水美舞斗はまだ退団しない!と思った理由

ジェンヌさん

憶測パラダイスな私の言う事ですから、かる~く流してくださいね。

昨日チケットセディナで、私としてはすんごく嬉しい発見をしたんです。
って、タイトル画像のまんまですが、

これ!
なんと、次の花組大劇場公演セディナ貸切のチケットが、CUOREセディナ貸切のチケットと抱き合わせ販売されていたんです!

ポスター(柚香さんのはポスターじゃない!とか噛み付いてこないでねw)の高さが随分と不揃いで、「慌てて販売開始したのかな?」なんて思っちゃいました。

え?
たったこれだけで「マイティ様は退団しない!」って思い込むのは危険?
だってぇ、

ボディーガードと抱合せ販売されていた宙組大劇場公演で、芹香斗亜さんが退団しない事がわかったんだもん・・・

ホンマに憶測なんですが、ジェンヌさんは退団を決めたら劇団の公式発表の前に私設ファンクラブの方にお知らせしてチケットを優先販売するような気がするんです。それゆえ庶民が購入できるチケットはプラチナなりダイヤモンドと化す(=抱き合せ販売の対象にはならない)ような、そんな気がするんですよ。

2022年2月10日 追記
憶測である事を念押しして伝えたつもりですが、私設ファンクラブ経験のある読者さんより「間違った情報は誤解をうみます」とのコメントをいただきました。
詳細については当該コメントを読んでくださるようお願いいたします。

2022年2月11日 追記
信頼している読者さんより「たー様の書かれた上記内容ですが、かなりの部分当たってるのでは?」とコメントいただきました。私としては初めて読者さんから届いた上から目線なコメントよりやはり、嬉しかったです。貴重なチケットだからこそ抱き合わせとなる可能性がある事も教えていただきました。
詳細については当該コメントを読んでいただけると幸いです。

もうホンマ、憶測ですからね。私が勝手に喜んでいるだけです。
それにしてもCUORE、珠城りょうさんの退団後初のコンサートなのにチケットの売上が芳しくないようですね。かなり公演数を絞り、劇場もコンパクトなシアター・ドラマシティにしたのに。
そのあたりをこの記事にまとめていまして、

>珠城さんは現役時代、不入りは散々言われていたので、その辺はナーバスなのかも。

とコメントいただきました。私もそう思うし、めっちゃ気がかり・・・

気がかりと言えば話を戻しますが、花組大劇場公演とCUOREのポスターのズレも気になります。
ほんのちょっとの事なのにな。

どぉです?
まだ少々ズレ感はあるけど、だいぶマシでしょ?

コメント

  1. 凛rin より:

    こんにちは、初めまして。
    間違った情報は誤解をうみますので、コメントさせていただきます。
    私は ここ20年位で2名のトップスターさんとトップじゃない方のファンクラブに入ってましたが、退団前にファンクラブ会員に優先的に退団のお知らせがくるなんてことは、ありませんでした。
    退団が発表される当日(午前中だったと思いますが)に、日時指定で 「白封筒」が 届くのが通例だと思います。
    ほかのジェンヌさんも同様だと思います。
    ただ トップスターさんは劇団からの発表は 退団の2つ前の公演(1つ前の東京宝塚劇場)の千秋楽の翌日あたりなので、退団公演のチケットはトップスターに関しては 会に頼めるようになっています。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      凛rinさん、はじめまして。
      私は念押しして「憶測である」と伝えたつもりですが、それでも「間違った情報は誤解をうみます」なんですね。
      「ご指摘ありがとうございます」とだけ伝えて自分の中で流せば良いとはわかっていますが、「文面が一部、気に入りませんでした」と付け加えておきます。
      匿名にしなかった事、文頭に礼儀正しいご挨拶をしてくれた事には感謝しています。
      これから記事を訂正します。

  2. めい より:

    ジェンヌさんは退団を決めたら劇団の公式発表の前に私設ファンクラブの方にお知らせしてチケットを優先販売するような気がするんです。それゆえ庶民が購入できるチケットはプラチナなりダイヤモンドと化す(=抱き合せ販売の対象にはならない)

    たー様の書かれた上記内容ですが、かなりの部分当たってるのでは?

    過去に聞いた生徒さん達のお茶会話を参考にちょっと書き換えると

    ジェンヌさんは退団を決めたら劇団の公式発表の前にお茶会等(今はお茶会できないので会員だけが見られるメール配信とかなんでしょうか)でそれとなく匂わせると共に、劇団と話し合いでなるべくたくさん退団公演のチケットを配分してもらい、会員さん達に貴重なチケットが行き渡るように努力すると思います。結果、一般販売に回るチケットは少なくなりプラチナなりダイヤモンドと化す(=抱き合せ販売の対象にはならない)

    こんな感じです。

    それに誰にも話さずに退団行事は進められません。
    白封筒を用意してもらうにも代表さんやスタッフさん達、多くの人の協力が必要なんですから。

    ただ・・・最後の部分の「抱き合わせの対象にならない」はどうなんでしょう。
    貴重だからこそ抱き合わせの対象になるとは考えられないでしょうか?
    こんなプラチナチケットなんやから、どんなカス公演でもこれを抱き合わせれば売れる!
    と、営業のおじさんは企むかもしれません。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      めいさーん、めいさん、そうですよねー、「プラチナでダイヤモンドだからこそ、どんな公演を抱き合わせても売れる!」って考え方もありますよね。めいさんに言われるまで気付かなかった。
      私は「それなりのジェンヌさんの退団公演のチケットは、その多くが退団発表前になくなってしまう。ゆえに抱き合わせするゆとりがない」と考えたんです。
      ま、どっちの考え方もアリって事にしてやってくださいw

      ジェンヌさんが「自分を直接支えてくれる私設ファンクラブ会員」と「宝塚友の会やセディナなどからチケットを買うだけの観客」を差別するのは当然だと私は思っています。
      自分の退団公演のチケットはそりゃあ、これまでの感謝の気持ちを込めて、ファンクラブ会員に行き渡るようにしたいでしょうし。
      それにめいさんのおっしゃるとおり、退団するにあたり会員さん達の協力が必要ですもんね。公式発表の前にお知らせするのが自然ですよ。
      それでもまぁ、私に文句を言いたい人もいるって事は受け入れます。
      私にコメントを送る人のほとんどが宝塚ファンとしてはハイレベルかもしれませんが、人としてはローからハイまで幅が広そう。

      記事に追記しましたので、確認いただけると幸いです。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

      • めい より:

        「抱き合わせするゆとりがない」公演ありました。

        天海祐希さんの退団公演「ME AND MY GIRL」はそんな感じでしたね。

        その頃はチケットを買うためには発売日の朝、時間(8時ごろだったと記憶しています)までに大劇場に行って並ぶ必要がありました。

        そして並んだ全員で抽選して購入順を決めるのです。

        スター主義の宝塚ですが、トップスターの人気度は一様ではなく、抽選に並ぶ人数が少ない人も居れば多い人も居ました。

        天海さんは飛びぬけて人気があり更に退団公演、ものすごい人数が宝塚に集まりました。

        ファミリーランドが人で埋め尽くされ、すごかったです。発売日にこんなにたくさん人が集まったのを見たのはこの時1回だけです。

        当然、チケットはあっという間に完売。

        当時はヤフオクもメルカリもおけぴも無い時代。皆さん、ありとあらゆる手段でチケット獲得に励みました。

        例えば・・・この公演はUCC冠公演で、UCCの缶入り紅茶には公演チケットに応募できる抽選券がついてました。

        宝塚のある酒屋さんの奥さんに聞きましたが、東京等から箱買い注文がひっきりなしに入って滅茶苦茶売上になったと。
        関西以外で販売されているものには、応募券がついてないから~と、ほくほく顔でした。

        抱き合わせに出すチケットなど無かったと思います。

        • 関西の、たー関西の、たー より:

          めいさん、天海さんの現役時代の人気ぶりは本当にすごかったんですね。ファミリーランドが天海さんのファンで埋め尽くされた様子、私も見たかったです。1995年だと遊園地目当ての客は少なかったかもしれませんね。私も子どもの頃にはお世話になったんですが、95年だともう成人しており他のレジャーに励んでいました。
          ネットが普及する前はチケットの抽選を大劇場でやっていたんですね。めいさんは何度となく並んだんでしょうね。ふふ、私はけっこう行動力があるので、もし当時から宝塚ファンだったらかなり頑張っていたように思いますwめいさんの隣に並んでいたかもw

          ちなみにこの頃、当日券はあったのでしょうか?もしそうなら、コロナ前と同じく大劇場前に並んで購入するスタイルだったんでしょうか?
          当日券のために並んでいたのがむちゃくちゃ懐かしいです。復活してくれるといいのにな。

          ネットだと申込数を把握しているのは劇団だけですが、大劇場前で並ぶとなるとスターさんによる人気の違いがあからさまになっちゃいますね。
          当日券のために並ぶにしても、公演による違いがハッキリしていましたもん。私の経験ではやっぱり、明日海さんの退団公演が大人気だったように思います。夏だったから早朝(っていうか未明)から並ぶにあたり助かりました。ああホンマに懐かしい。

          明日海さんもビルをやりましたね。ミーマイはずっとUCCがスポンサーっぽいですね。コーヒー飲むシーンなんてありましたっけ?ビルがジュースをストローから飲むシーンはあったように思いますが。
          天海さんの時は関西のUCCの缶入り紅茶に抽選応募券が付いていたんですね。コーヒーじゃなく紅茶ってのがポイントですね。
          倍率高かったんでしょうね。私もチャンスあればせっせと宝塚の抽選に応募するんですが、今年は新年早々Pontaカードの雪組公演の抽選を頑張ったもののハズレっぱなしでした。
          ミーマイ、また再演して欲しいです。今のメンツだと星組が良さそうだけど、礼さんはビルみたいなキャラは好まないかな・・・似合いそうなのに。もっとも月と花しかやってないんですけどね。

          今後「抱き合わせに出すチケットなど無い」になりそうな公演は、芹香さんと水美さんの進退が絡んだ公演かな・・・

          いつもありがとうございます。
          今後もどうぞよろしくお願いいたします。

          • めい より:

            はい。天海さんの時代にも当日券はあって沢山の人が並んでました。
            「並び」は面白くて並ぶのも見るのも大好きです。

            天海さんは退団公演でなくてもすごかったんです。

            「エールの残照/タカラヅカ・オーレ」なんてお芝居は谷正純先生、ショーは植田紳爾先生作のトホホ作品でもそうでした。
            この公演、大劇場では8月の暑いときの公演だったので、よく夜に夫と散歩がてら当日券並び見物?に行きました。

            たくさんの人が当日券並びのために車に布団やテントを積んでやってくるのです。
            テントが並んでいて「今日はたくさんテントがある~」等と夫と盛り上がって?ました。
            そして、花の道沿いにあったお店でソフトクリームを食べて帰りました。
            (二人ともお酒が飲めません)

            その後、徹夜並びは禁止になったようですがこの頃は禁止されておらず、サバキもOKでした。
            大劇場の建物に入るとすぐ、チケットを持って立ってる人がずらっと並んでました。

            信じられないかもしれませんが、初演の「エリザベート」一路さん退団公演初日に
            隙間もないくらいサバキの人が並んでいたのが忘れられません。

            私はどちらかというと天海さんより一路さんのほうが好きだったんですが、一路さん人気無かったです・・・・

            でも「エリザベート」は公演が始まるとサバキなど全然居なくなり、一路さんは有終の美を飾れて、ほんと良かったです。

          • 関西の、たー関西の、たー より:

            めいさーん、めいさん、マジですか???一路さんの事!私と娘は初演エリザベートに超・感動して、配信で観たものの円盤を買ったんです!デジタルリマスターって触れ込みのわりにあまり画質は良くなかったけどw
            で、ベルばら45の生観劇を決意したのも、他ならぬ一路さんを生で拝みたかったからでした。「偉業を成し遂げた神」みたいな存在になっていたんですー!一路さんの現役時代を知っているめいさんから貴重な情報をいただいてすごく驚いています。
            一路さん、体調不良から復活して今年9月のモダン・ミリーに出演するんですよね。朝夏さんも実咲さんもいらっしゃるし観たいけど、シアタークリエだけじゃあなぁ・・・
            そうそう、ベルばら45ではなんと言っても紫苑ゆうさんの存在感が凄かったです。めいさんは紫苑さんの現役時代もご存知なんですよね?大人気でした?

            天海さんは宝塚イベントには出演しないそうですね。ベルばら45だって本当は出演していてもおかしくなかったのに。いろいろ事情がありそうですね。
            エールの残照ってアイルランドのゴタゴタだそうですが、めいさんのおっしゃる「トホホ」というのは暗かったって事ですか?それとも根本からトホホで、「風が吹いた」ならぬ「日が照った」みたいな?
            タカラヅカ・オーレは「オーレ」というだけあってサンバなんですかね?トホホと言われる作品もいっぺんくらいは観てみたいですw

            大劇場前で並ぶのは、だいぶ昔からの風物詩だったんですね。
            テントですか・・・娘が幼い頃はプールに行く度に簡易テントを持って行き、入場するなり場所取りして張っていたものですが・・・大劇場前でもそんな光景があったんですね。
            私が並んでいた頃はテントこそなかったですが寝袋などでキャンプ感ありありな方もも少なくなかったですよ。徹夜はダメといっても果たして何時からオッケーだったんでしょうね?私は一番早くても4時くらいだったかなぁ。冬は寒さが辛かったけれど日が昇る前(始発前)に車で大劇場に行けばほぼ間違いなく当日券ゲット出来ましたから頑張っていました。ホンマ懐かしい。永遠、とは言いませんが自分の体力が続く限り5年でも10年でもああいった事をやり続けるような気がしていました。
            当日券を買った後は宝塚南口のガストで、お祝い感覚でビールを飲んだ事があるかも?(ぼかしますw)
            めいさんはお酒を飲まないんですね。はい、夫婦は「どっちも飲まないor飲む」が良いと思います。私と夫はどちらも酒グセが悪く、結婚したのも酔った勢いみたいなもんです。

            おっと話がそれたので初演エリザベートに戻しますね。
            このころはサバキがオッケーだったんですね。初演エリザベートの初日もそうだったんですね。
            エリザベートは当初、評判がイマイチだったようですね。「黄泉の国」や「死」が宝塚っぽくないとの事で。
            なんでそんな役を一路さんがやったんだろう?と思っていたのですが、この度めいさんから現役時代の一路さんについて教えていただき、そういった事情もあってチャレンジ精神たっぷりな作品を退団公演にしたのかななんて思っています。

            次のエリザベートはいつかなぁ?
            私としてはベルばらもやってもらいたいです。

            いつもありがとうございます。
            今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  3. めい より:

    紫苑さんの現役時代はですね・・・大人気ではなかったですが濃ゆいファンを持つ方でした。
    宝塚ひとすじの方だからでしょうか。

    退団公演の「カサノヴァ夢のかたみ/ラ・カンタータ」公演中のことです。

    観劇後、建物を出た辺りで紫苑さん会の会服を着た人が人目も気にせず大号泣してました。
    退団がよほど悲しかったのでしょう。
    同じ会服を着たお仲間の皆さん達が背中をさすったり「まだ東京があるから・・・」等と懸命に慰めてました。

    一路さんについてですが、40周年のコンサートが体調不良で延期になってますが、おそらくいつか開催されると思うので、それに行かれたらどうでしょうか?
    そのほうが一路さんのお歌をたっぷり聴けると思います。
    当初の予定では4回公演があり日替わりゲスト(瀬奈さん、水さん、壮さん、朝夏さん)の中に壮さんが含まれていたので壮さんがゲストの日に私も行く予定にしてました。

    また私のブログになってしまいますが、「エリザベート」初演時の話も入ってますのでよろしければお読みください。
    https://ameblo.jp/creativecolors/entry-12363244378.html

    天海さんが宝塚の目立つイベント等に出られないのは、宝塚を軽んじてるからではないと思います。
    そういうイベントに出るとマスコミが天海さんだけに集中して、他の元トップの皆さんや天海さんより上級生の皆さんがスルーされるのを避けるためだと、私は思っています。
    大がかりな劇団100周年の記念イベントには出られませんでしたが、その1年前の地味な音楽学校100周年の式典には出席されてました。

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      めいさん、紫苑さんは「濃ゆいファンを持つ方」だったんですね。なんかわかるような気がします、紫苑さんご自身が「宝塚への濃ゆい愛」を感じさせる方でしたから。生で拝んだのはベルばら45の一度きりではありますがオーラ感がすごかった。

      一路さんのコンサート、教えてくださりありがとうございます。うーん、一律12,000円はなかなかに高額ですね・・・フェニックスホールは座席数301との事で仕方ないかもしれませんが、にしても高いです。OSKの桐生さんのコンサートがあった近鉄アート館も300座席ほどなんですが、料金は3ランクありました。
      あと正直、ベルばら45で生のお顔を(双眼鏡越しではありますが)拝み、トークと歌を聴かせていただいて満足したというのもあるかもしれません。
      ほぼ同じ費用なだけにCUOREを思い出し、こちらに行きたいかもな気持ちもあります。

      めいさんの記事、読ませていただきました。
      一路さんと真矢みきさんにこれほどの差があったなんて!私は勝手に、真矢さんも劇団の「推し」ならぬ「押し」でアゲアゲされていたように想像していました。
      初演エリザベートの推しも凄かったんですね。一路さん推しと作品そのものへの推しの「ダブル推し」で劇団が躍起になっていたのかもしれませんね。

      天海さんが宝塚イベントに出ると目立っちゃう、というのはおっしゃるとおりだと思います。同じ理由で明日海りおさんも、花月どちらにもいたのに花月100周年公演に参加しなかったのでしょう。
      天海さん、音楽学校100周年式典に出席していたんですね。検索し、スポーツ誌の記事を見つけました。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました