[新人公演]噛んだ時の、その表情

新人公演

貴重な体験をした本公演の後、新人公演を観劇しました。

普通に視野を確保出来るだけで、めちゃくちゃ嬉しかったです。

セリフを噛んだ時に注目

セリフを噛んだ、その時の表情

新人公演は入団7年目以下のジェンヌさんばかりです。新人公演を観ていると、上級生ジェンヌさんとの大きな違いに「セリフを噛んだ時のスルー能力」がある事に気付きました。

上級生は噛んでもスルー

生モノです、上級生でも稀ではあれ噛む時はあります。が、基本的に皆さん、表情を変えずに何事もなかったようにスルーし、その後にも影響しません。なので観客もスルーします。

新人は顔に出やすい

が、新人公演に出ているジェンヌさん達ですと、噛んだ事による動揺が、そのまんまお顔に出て、その緊張感が観客まで伝わってくるんです。そう思うのは私だけでしょうか?しかし、それにしても、新人公演でジェンヌさんが噛むと観客が一気に静まりかえるような気がします。

ポイントは「顔に力が入るか」

この「噛んだ時のスルー能力」ですが、「顔や身体に力が入ってしまうかどうか」です。歌でも演技でもそうですが、ミスがあっても精神を穏やかにキープし、全身の力を抜いたまま続ける事が出来るか、精神の緊張が筋肉にも届きグッと力が入るか、これががわかれ道。身体の緊張は傍目にはわかりにくいですが、顔はもろ、わかりやすい。

日常生活でも

舞台に上がるわけでもない私ですが、ヨガや気功のレッスンにて、顔の力を抜く練習をする事があります。先生はだた抜いてと言っても生徒がうまく抜けないのをよくわかっていて、一旦わざとグッと力を入れて、パッと抜くといいと教えてくれました。日常生活でも、自分の精神状態が穏やかではない時、顔を意識するようにしています。えてしてビックリするほど力が入っているものです。で、意識して力を抜くと、メンタル面も軽くなるような気がします。

昨日の新人公演では

軽くフリーズ

さて、昨日の新人公演の話に戻ります。セリフの多い多いお芝居を頑張っていた主役の碧海さりおさん(101期・5番入団)ですが、噛んだ時、短い瞬間ではあれフリーズしていました。

私はこの時、碧海さんのお顔に大注目し、けっこう上手に切り替え出来たと思いました。ただ、碧海さんはもしかしたらずっと気にしていたのかもしれません。舞台後の挨拶で「押しつぶされそうだった」といった趣旨の発言をされていましたし、その時の表情がまた、辛そうで。もう私、舞台へ駆け降りてギューってハグしたくなりました。

プログラムで気になる文言

そもそも新人公演が始まる前に読んでいたプログラムで気になっていた事があったんです。碧海さんの「礼さんと同じように演じるのは難しい」といったコメント。「でも元気に頑張りますね」といった文章で締めくくってはありますが(まるごと引用してはいけないと思いかなり意訳しています)、ここは、「礼さんと同じように演じる事を目指します」といった、プラス感しかない文章を持ってきてもらいたかったです。

もし碧海さんが本心では自分に自信アリアリだけど、あくまで文章だけ、謙遜して「難しい」としたならそれはいいのですが、演技やご挨拶の様子を観て私は、碧海さんはまだ演技に自信がないんじゃないかと感じました。だから、こうゆう時こそプラス感しかない文章で自分を盛り上げてもらいたいと思いました。

自信アリに見えた、咲城けい

自信アリアリっぽい

と、碧海さんにいろいろ感じていた一方、少なくとも私には、非常に自信アリッアリに見えた新人さんがいました。

慶梁(けいりょう)を演じた、咲城けいさんです。慶梁は本役では天寿光希(91期・主席入団)さんが演じていて、主役の部下でありながら欲を出し、裏切ります。

舞空瞳とや蘭世惠翔と同期

咲城けいさんは102期生で、3番入団です。同期の主席入団、舞空瞳さんはトップ娘をしているのに咲城さんはまだまだ新人男役なのですから改めて、男役と娘役の成長ペースの違いを感じます。また、君島十和子さんの娘さんである蘭世惠翔さんも102期生です。13番入団。蘭世さんは2019年に娘役に転向しています。私はIAFAの新人公演を観劇し、蘭世さんの美しさに圧倒されました。

張りのある声、礼真琴に似た顔

咲城さんは張りのある声が魅力的ですし、演技力もとてもあると思いました。とにかく、自信がみなぎってるように見えたんですね。それにね、お顔が、礼さんに似てると私はすごく思いました。近いうちに新公主演、きっと来る!って思っています。その時は絶対行きます!演技もだけど、プログラムのコメントも気になります。

余談・柚香光

本当に、余談なのですが・・・花組トップになったばかりの柚香光さんは、上級生としてはかなり、お顔にメンタルが現れやすいジェンヌさんだと私は思っています。お芝居、歌の時、自信なさげに見えるんです。寂しそうな顔をしてるように見えて仕方ない。私は切なくなり、やはり舞台に駆け降りてギューとハグしたくなります。

いっぽうダンスになると柚香さんは一気に表情豊かになり、顔の力が抜けまくっていると感じます。全身の力も抜けているのでしょう、極めてしなやかなダンスです。

柚香さんには、少々自信がないジャンルでもとにかく、力を抜いてにこやかに、表情豊かでいてもらいたいです。

もう1回星組公演を観たら、次はいよいよ花組公演。予習すべく原作漫画を読みましたので、近いうちに感想を記事にしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました