宝塚ホテルに超お得に泊まった証拠見せます

その他の宝塚

9月3日追記:読者さんより「宿泊したがおみやげ購入券はもらえなかった」とご連絡いただきました。兵庫五国の名湯に泊まろうキャンペーンは9月22までのようですが、予約枚数を達し次第終了とあるので終了したと思われます。

こんばんは。

大劇場となりに出来たばかりの宝塚ホテルに泊まってきた、たーです。

私のような庶民には本来高嶺の花なのですが、さまざまなキャンペーンのおかげで超・お得に泊まる事が出来ました。そこでタイトル通り、証拠を記事にまとめてみます。

チェックイン時に受け取ったあれこれです。「開業記念品付き宿泊プラン(朝食付き)」を予約したので、「朝食券」と「3施設共通施設利用券2,000円ぶん」を受け取る事はわかっていました。

が、画像の通り、チェックイン時に思いがけず、「温泉地おみやげ購入券」も受け取ったんです。画像ではわかりにくいですが、4枚、4,000円ぶん。

兵庫県独自のキャンペーンのようです。私は全く、知りませんでした。

詳細はこちらの公式サイトをチェックしてください。宝塚ホテルは「宝塚・武田尾温泉」の宿泊施設リストに載っています。

ルールでは「宿泊料金がひとり1泊5,000円以上だと1,000円分、10,000円以上だと2,000円分の購入券がもらえる」とあるんですね。

私が受け取ったのは4枚なので、ひとり1泊10,000円以上の扱いになっているんですね。えっ、そんな高いプラン頼んでないよ!!!とビビッたのですが・・・謎は解けました。

本来はふたりで20,400円で、明細にもこの金額の記載があります。どうやらこの料金で判断し、ひとり1泊10,000円以上の扱いとなったようです。ホテルに直接確認したわけではないですが、ふたりで4,000円ぶんのおみやげ購入券がいただけたので、そうだと思います。

本来20,400円と言っても申込み時点で7,140円のGoTo割引があり、私が払ったのは13,260円

そしてこの13,260円の中に

  • 開業記念品プランの利用券2,000円分
  • おみやげ購入券4,000円分
  • 朝食4,600円分(定価ひとり2,300円)

トータル10,600円の利用料が含まれているんです。つまり・・・純粋なホテル利用料は、

13,260円-10,600円=2,660円

となりました!

宝塚歌劇らしさがあふれている宝塚ホテル、ご興味あれば是非チェックしてみてください。

楽天トラベル:宿泊予約
宝塚ホテル(2020年6月21日移転開業)の設備・アメニティ情報: 総部屋数200室。館内設備: レストラン、ティーラウンジ、宴会場、結婚式場、禁煙ルーム、自動販売機。部屋設備・備品: テレビ、電話、モジュラージャック、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー(貸出)、...

これにて証拠は終了です。で、「専業主婦のつまらぬ愚痴を聞いても良いよ!」な懐のふかーい方のみ、さらにこの下にズズッとお願いいたします。

・・・

・・・

タカホは新しく美しく本当に、とても素晴らしかったです。暑い暑い日でしたが、ホテルに入れば外の暑苦しさからは逃れてたちまち、天国に。

しかし・・・娘の暑苦しい束縛からは逃れる事が出来ませんでした。

例えば、朝食。

人工物のオブジェとはいえキレイに飾り付けられているレストランに心躍りました。娘は洋食、私は和食をいただきました。

和食はメニューの写真通り、大きな器がいっぱい並んでいましたよ(でも量はさしてない)。

素敵な朝食でした。で、食後のコーヒーをいただいている時に私だけ席を外してちょいと、お手洗いに行ったんですね。レストラン内にはないのでいったんレストランを出たわけです。

すぐに戻ってきたのに・・・

レストラン出入口にずっといるマネージャーと思われし壮年の男性が、戻ってきた私を見るなり「おかえりなさいませ」と言ってくれて、この時なんか、安堵の表情を浮かべたんです。

この表情が何かひっかかりつつ、中に入ったら・・・

ヒッ!(心の声)

ってなくらい、娘と目が合いました。

驚く私の顔を見て、ニタッと笑う娘。

どうやら・・・私が離席してから娘はずっと、出入口をにらみ続けて私の帰りを待っていたようです。赤ちゃんの頃からこんなところがありました。

マネージャーさんらしき方はそんな娘を心配し、私の帰りを娘と一緒に待ちわびてくれたんですね。

言っときますが・・・現在も娘はまだ未成年ではありますが、ですが決して、5分10分待たせる事が危ないような年齢ではありません。ひとりで通学し、休日に友達と遊びに行ったりして何ら問題のない年齢です。思春期特有のワガママもめいいっぱい、あります。

しかし「自分がヒマな時」はまるで幼児のようにひどく私を束縛するんです。会話を強要し、かつ会話の内容は娘にとって楽しくないといけなくって(=基本的に私にとってはつまらない)。

この記事は娘が他の事(お風呂、テレビ、友達とのラインなど)をしている時間をつなぎ合わせて書きました。読んだ方がイマイチに感じたのでしたらそれは、私の集中力不足のせいです・・・

あらー!!!すっかり長くなっちゃいました。ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。もうね、贅沢だ、主婦の戯言だと罵られるのを承知で書きました。

明日娘は出かけますので、私は自宅でタカホステイやその他、つらつら記事にするつもりです。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました