初嶺麿代がみくさん合格を確認したロビー

ジェンヌさん

「沸騰ワード10」、私も見てました。熱心に見ている娘に付き合っていたような感じです。宝塚音楽学校受験生のみくさんが密着取材を受けていて、たくさんのブログで取り上げられていましたね。みくさん達受験生に注目しまくる娘の一方で私は、生徒さん達より受験スクール運営者であるジェンヌOG、初嶺麿代さんに注目していました。美貌はキープしているし、生徒に見せるお見本の演技がまぁもぉ素晴らしいしで。何より、責任重大な立場で強いストレスにさらされている初嶺さんがどのようにメンタルを保っているかを知りたいです。でもうこういった感想は流れに沿わないので当時記事にしなかったのですが、

「ママッ!!!ママッ!!!ここっ!!!初嶺麿代がいたところだよ!!!ほら、テレビ出てた!!!」

って娘が私をバシバシと叩きながら言ってきて、私も「そうだここだ、ここに初嶺麿代が来たんだ」と感慨深くなり、記事にしてみました。

宝塚ワシントンホテルのロビーには決して、初嶺さん狙いで来たわけじゃありません。

宝塚ホテルに泊まった時にもらった「温泉地おみやげ購入券」が使えるお店を調べたら、宝塚ワシントンホテルも入っていたので売店目当てに行ってみたんです。その売店のとなりがロビーだったわけで、私は忘れていましたが娘は覚えていて、教えてくれました。

売店は品揃えがかなり少なめで購買意欲を刺激しなかったです。あと、余計な話かもしれませんが、ロビー向かいのレストラン「シャンゼリゼ」はじめ、ホテル全体的に年季が入っている印象でしたが(真新しい宝塚ホテルを見ていただけに余計?)、このロビーだけはやったら広々と場所を取り、椅子などが新しくて、「ひょっとしてテレビを意識した?」なんてゲスゲス、しちゃいました。

実は・・・宝塚ワシントンホテルの前に、ホテル若水に行っていました。

JR及び阪急の宝塚駅から阪急宝塚南口に行く時に便利なのは「宝塚大橋」ですが、ワシントンホテルのすぐそばに「宝来橋」があり、渡ってみると

こーんな感じの、素敵な風景が広がっています。大劇場や宝塚ホテルも見えます。

右、ナチュールスパ宝塚さんは日帰り利用も出来るそうなので(女性1,040円)、いっぺん観劇帰りに行ってみたいのですが、私はお風呂上がりに電車には乗りたくない=車で大劇場に行った時に限定されるため、いつになるかわかりません。

左、ホテル若水はいかにも、いかにもな温泉旅館的風貌です。大劇場に通いだしてからいっぺん入ってみたくて、おみやげ購入券を片手にルンルンと向かいました。

ですが・・・

とにかく、とにっかく人が少なくて、売店も想像よりはるかにコンパクトだったのでそそくさと退散しました。それにしても宝塚のお土産は炭酸せんべい(有馬温泉のと似た感じ)と宝塚歌劇団関連のお土産に頼りっきりですね。宝塚ホテルでも宝塚ワシントンホテルでもホテル若水でも、皆似たようなラインナップでした。

というわけでお土産は買わず、記念撮影だけはしっかりして、

宝来橋を逆方向に渡りました。左側に見えるのが宝塚ワシントンホテルです。

宝塚駅にめちゃくちゃ近く、武庫川など自然にも近い、立地最高のホテルでした。だからか、年季が入っている割にはけっこう高めな印象です・・・

楽天トラベル:宿泊予約
宝塚ワシントンホテルの設備・アメニティ情報: 総部屋数135室。館内設備: レストラン、ティーラウンジ、ラウンジ、バーラウンジ、宴会場、会議室、大浴場、サウナ、禁煙ルーム、売店、他。部屋設備・備品: テレビ、有料ビデオ、有線、衛星放送(無料)、電話、モジュラージャック、インターネット接続(LAN形式)、インターネット接...

で、おみやげ購入券はどちらのホテルでも使わなかったので後日、カフェ・ド・ヴォアラさんで使いました。

なんとオーナー様より、お礼のコメントをいただきました。こんなサブタイトルを付けた記事にお礼をしてくださるオーナー様の懐の深さにただただ、恐縮しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました