綺城ひか理について書いてみる

ジェンヌさん

年功序列がまかり通る世界ではないと、わかっていたんですが・・・
好きなジェンヌさんがあからさまに番手落ちするとやっぱり、悲しいですね。

「マノン」でレスコー(マノンの兄)を演じるのは綺城ひか理さんだと思っていました。
なのでこんな記事を書いたんです。映画版「マノン」で予習した際に。
「マノン兄は綺城ひか理?」と、いちおう「?」でしめくくったサブタイトル画像を付けたけれど、実際のところ「そうに違いない!」と信じていました。
単なる願望ではなく、順当ならそうであったはずです。

しかし配役が発表されると・・・綺城さんはロドリゴの友人、ミゲルでした。
映画版「マノン」では、堕落・破滅の道に進んでいこうとする主人公を友人が必死で止めようとするシーンがあるんですね。なので宝塚版でもそういったシーンがあるのかもしれませんが、映画版でのこの友人の重要度はかなり低いんです。ぶっちゃけ、いなくてもいい。
宝塚版では3番手ゆえ映画版よりはヨイショされている可能性が高いとしても、にしても2番手のマノン兄との差は歴然としているはずです。

私は、とてもショックでした。
綺城さんにマノン兄、とても合っていると思っていましたので。
陽キャラというよりは暗く冷たい役が向いていると思うんですよね、綺城さんって。

マノン兄は暗く冷たくズルく自己中で、凶悪で・・・
映画で見る限り、マノンの性悪女ぶりは、あの兄とのセットなんですよ。主人公が堕落しまくったのも、あの兄のせい。

難しい役どころですが綺城さんならやれる!楽しみ!
って心底思っていました。
なのでやっぱり、残念です。

マノン兄の役を射止めたのは、102期の天飛華音さん。97期の綺城さんより5期も若いです。
他の宝塚ブロガーさんの表現をお借りすると「下剋上」や「番手の逆転」が起きたんですね。
天飛華音さんにとっては抜擢で、綺城さんにとっては番手落ち。

またも他のブロガーさんの記事を参考にさせていただきますが、天飛さんは初の大抜擢!というわけではなく、「エル・アルコン」でキャプテン・ブラックを演じた時点で抜擢されていたそうです。
エル・アルコン、梅芸で生観劇したんですが私はキャプテン・ブラック、ほとんど覚えていません。抜擢だと知っていれば注目していただろうにな。でも本当に何かすごいものがあれば、おのずと注目していたような気がするんだけどなぁ。

それにしてもああ、何たる皮肉・・・
私にとってエル・アルコンは、綺城さんに注目する大きなきっかけだったんです。
どうにもウィッグがミスマッチだったんですよね。ウィッグユーザーだった身には許しがたいレベルでした。礼真琴さんは超バッチリ、天華えまさんもなかなかイケてたので余計に綺城さんのウィッグが気になり、記事にもしました

ウィッグが似合わないと思ったのがきっかけで注目し、ウィッグを被っていない綺城さんの美しさに魅了されたんですね。なんか変なきっかけだけど、私にとっては事実です。

さらに、ロミジュリA日程でも同じ現象が起こりました。
パリスのウィッグが「勘弁してよぉ」レベルにミスマッチだったけど、ウィッグをかぶっていないフィナーレではそりゃあもう、美しくって・・・
ロミジュリB日程のベンヴォーリオでは、ヘアスタイルにこれといったものは感じなかったものの歌が上手くてビックリしましたし。あ、こうゆうのが通常の「好きになるきっかけ」かなw

いろいろ書きましたが・・・
綺城さんを好きな気持ちは変わりません。和モノが似合いそうだから、大劇場公演「柳生忍法帖」も楽しみです。

コメント

  1. いちご より:

    こんにちは(^^)
    綺城さん、私も実は好きな方でして、、えへ。

    3年前、東京宝塚劇場で花組Messiahを日帰り観劇した日のこと。
    友人と4人、福岡からの早朝便で羽田に到着したので朝食を食べようと劇場そばのミッドタウンへ向かったら、劇場前に入り待ちの方々が座り込んでて。
    ミーハーな私たちは朝食は後回し!と、会の方の後ろで立って見始めました。 
    すぐ現れたのが、すらっと高身長で白シャツにスッピンに丸眼鏡をかけた方。
    ファンの方々に対してニコニコ笑顔で朗らかに挨拶されていて。
    和やかな雰囲気でお話されたあとに、本当に感じ良くお手紙を受け取っていて『爽やか!声も優しい!すごくいい人そう!』と、私の中でタカラジェンヌってこんなに良い人たちの集まりなのか、、と株が爆上げでした。
    当時は花組は全然詳しくなかったので、その方があとで綺城さんだとわかったのですけどね笑

    それからずっと気になって観ています。
    綺城さんみたいな人は宝塚じゃなくても、、、
    もし一般企業にいても、皆から愛されて信頼される人なんだろうなぁと思いました。

    個人的に礼真琴さんも好きだったので、星組に組み替えされ時は2人同時に観れるのか!!と嬉しかったです。
    綺城さんはどんな役をされてもきっと素敵だと思います。
    一緒に応援しましょう!

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      いちごさん、福岡からだと東京は新幹線より飛行機が便利ですか?福岡空港って立地が良いらしいですね。という事は大劇場にいらっしゃる時は伊丹空港からですか?
      飛行機は乗れば乗るほどお得らしいですね。夫は出張で飛行機に乗る事が多く、搭乗前に無料でビールが飲めると言ってます。

      きっかけって、大切ですよね。
      いちごさんは偶然居合わせたMessiahの入待ちがきっかけだったんですね。
      スタイル抜群なジェンヌさんたちの中でも綺城さんはずば抜けていると私は思っていましたが、やっぱりそうなんですね!普段着でもすらっと高身長なんですね!
      すっぴんに丸メガネというのも萌えますね。という事はコンタクトレンズを使っているのかな?どこのメーカーなのか気になっちゃいます。
      美しい上に、ニコニコと挨拶していたなんて!
      礼儀正しい美人なのですからそりゃあ、一般企業にいても皆から愛されて信頼されるでしょうね。

      ジェンヌさんにとって組み替えはいろいろ大変でしょうに、綺城さんはイキイキしているように見えます。
      はい、どんな役をされてもきっと素敵だと私も思います。ウィッグがどうなるのかもハラハラしつつ楽しみですしw

      とはいえ、素敵すぎるわけにもいかないんですよね。
      一番輝いているのは礼さんじゃないといけないので。
      綺城さんにとって、あの美しいお顔や、礼さんより背が高くプロポーションが良い事は、メリットばかりではないかもしれません。
      私は、柳生十兵衛のビジュアルは礼さんより愛月さんや綺城さんの方がフィットすると思っています。
      礼さんは和モノに不利じゃないかと・・・
      次の星組公演で、このあたりどうバランスを取るのかに注目したいです。
      はい、一緒に応援しましょう!

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. conga より:

    各方面に忖度のないたーさんの自分ファースト(笑)記事…応援してます~

    これね…こういう別箱の役付きからじわじわ知らしめていくのってちょっと辛いものがありますよね…。同じように別箱の役であ…ってなったのは記憶に残っているところでいうと雪組の彩凪さんです。花組でもそのうち発表があると思うんですが哀しみのコルドバの配役。

     主人公エリオ:花形闘牛士
     2番手役ロメロ:実業家、ヒロインのパトロン。渋い大人の男
     3番手役ビセント:闘牛士で色男。駆け落ちする
     4番手役フェリーペ:ロメロの甥。王子様っぽい

    ここまでが見せ場のあるおいしい役なんですが
    彩凪さんの役がアルバロで…作品を見たら納得してもらえると思いますがアルバロって↑の四役に比べて明らかに軽い役なんですよ…。
    (私がすごく好きだった未涼亜希さんがその前にやった「哀しみのコルドバ」で番手的にヴィセント?フェリーペ?と思っていたらアルバロで…まっつ路線落ち!やめるかも?!とか騒がれたのでよりああ…って思ってしまった)

    ちなみにその時のビセントは彩風さん、フェリーペは永久輝さんでした。うーん分かりやすい。彩凪さんはこの公演の前の大劇場公演で、彩風さんとフィナーレ階段降りでの立ち位置が変わったのでもう彩風さんに抜かれたことはわかっていたんですがそれでもあからさまな路線外通告みたいでけっこうショックでした。
    でも今は、彩凪さんのアルバロその後は当時予想したような悲惨なものではなかったと感じています。(一応言うと未涼さんも)

    今回の花組のアルバロは誰でしょうね。永久輝さんが多分ロメロだしあとの路線っぽい人達は
    永久輝さんより下級生なので別に誰でも荒れないと思いますが(笑)

    でね、これだけ書いておいてなんですが私は綺城さんが天飛さんに今完全に抜かれた、とは
    思ってないんですよ。
    ロミジュリで天飛さんがどこにいたのか結局私は見つけられていないので…
    綺城さんがロミジュリに出ていたかどうかわからないって人は、さすがにいないですよね?
    彩凪彩風の時と違って本公演でここまで立ち位置の違いがあるのにいきなり抜き去るっていうことはちょっと考えられないので、新人公演ができない今別箱でいい役を当てて育てる作戦が入ってるんじゃないかなって思っています。
    その間に綺城さんには早急にかつらのセンスやお化粧をもっと磨いてほしいと思っています…
    せっかく素顔は綺麗で背が高くて歌えるのにもったいない!!

    初演のミゲルは、蘭寿さんを2番手で支えた後トップになった壮さんが演じていました。
    確かに蘭寿さんのやったレスコーの方がおいしい役ではありましたが
    ミゲルもそれほどどうでもいい役ではないですよ。
    綺城さんのキャラクターにあっていると思います。私はアルフォンゾ公爵が楽しみです。
    (ただ、個人的にはマノンという宝塚作品が再演される価値があるのか、
    そして愛月さんにロドリゴというキャラクターが合っているかどうかは結構疑問です…)

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      congaさーん、「哀しみのコルドバ」はいかにも「ド定番のシバター」なストーリーっぽいですね。
      名作だからかウィキるとあらすじどころじゃないレベルで公開されちゃってますが、めっちゃ私の好みな感じwww
      雪組の時は望海さん、ロメロだったんですね。ラストがラストなだけにエリオが似合っていそうだけど、当時は2番手でしたもんね。
      にしてもエリオは何故、絶望しまくったんだろう?異母兄妹くらいええやん、って私は思うのですが。

      ウィキでストーリーが公開されまくっているのに、名前が出てこないアルバロ・・・
      実際の舞台ではそこまで軽くないのでしょうが、本筋には深く関わらないというのは何となくわかります。
      未涼亜希さんは私はよく存じませんが、アルバロを演じてしばらくして組替えし、東上主演してから退団しているんですね。なのでそれなりの路線であったのだと思います。彩凪さんは東上こそなかったものの、格の高い役でしたし。

      銀ちゃんでもマノンでもズッコケた事に懲りず、「たーファースト」でキャスト予想してみますと
      主人公エリオ:柚香光(確定)
      2番手役ロメロ:永久輝せあ(ほぼ確定)
      3番手役ビセント:聖乃あすか
      4番手役フェリーペ:一之瀬航季
      アルバロ:優波慧(本命)または和海しょう(サブ)
      あたりでどうでしょう?
      アルバロは「しおり対決」にしてみましたw
      聖乃さんはバラ王子の印象が強すぎてフェリーペなイメージですが、順当ならビセントかと。

      新人公演が出来なかったぶん、別箱で抜擢!というのはそのとおりだと思います。
      そうですね、「マノン」だけで完全に番手が変わった!ってのは早計ですね。彩凪さんと彩風さんは1期しか違わないけれど、綺城さんと天飛さんは5期も違いますし。

      congaさん、ロミジュリで天飛さんを発見出来なかったんですかー!ホッとしました。私もわからなかったんですがなんせ節穴eyesなので、私だけかと思っていまして。
      エル・アルコンでもレッドな愛月さんは覚えているんですがブラックの天飛さんは覚えていません。
      配信、楽しみです。「夢千鳥」の配信では亜音有星さんにロックオンしましたので、「マノン」では天飛さんにロックオンかも。余談ですが亜音さん103期かぁ、宝塚は新陳代謝が激しいですね。

      綺城さんのウィッグなんですけどね、ひょっとしたらこのちょいダサが、私にはツボなのかもしれません。
      リアル男性でも、自分の魅力を引き出しまくっているオシャレな人を好きになった事がないんです。
      だからか「ああ、ここをもうちょっとこうしたら」といった余地を感じさせるジェンヌさんに惹かれます。宝塚を好きになった頃はとにかくジェンヌさんに完璧を求めていたんですけどね。
      綺城さんはウィッグやメイクでもっとずっと変わる可能性が大だと思います。

      私は宝塚版「マノン」を観ていないので再演価値うんぬんはわからないですが、ロドリゴのキャラは礼さんの方が合っているような気がします。ファンにミスマッチ感を与えるのが宝塚だ、とはわかっているつもりですが・・・
      綺城さんにミゲル、合っているんですね。アルフォンゾ公爵は映画ではマノンに利用されて激昂していましたが、宝塚版でもそうなのかな?朝水りょうさんはノーマークでしたがcongaさんおすすめなのですね。
      楽しみです。

      いつもありがとうございます。
      節穴eyesで自分ファーストな私ですが、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  3. conga より:

    天飛さんは確かBチームでAの時は本当に舞台に出ていないんです、それでより分からなかったんだと思います(退団する桜庭さんが群舞に見つからなくて絶望しましたがやっぱりその時は出ていなかった)私はそんなに思わないですが、蘭寿さんに顔が似てるって言われていますね。私、極美さんは壮さんに似ていると思っているので…やはり劇団が好きな路線顔というものがあるのでしょうか。マノンがたーさんにどう映るのか(ファム・ファタールが感情移入できなくてイヤ!という観客も一定数いると思うのですが、たーさんはそうではないですよね?)配信の感想も楽しみです。有沙さんはすごく上手にマノンをやってくれそうです。

    たーファースト、いいですね!私も花組配役予想はこれに乗っかります(笑)
    未涼さんは歌が上手で、アルバロも削られていなければ歌の見せ場があるんです。
    だからとにかく歌上手なジェンヌさんがやってほしい役ですね。
    (そういう意味で彩凪さんは…好きだけどやっぱり別の役が良かったです…)
    なので優波さんもいいけどイケボの和海さんの方がより希望したいかも。
    エリオが絶望しまくるわけ、私も観劇当時よく分からなくて調べたらこの人たちは全員敬虔なキリスト教徒で、キリスト教は近親相姦が原罪になるそうです。なのでエバとの愛を貫くということはすなわち神に背くことであって…そのあたりは非キリスト教徒の日本人には感覚的には理解しづらいですね。

    もっとこうしたら…の人の方が気になってしまうの分かります~
    というか、好きだからこそもっとこうしたら…って思ってしまうような気もします。
    好きなジェンヌさんについての感想を述べあう時、相手にそんな細かいところ見てなかった、〇〇さんすごいかっこよかったのに、好きならもっと褒めてあげなよ~と言われたことがあり、熱心なファンってとてもめんどくさいんですね(笑)

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      congaさーん、私はかねてより「congaさんは何故自分で宝塚ブログしないんだろう?私よりうーんと詳しいのに」って思っていたんですが、昨日寝る前に気付いてしまいました!
      あまりにも知りすぎているからこそブログしないんだ、と。
      知っているからって何でも書いていいわけじゃない。忖度フリー、自分ファーストってわけにはいかない。
      ・・・だから、ブログはしない。
      って思ったんです。当たってますか?

      さて、
      天飛さんはBチームのみの出演なんですね。円盤、Bのみ買う予定なのでラッキーって思っちゃいましたw
      桜庭さんはエル・アルコンで大活躍していたので今後が楽しみだったのに、残念です。
      天飛さんと蘭寿さんって似ているんですね。私はまだ天飛さんをしっかり認識していないので、マノンを楽しみにしています。蘭寿さん似というと、106期の涼宮蘭奈さんがすごく浮かびますー!
      極美さんは壮さん似なんですか?うーん、おふたりとも丸顔ではあると思うけれど、頬骨が目立つ・目立たないのあたりで私は似てないと思うんですよね。壮さんの現役時代を知らないからかな。
      朝夏さんにせよ、劇団が丸顔を好むのは何となく感じます。

      はい!私は好きですよ、ファム・ファタール!憧れです!美貌と知恵で男をたぶらかし、破滅するまで搾り取る・・・私もこんな女性になりたかったです。ただ、マノンはだめですね。途中でしくじっているので。
      私は有沙さんのマノン、ファムファタ絶好調ぶりも楽しみなんですが、しくじりだしてからをどう演じてくれるのかもすごーく楽しみなんです。男役でも言える事ですが、キラキラよりもズタボロやクソカスを演じる方が難しいと思っていますので。

      未涼さんは歌上手な方なんですね。アルバロに歌の見せ場があるなら、しおり対決は和海さんに分がありますね。優波さんもお上手なんですが和海さんは特別ですからね!歌上手となると羽立さんも気になりますがアルバロはないか・・・何の役なのか楽しみです。そうそう、彩凪さんはもうすぐバースデーコンサートがあるようですね。

      エリオの絶望、なのですが、旧約聖書のレビ記に近親婚を禁ずる文言があるようです。確かに現代の日本では通じにくい感覚ですね。
      余談ですが、カトリック教徒だったはずのスペインハプスブルク家は近親婚を繰り返していたんですから、辻褄が合わないですね・・・

      そうなんですよね、好きだからこそもっとこうしたら、思ってしまうんですよね。
      で、思いが募りすぎると、辛口になっちゃうw
      過剰な母性とでもいいましょうか、おせっかいというか。
      はい、熱心なファンってとてもめんどうくさいです

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  4. めい より:

    もしかしたら?なんですが脚本を手直しされる可能性も。

    綺城さんは初演時の壮さんより男役さんとして、ずっと出来上がってると思うので

    ミゲル役の比重が上がるのかもしれません。

    例えば、ミゲルの回想という形で進行役も兼ねるとかもありかな?と。

    アベ・プレヴォーの原作はありますが、古い作品なので主役2人以外の比重
    変更は可能なのでは?

    物語の舞台も原作はフランスなのにスペインになったり、ベトナムになったりしています。

    以下は自分のブログ(2018/8/6)からのコピーです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    壮さんの組替え(花→雪)はこの年(2001年)にあった「マノン」公演中に告げられたとのこと。

    「マノン」で蘭寿さんはレスコーというマノンの兄役。

    美貌の妹を操るヒモのような男なのですが、悪いけれど何ともいえない魅力のある色悪男で見事でした。

    こんなことを書くと、ほんとに壮さんファン?と言われそうですが

    同期で同年齢なのに、蘭寿さんはこの時点で立派に男役として出来上がっていて感心しました。

    壮さんはミゲルという瀬奈さん(主演)の親友役。

    人が好いだけのぼんやりした人で、お芝居も高校か中学の演劇部の人みたいでした。

    実力差がはっきりしていたのが、当時の蘭寿さん&壮さんです。
    (時間をたっぷりかけて最後は追いついていたと思いますが)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    • 関西の、たー関西の、たー より:

      「日々の色彩」管理人めいさん、コメントありがとうございます!月組公演の2階席の写真にちょっと切なくなりました・・・

      マノンなんですが、原作は同じでもいろんなアレンジが考えられますよね。
      今回演出を担当する中村さんの過去作品には例の、風が吹いた!が・・・なんかハラハラします。
      ベトナムバージョンの舞音はウエケーなんですね。って事はいろいろ高尚で、私のような庶民には難しいのかな?

      壮さんなんですが、楽天の配信で「カナリア」を観た感じ、私の感覚ですと特に技術力があるとは思わなかったんです。むしろ歌は苦手かな?と。
      ですが、壮さんが大好きな読者さんからコメントなどいただいていまして、現役時代はもちろん現在もたくさんのファンに愛されている方なんだとすごく感じます。
      愛が募るゆえに時に辛口になるんですよね。私はめいさんはほんものの魔法使、じゃなかった壮さんファンだと思います。

      マノンを演じた頃の壮さんより、今の綺城さんの方が仕上がっているそうですね。
      きゃーん、ますます、初演のマノンが観たくなってきました。オンデマンドプレミアムで配信してくれないかなぁ。
      蘭寿さんのマノン兄も観たいし。はい、キラキラ格好良い男より悪い男を演じる方が難しいと私も思っています。蘭寿さんは本当に、特別な方だったんですね。

      いつもありがとうございます。
      今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました