「宝塚の殿堂」望海風斗特集、車でリベンジ

その他の宝塚

前回2月1日の、愚痴1000%な記事を書いたあとの私は・・・

「明日、リベンジする」

で頭パンパンでした。
私の中で「明日、何としても宝塚の殿堂の、望海風斗特集を見る!」が決定していたのです。

整理券配布時間は
大劇場公演が2回の日→9時30分
大劇場公演が1回の日→10時
と決まっています。
今日は2回の日だったので、9時30分には到着していようと思い頑張ったら、

8時42分の到着となりました。
電車の方が安上がりなので、これまでは車を使うのは当日券チャレンジする時だけにしていたんですね。なんせ、当日券チャレンジの際は電車がない時間帯に大劇場に来ていましたのでwww
前回車で大劇場に行ったのは、礼真琴さんお披露目公演の新人公演の日。この時は新人公演だけでなく本公演も当日券で観劇できて・・・楽しかったなぁ。
その頃はまだ大劇場となりの駐車場は整備されておらず、5分ほど歩いた先のニトリの駐車場などを使っていました。

で、当日券チャレンジほどの早朝ではないものの久しぶりに朝早くに大劇場に行く事にした今日、車にしたんです。
そして初めて大劇場となりの駐車場に停めてみました。入場の際に1,000円を払うシステムでした。
入口には作業服を着たスタッフさんがいまして、あまりに駐車場がガランとしていたので入場の際に「今日、営業していますよね?」と聞いてみたら「はい!お客様は本日1台目です!」と実にハキハキと答えてくれました。

というわけで・・・

しばし、広い駐車場をひとり(一台?)じめしましたwww
宝塚大劇場と宝塚ホテルに挟まれた、実に便利な立地です。
けれど、宝塚ホテルの駐車場はここじゃなく、ホテルの奥にあります。なので宿泊される方はお間違えのないように。

車を停めたら、スキップで到着するほどの近さの大劇場へ。

これ、フリップスティックという、スティック型の簡易椅子です。
当日券チャレンジで並んでいた頃に愛用していました。
使うとラクな上、しゃがんで座り込むより目立たないのが魅力です。

Amazon | 【Flipstick-フリップスティック-ホワイト】ワンタッチで杖にもなりコンパクトに持ち運べる一本足の折りたたみイス/椅子 | Flipstick | チェア
【Flipstick-フリップスティック-ホワイト】ワンタッチで杖にもなりコンパクトに持ち運べる一本足の折りたたみイス/椅子がチェアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

並ぶのがね、とにかくいろいろ懐かしかった。

この、前に人がいる感じとか、

持参したレジャーシートに荷物を置いたりとか、

大劇場のスタッフさんが案内してくれる様子とか、

ズラズラズラと並んで歩いたりとか。

コロナ前、何度となくやってきた事です。
ずっと続くと思っていました。特に新人公演は抽選に当たらなくてホンマ、当日券ばかりだったし。

まさかコロナで当日券制度も、新人公演もなくなってしまうなんて。

懐かしんでいる時間はさほどなく、すぐに整理券を受け取りました。
1時間も並んでいないのに整理券番号が若かったです~

「Memories of 望海風斗」、ついに来たー!

読者さんがコメントで教えてくれた、握り飯やバラや王冠をチェック。
この王冠、舞台のとは違っているような気がしましたがどうでしょう???

何より私が一番、感動したのは・・・

望海さんが「ファントム」で着用したウィッグです!
なんせ私、自称、ウィッグ評論家なのでwww

もうねぇホンマ、感動のウィッグでしたよ。
安価な人工毛はテカテカ光ってしまいがちですが、だいもんエリックウィッグは艶が出すぎず自然な上、

見えます?複数の色の毛を使っているんですね。
一般人向けでも、高級なウィッグは多色使いしています。お見本のような仕上がりでした。
複数の色の中でも、うっすら緑がかった色がもう、センス抜群でしたね。

触りたかったなぁ。
私が使っていたウィッグのハイグレード人工毛は、見た目が素晴らしいものの硬くてチクチクするんです。
なのでだいもんエリックウィッグの人工毛はどうなのか、すっごく触りたかった。触っちゃダメと札がかかっていたので諦めましたけど。

ちなみに、人工毛が超ハイグレードだった一方で人工皮膚はローグレードでした。
ま、舞台なら気にしなくて良い事です。
ですがリアル生活でバレたくないとなるとこの人工皮膚ではマズイですね。

このウィッグは間違いなく、リアル生活用のウィッグを造っているメーカーがこさえたものでしょう。
で、一般人がこれと同じグレードのウィッグをオーダーするとなると、人工毛だけでなく人工皮膚もハイグレードにするわけで、ま、100万円では足りないですね・・・

ちなみに、

デボラやキャロルのウィッグは単色使いと思われます。
ホンマね、ウィッグは小道具のひとつに過ぎないけれど、奥が深いです。

そうそう、ウィッグよりおそらく注目されるであろう、黒燕尾。

私はOSKも大好きなのですが、襟のこの部分がシワシワに劣化している黒燕尾を来ているスターさんが複数、いるんです。
「OSKだよ!全員集合!」で気付いてとても気になったのですがその後、OSKにとって非常に重要な公演であるはずの「春のおどり」でもシワシワ襟な黒燕尾を発見してしまいました。

そんな事を、
これ以上ない程にピーンッ!としただいもん黒燕尾の襟を間近で見て思い出すなんて・・・
私はやっぱ、根性悪い。

あっという間に10時50分の時間制限がせまり、ギリギリまで滞在しました。
それでもまだ、時間がありあまっていました。
本日2月2日はもともと、聖乃あすかさんの「PRINCE OF ROSES -王冠に抱かれし男-」の観劇が入っていたんです。15時公演。

さて、私は4時間におよぶ待ち時間をどうすごしたか。
そして・・・待ち時間をすごした後に観劇したバラ王子をどう感じたか。

明日以降、記事にしますので良ければ読んでやってください。

そうそう、

バラ王子観劇後、駐車場から車を出す際、トイレがある事に気付きました。
これはきっと、朝早くから当日券チャレンジで並ぶヅカファンのために作ったんだろうなぁ・・・

新人公演が、当日券制度が、また復活しますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました