)。

      はい、博多座は劇場そのものも素敵ですね。外観にお金をかけているわりに劇場そのものは座席や緞帳がシンプルだった印象ですがそれも楽しい想い出です。
      ちゃいろさんは3度観て、いずれもマイティのビルだったんですね。私もマイティ大好きです。

      この度はお初コメントをありがとうございました。丁寧な内容に心より感謝申し上げます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  4. ちゃいろ より:

    たーさん、こんにちは
    コメントに丁寧な返信ありがとうございました!

    今日はハウステンボス歌劇団についてコメントさせていただきます。
    どうして私が博多座の観劇の合間にハウステンボスまで行ったかというとそれは愛那月ひかるさんをみたかったからです。
    愛那月ひかる?愛月ひかる⁈
    えっ愛ちゃんのファン?限りなくお名前が似ているけど、どっちが先に芸名つけたの?興味はつのるばかり。

    博多座のチケットが取れなかった時に博多で何をすればいいのか調べ出しましたら福岡市内にたーさんが行かれたハウステンボス歌劇団の博多劇場があることを知りました。そして愛那月ひかるさんという劇団員がいることも。
    日程を見たらその日、愛那月ひかるさんは長崎の劇場で公演をしている、それも演目は「恋する名探偵♡」楽しそう!もうこれは長崎まで行こう!と、決めました。

    実際拝見して立派な劇場だけどセットはないし、まばらな観客の入り。私は無料席で観ました。しかし劇団員はイキイキと楽しそうにスポットライトを浴びて公演してくれました。「生徒席」のノルマなどないような感じがします。なんだかとても羨ましいような気持ちになりました。入り待ちをしているファンもたくさんみました。入りの時、劇団員についていたのは劇場のスタッフさんでした。
    「会」を非難するわけではないんです、どちらがいいとか優れているとかでもありません。ただいろいろなことにがんじがらめになっているジェンヌ さんが少し気の毒になりました。
    さて、午後はアムステルダム広場で、こちらも無料席で観ました。だってハウステンボスは入場料だけで7000円もするんですもん。
    レビューも楽しかったです、外の小さなステージでぎゅうぎゅうにくるくる回って歌う劇団員たち、素敵でした。今でも撮ってきた動画を見てニヤニヤしてしまいます。あのステージ雨の日とかどうなるのかな?滑ったりしないのかしら。

    楽しかったな、ハウステンボス歌劇団。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      ちゃいろさん、さっそくのおかわりコメントをありがとうございます。

      ちゃいろさんは愛那月さんを見たかったんですね。確かに愛月ひかるさんと一文字違いですよね。
      たぶんですが私が家族旅行でハウステンボスに行った7年ほど前にすでに愛那月さんはいらしたかと。ただ、優雅さんと夕貴さんに魅了されたので他の方の顔と名前はほとんど覚えていません。

      私達はほぼ同じ日程でしたから博多劇場(レビューシアター)は夕貴さん、そしてハウステンボス歌劇大劇場では愛那月さんと紫城さんでしたよね。
      それでちゃいろさんは長崎まで行く決意をしたんですかー、私は「せっかくソロ活遠征デビューしたから」と、キャストにこだわらずどちらにも行ってみたんです。だけどレビューシアターで夕貴さんを拝めたのは本当に嬉しかったです。思いがけずOSKだった方もいましたし。

      そーなんです!
      ハウステンボス歌劇大劇場ってパッと見は立派だけどハリボテだし、大階段以外に装置らしい装置がないんですよね。そしてそう、観客がまばらで。
      とはいえスターの皆さんはイキイキとしていましたよね。はい、チケットノルマがなくノビノビとやりたい事を出来ているのかもしれません。
      宝塚は生徒にいろんな事をやらせすぎです、ろくに給料を払わないくせに。そして運営陣のおっさん達はガッツリ儲けているのに責任は取らない。どうか生徒に責任を押し付けようとせず運営陣が責任を取って欲しいです、理事長が辞めるといっても似たような後釜じゃあ意味がないのに。

      余談が長くなりすみません、ハウステンボスの話に戻りますね。
      私は特に入待ちするつもりはなかったのですが、ハウステンボス歌劇大劇場入口前のベンチに座っていたらスターさんたちがゾロゾロと来てくれました。笑顔で手を振ってくれて嬉しかった。
      ベンチでは相席を受け入れてくれたお姉様とトークしていまして、ハウステンボス歌劇が地元の(特にお姉様年齢層の)方々に愛されている事がよくわかりました。
      その後のアムステルダム広場の時は入待ちはわからなかったものの公演後に出待ちは出来まして、(先とは別の)お姉様とのトークが楽しかったです。歌劇を愛する同士仲良く出来るのって良いですね。

      ちょっとまた宝塚の話に戻りますと、どんな事でもメリットとデメリットがありますが、私は宝塚の私設ファンクラブはデメリットが顕著になってきたんじゃないかと思っています。
      人は必ず「報酬」を求めるんです。仕事として対価をもらっているスタッフさんと異なり、私設ファンクラブのメンバー(特に幹部)はお金ではない報酬を求めているのですからややこしくなって当然です。
      なのに劇団は「経費節減出来てウハウハー」くらいにしか思っていない。これは私の推測ではなく、元プロデューサーが堂々と著書にしています。

      さてまたハウステンボスに話を戻しましょうか。
      宝塚やOSKより歴史こそ浅いものの、浅いゆえにチケットノルマがないんでしょうね。仲良く舞台に立ってくれたら嬉しいです。
      愛那月さんのお芝居は私は2度有料席で観ましたが、ウィッグがダメダメでしたね。毛質が安物だし、前髪の生え際が絶望的レベルにダメダメなウィッグでした。とはいえウィッグはお金をかけだすと天井がありませんから、劇団が用意した(愛那月さんが自腹を切っていない)ウィッグならこれもアリかと今は思っています。
      ミーマイを観ているとティアラにせよウィッグにせよネックレスにせよ、ジェンヌさん達がお金と時間をかけて用意したのかなと思ってしまいました。一連の件があるまで誰が費用負担しているか気にした事がなかったのに。
      さすがに宝塚も大羽根は劇団が準備していますよね。ハウステンボスの羽根はやや小ぶりで、愛那月さんが背負っていたのはややくたびれていたように思いました。何をするにもお金がかかるんですね。
      アムステルダム広場では紫城さんのまばゆさにクラクラしたもののあっという間に終わってしまい、時間の都合でハウステンボス歌劇大劇場の公演を観る事が出来ず残念でした。
      アムステルダム広場は一応雨除けになっていましたよね。雨の日はダンスが抑えめになるかもしれませんが、観客の熱意はそのままなんじゃないかと私は思っています。

      私も楽しかったです、ハウステンボス歌劇団。
      私はあら捜ししがちで、ハウステンボスは施設のメンテ不足が気になりましたし、博多への進出は欲張り&どうせ進出するならもっと便利な立地にすりゃあ良かったのにとも思っています。
      だけど、生徒さん達のキラキラは本当にありがたかったです。
      私はもう一度、紫城さんを拝みたいですねー、とにかく華やかな方でした。

      おかわりコメントをありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  5. ちゃいろ より:

    たーさん、こんにちは!

    私も紫城さん見たかったです!
    華やかさってどこから来るんでしょうかね、ジェンヌさんにも燻し銀の方もいればキラッキラッの方もいますね。不思議です。

    愛那月さんのウィッグダメダメだったんですね、私の座った無料席からはわかりませんでした。だいぶ前ですが銀座松屋でやっていたポーの一族の展示を観に行った時、かつらの美しさに驚きました。かつらの提供はアデランスでした。

    たとえ安物のウィッグでもたーさんの言うように愛那月さんが自腹をきっていないのならそれが良いと思います。宝塚は狭き門から入ったジェンヌ さんの努力や親御さんの財力を利用したツケが今回ってきたように思います。

    遠征から一か月、事態はかなり悪い方に向いてしまいました。劇団自身が悪い方に向かせています。誰かが舵を修正するのかこのまま曲がっていくのか。
    もうすぐ12月。あっという間に年末でしょう。お正月を迎えられないご家族がいることを劇団は今一度考えて欲しいものです。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      ちゃいろさん、こんにちは。
      せっかくコメントくださったのに気付くのが遅れ、先に新しい記事をアップしてしまいました。本当にすみません。これまで何度も同じ失敗を繰り返しており、気をつけているつもりなんですがまたやってしまいました。

      ちゃいろさんは紫城さんを見ていなかったんですね。本当に華やかな方でした。はい、ジェンヌさんにも渋めタイプとキラキラタイプな方がいますね。現在のハウステンボスでは紫城さんはキラキラ、愛那月さんはシットリ、夕貴さんはいぶし銀でしょうか。ボスの優雅さんを拝めず残念でした。

      はい、愛那月さんのウィッグは本来なら私にとって許しがたいクオリティでした。ですがそうです、有料席に座りさらに双眼鏡を使っているからダメダメぶりがわかるんですよね。加えて私はウィッグにかなりこだわりがありますし。もうね、ハウステンボスが用意してくれているのなら文句はありません・・・と言いつつ付け加えるとショートヘアのウィッグなのですから地毛で良かったんじゃないかなぁ。ショーでは地毛でしたのでホッとしました。

      そう、宝塚のトップスタークラスのウィッグはアデランスの提供なんですよね。高級なウィッグって毛質に艶がありすぎず、同じ色ではなく多色使いをしており、そして人工皮膚がナチュラルです。アデランスは一般人がかぶって外歩きしてもバレないように作っているんですから、そりゃあ技術力はありますよ。ですがひとつ最低でも50万はしますし(店員さんの言いなりで作ると100万超えです)、こまめにメンテが必要(しかも高額)で、消耗品だったりします(から洗い替えを作るよう勧められる)。私はアデランスの女性用ウィッグ販売店「フォンテーヌ」に行ってかなり真剣に相談しまして、購入を見合わせました。結局地毛で我慢しています。

      長く自分語りしてすみません、とにかくウィッグはお金がかかりがちで、トップスタークラスなら自腹ではないでしょうがほとんどのジェンヌさんが公演のたびに複数のウィッグを自腹で用意していると知った時は衝撃でした。しかもかなり給料が安いそうですね。親御さんや私設ファンクラブをアテにする事が前提になっているようです。
      そう、劇団にはたまりにたまったツケがあり、一気にまわってきたんですよ。

      はい、事態は悪い方向に進んでいます。劇団は今もなお、起った事に真摯に向かい合おうとしていません。劇団や阪急阪神ホールディングスに大きな責任があるのに特定のジェンヌさんだけが悪の権化になってしまっています。
      劇団だけでなくHHホーのCEOすら逃げ腰なのに、修正への舵切りをしてくれる人なんて出てこないような気がするんです。
      劇団幹部やHHホーCEOは普通にお正月を過ごすつもりなのかもしれません。なんせ、Aさんの死を知ってもゴルフに興じていたそうですから・・・

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました