某宝塚ブログで物騒なコメントに遭遇

先程とあるブログで、とっても印象的なコメントと遭遇しました。インパクトマックスだったところだけ、内容を抜粋させてもらいますね。

「あなたのブログを読み、通り魔に出会ったように傷つく人もいる」

です。「傷つく人」の代表はもちろん、コメ主さん。

いやぁ、驚きました。それこそ通り魔なり露出狂なりに出会ったかのようなショックを受けました。

私は犯罪や事件を調べていたんじゃありません。ブログ村の宝塚ブログランキング常連さんのブログを読んでいた、ただそれだけだったんです。記事の内容は終始、宝塚についてでした。

「普通の、個性ある、宝塚ブログ」だったんです。

それでもこんだけ反応するのですからこのコメ主さんはおそらくずっと、日常のあらゆるところで何度となく傷ついていて、傷つく事にとても過敏になっているんじゃないかと思いました。

つまり、宝塚だけじゃなく、家族や知人などあらゆる人間関係でずっと傷ついているのではないかと。で、ブログではわざわざ自分を傷つける、苦しませるブログを選んで読んでしまいがちなのではないかと。

私自身がこういった行動をしがちなので、なんかシンパシーを感じました。

コメ主さんは日頃から傷つく事が多い人生を歩んでいて、それゆえご自身が傷ついた事への表現力がとても豊かになりこんな、一般人にはそうそう思い浮かばないような物騒な単語がスラッと出てきたのかもしれません。

ひょっとしたらこの単語を使った他のブログを読み共感し、インプット&アウトプットしたのかも?私もすっかりインプット完了で、今後誰に、どの記事にアウトプットしようかなぁって考えまくりです。例えば、義父母のしたあれこれは通り魔のように・・・(以後省略、でもホントにそんな事もあったのでこの単語が的確すぎてもう忘れられない)

話を戻しますが、該当ブログの管理人さんは傷つく事への耐性が強そうです。スルースキルも上々。だから、コメ主さんが傷ついている度合いと同じだけの傷をこの管理人さんに与える事は不可能だと私は思いました。

ブログだけじゃありません。あらゆる場面で相手の土俵に飛び込み「私はあなたのせいで傷つきました!」と噛み付けば噛み付くほど、自分が傷つくだけのように感じるんです。

って私自身、わかっていてもやってしまうんですけどね。

だから・・・このコメ主さんが、返事はまだか、まだかと何度となくアクセスを試みてさらに傷ついている姿を想像し、とても悲しい気持ちになります。シンパシーです。

遅くなりましたが、一番言いたい事を書かせていただきます。

コメントには「今後二度とあなたのブログに遭遇しないよう、どうか私のIPをアクセス拒否するよう登録してください」とお願いするくらいにしておくのが良さそうではないでしょうか。

多分ですがこの管理人さんのブログではそうゆう設定が出来ると思いますし、面倒臭がらず対応してくださるような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました